ライフハック【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





201312242.jpg

2013年もそろそろ終わりです。
来年の目標を今から作ろうと思っている人も多いのではないでしょうか。

私も例に漏れず、2014年の目標をぽちぽち考えていたのですが、
その途中で、ある「目標設定のための方法」を思いつきました。

実際に試してみて「これはいい!」と思ったその方法とは、
「80歳になった自分の、理想の姿」を考えてみることでした。

想像の手が届かない「80歳」という年齢


80歳って、恐らく今これを読んでくださっている方にとっては
まだまだ随分と先の話ではないかと思います。
私にとっても、50年後くらいの話です。

そんな未来の話、実感もないしリアリティがないな~、
という方が多いのではないかと思います。
が、その「リアリティのなさ」が逆にとても効果的なのです。

よく「この先10年の目標を考えましょう」という話はありますが、
10年って意外と「リアリティを持って想像できてしまう期間」なんですよね。

リアリティがあるとどうなるか、というと。
否定に走ってしまいやすいんですよね~。
「収入が1000万で…いやいや、無理じゃないか?」とか
「結婚して子供が…そうなるとこの時期に結婚相手見つけて…いや無理じゃない?」
なんて風に。
10年というのは、想像の手が届いてしまう範囲なのです。
だからこそ、「ダメだった自分」も想像できてしまい、
それが否定に繋がってしまいます。

ですが、これを自分が80歳の頃、としてみたらどうなるか。
途端にリアリティがなくなり、想像の手が届かなくなってしまいます。

まるで他人のことを考えているほどのリアリティのなさによって、
「否定せず好き勝手に、80歳の自分の理想の姿を想像できる」ようになります。

「80歳になった自分が、こんな暮らしをしてたらいいな~。
こんな人とこんな風に過ごして、こんな身体で…」
そんな理想の姿を、自由自在にまず考えてみましょう。

理想を考えることで、やるべきことが見えてくる

さて、80歳の理想の姿を描いた後にすること。
それは、
「その理想の姿になるために、これから必要なことって何?」を考えることです。

例えば理想が「寝たきりにならずに歩ける80歳の自分」であるならば、
寝たきりにならないように、今から運動や体力づくりが必要です。

「大事な家族と、毎日笑顔で暮らしている」ならば、
笑顔でいられるよう、家族との関係性を構築する必要があります。

「ペットと日当たりの良いベランダでゆったり過ごしている」ならば、
日当たりの良いベランダに住むためにはどうすればいいか、
を考えなくてはなりません。

このように、
「理想の姿を実現するためには、どうすればいいのだろう?
これから何をすればいいのだろう?」

を導き出すために、
まず「80歳の自分の理想の姿」を考えてみるのです。

理想を考えることで、やるべきことが同時に見えてくる。
これは、今回の例にかぎらず、どんな例でも当てはまりますね。

「こんなに時間があるなら、出来るかもしれない」という気持ち

さて、「80年後の理想の姿のために、やるべきこと」が見えてきたところで
その「やるべきこと」をもう一度見てみます。

あなたは、80歳になるまであと何年の猶予がありますか?
20年?30年?私と同じ50年や、さらに若く60年の人もいるかもしれません。

どうでしょう、それだけ時間があるならば
「やるべきこと」が達成出来るかもしれないなあ、という気がしてきませんか?

「さすがに50年もあったら、どうにかなるだろう…」
「まだ30年もある、まだ今からでも十分間に合う!」
そんな気持ちになりませんか?

実際どうにかなるかどうかは別として、
「意外と時間がいっぱいあるから、どうにかなりそうな気がする」という
おおらかな気持ちで「やるべきこと」を見ることが出来ます。

そういう楽観的な気持ちで「やるべきこと」に取り組んだ結果、
ずっと楽に、ずっと早く、「やるべきこと」が達成できるかもしれません。

時間に予想以上の余裕があると思うと、
取り組む姿勢にも余裕が出てくるものです。

これは、「80歳の自分」という、
ずーっと先の事を考えたからこそ生まれる余裕ですね。

自分のことだけでなく、家族のずっと先も考えてみる

これを書いている今は、ちょうど年末時期です。
自分で自分の80歳を考えるのは勿論、
家族がいる人は、家族みんなでずっと先の未来を考えてみても面白いかもしれません。

「80歳になった時、パートナーと私はどういう関係でいたいかな?」
「80歳になった時、家族でどんなライフスタイルで暮らしているかな?」

あまりリアリティのない、まだまだ先の話です。
だからこそ、家族の間でも話を持ち出しやすいかもしれません。

難しく考えず、お話を作り上げるように80歳の自分や家族を考えてみる。
自分の80歳を、ポジティブに妄想してみる。

そんな年末年始も、楽しいんじゃないでしょうか。


ちなみに今回のこの話、私の中で最近熱いテーマが
「いかにいい歳の重ね方をするか」であったために、
目標設定を書き書き考えているうちに思いついたことです。

実際にやってみると、
面白いように「これから自分のやるべきこと、やりたいこと」がぶわーっと出てきたので
ぜひこの面白さを、他の方にも体感してもらいたいなあ、と思います。

ちなみに冒頭のマインドマップが、私の「80年後の理想」の一部です。
(クリックするとちょっと拡大します)
実際に今、80歳を越えている方の本を読んでも面白いかもしれませんね~。
80になってもせんべいバリバリ齧ってるような老人を目指したいものです。






131025

半年くらいまえに、野菜の保存用に買った「野菜鮮度保持袋」が
とーてーも!便利で、愛用しています。

野菜を買っても、一人暮らしではなかなか消費しきれないことも多いのです。
かといって買ってきた野菜を全て冷凍するわけにも行かず。
冷凍に適していないものもありますし、生野菜を食べたいというときもありますしね。

せっかく野菜を買ってきても、
消費に追われるような使い方はストレスだなあと思っていました。

そんな時に知ったのが、野菜鮮度保持袋。
興味半分で買ってみましたが、これがまあ効果絶大でした。

先に挙げている製品を購入して使っているのですが、
袋に入れて冷蔵の野菜収納スペースに入れているだけで、
野菜が相当長持ちします。

使い捨てではなく、洗って何度も使えるので、お財布にも優しい。
半年使って、未だ破れたものは一つもありません。作りも丈夫。
お試しセットで枚数も十分に足りるので、
余ったものを母親にも分けてあげました。

せっかく買ってきた野菜、長持ちさせて無駄にせず使いきって、
気持ちにもお財布にも優しくありたいものですね♪


そうそう、野菜長持ちネタでもうひとつ。

クックパッドで知ったレタスの長期保存方法の効果も素晴らしいです。
これのおかげで、レタスを痛めて捨てることが全くなくなりました。
感動モノなので、レタスを買ったときはぜひお試しを!


長持ち!レタスの保存 by きくぱんだ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが157万品










131008.png

今までに描いて、ブログでも公開しているマインドマップの数が結構あるのですが
いい加減どこかに綺麗にまとめたいな…と思いましたので、
Tumblrに作品をまとめてみました。

Sawon's Mindmap Art


で、この記事冒頭の作品は、新作です。
「青」をテーマに、思いついたものを思いついた順にどんどこ載せて描きました!
液晶タブレットの使用感のお試しも兼ねた作品なので、
マインドマップらしさが少ないところも、あえて狙っているところがあります。

今後もぼちぼち液タブの練習なども兼ねて、描いていく予定です。
今は色々実験期!ってところですね。





130727


私は、さほど本の量を持っている方ではないのですが、それでも本は増える一方でした。
しかし収納は増やしたくなく、
その上「いかに持ち物をシンプルにしていくか」を意識するようになったこともあり、
手持ちの本を一気に手放しました。

その時に、以下の3ステップを設けて、手放す本を選択しました。

(1)その本は、入手しづらい本か、そうでないか
(2)その本は、すでに読んだ本か、まだ読んでいない本(いわゆる積ん読本)か
(3)その本は、頻繁に読み返しているか、そうでないか

本を減らしたいのだけれど、なかなか思いきれなくて…という方に参考になればと、
ついでに自分がまた本を手放す必要ができた時のためにメモ書きしておきます。 

(1)また入手出来る本は、手放す

例えばベストセラー本がいい例なのですが、
流通数が多い本は、手放した後にも買い直すことが容易です。
新品で本屋に並んでいたり、古本屋での常連だったり。
また、図書館にも置いてあったり、電子書籍として販売されている本も、
「また手に取ることが簡単な本」に当たります。

こういう本は、読みたいときにまた取り戻せばいいので
一度手放してしまっても安心です。

逆に、こういった再入手が難しいであろう本は、無理に手放す必要はありません。
それでも本の数を減らしたいときは、
スキャンしてデータとして保存形式を変えるのもひとつの選択ですね。

しかし実際、再入手が難しい本って案外ありません。
雑誌とかには多いのかな? 私は雑誌を買わないのでわかりませんが…。

再入手の難易度調査は、
Amazonで検索して、マーケットプレイスの出品数や価格で判断するのが便利です。
1円出品されていたり、多数の人が出品されている本は、再入手しやすいです。

(2)読んでいない本は、手放す

処分するのに、実は一番難易度が高いのが「まだ読んでない本」だったりします。
それも、一週間前に買ってまだ読んでない、という「まだ」ではなく
一ヶ月前…半年…一年前に買って「まだ」読んでいない本。
あなたの家の本棚に、ありませんか?
そのうち、そのうち…と思いながら、本棚のヌシになっている積ん読本が。

こういう「そのうちに読もう」という本は、なかなか捨てられなかったりします。
なぜなら、「いつか”そのうち”がやってくる」と思っているから。
そして、「せっかく買ったのだから、読まないで処分するのは損だ」と思ってしまうから。

しかし、「そのうち」は、だいたいやって来ません!
積ん読期間が長くなればなるほど、なおさらです。

長い間、積ん読になっている本は、一度思い切って手放しましょう。
で、必要になったらまた買い直せばいいのです。
大丈夫、手放したあと一週間もすれば
そんな積ん読本があったことすら忘れることがほとんどです(笑)。

積ん読になっているということは、「今の自分には必要のない」本。
必要となるときが来れば、そのときまた、その本と出逢い直せばいいですよね。

(3)頻繁に読み返す本は、置いておく

まあ、当然といえば当然ですが、「読む頻度」は処分の基準に大いに役に立ちます。
しょっちゅう読んでいる本は置いておけばいいし、
一度読んだきりの本は、一度手放しても差し支えないことが殆どです。

頻度は多くないけれど、定期的に読み返しているだとか、
思い入れがある本だから、読み返さないけれど大事であるとか、
そういうのも無理に処分する必要はないですね。

なおこの時も、
「一度だけ読んだけど、いつか”そのうち”また読みなおすかもしれないし…」
という考えの「そのうち」はやって来ないことのほうが多かったりします。

思い切ること・割り切ること・損だと思わないことが大事

手放す作業中に考えていたのは、
「本屋や図書館を、自宅の本棚のように考える」ということです。

本棚(=本屋や図書館)にあるのだから、
自宅においておく必要はない。
必要になったらその時、本棚(=本屋や図書館)に取りに行けばいい。

そう考えると、本を手放すことに躊躇することが少なくなりました。

ちなみに「本をスキャン(自炊)してから処分しよう」という考えもありますが、
積ん読本と同じように「そのうちスキャンしよう…」と思ったまま、
結局自炊せずに終わることも多いので、
この考えは一度脇に置いて、手放す本を選択することをおすすめします。
  
私は「本棚にあって読まない本は、自炊してもどうせ読まない」と割り切って、
バサバサ手放しました。  

本を手放すときに必要なのは、

・思い切って手放すことを選択すること
・これは今は自分に必要ないと割り切ること
・手放すことを損だと思わないこと(置いておくことが得だとは限らない)


この3点だとも感じました。

これらを意識して、先の3ステップを一冊ずつ確認していくことで、
相当数の本を手放すことに成功しました。
半数以上はAmazonや古本屋を活用して手放したことで、
そこそこお金のリターンもあったので満足しています。

人によって勿論手放す基準は一律ではないので、
今回挙げた例はあくまで「私の場合」ではありますが、
この情報が、本を手放したいと考えている人のお役に立てば何よりです。

----

ちなみに、今回手放しを免れた本の一冊がコレ。
これを読んで、夜のマンションの窓から漏れる明かりを見る目が変わりました(笑)。






130704

梅雨時期から夏場にかけて、誰しも気になる足の匂い…。
汗や雨の水分で靴の内部が蒸れてしまい、程度の差こそあれ
匂いが気になる人はとても多いことでしょう。

私も多分に漏れず、特に一時期に通気性のよくない靴を履いていたこともあり、
ちょっと臭い対策をしたほうがいいな~と思い、
いい対策グッズはないかとAmazonをさまよって見つけたのがこれ。


購入して実際に使用し、その効果にそりゃあもう驚きました。
もう、劇的効果です。すごいです。
足が臭わないどころか、靴そのものすら臭いません。
あえて私がここで語る必要もなく、
Amazonのレビューの高さがその効果を物語っています。

粉を靴の中に入れるので、粉が靴下やストッキングに付着しますが
毎日する必要があるわけではないので
(製品説明によると、4~5日の使用で約100日効果が持続)
靴を脱ぐ必要のないときを見計らって数日粉を振りまき、
数日が終わった後は、そのまま靴を履けばOKです。

結構いいお値段しますが、使うのはたった数日で済みますし、
毎日使う必要がある一般の消臭剤に比べれば、コストパフォーマンスは抜群です。
家族みんなで共有使用できるのもいいですね。

運動をする人、革靴で通勤する人、立ち仕事の人、
その他諸々、足の匂いを気にしたくない人に文句なしにオススメです!





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。