マインドマップの単語の順番に意味はあるの?【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





1312013.png


マインドマップは「単語で書く」というルールが(一応)あります。

その辺の詳しい話は以前に書いているので、以下の記事をご参考ください。

 

マインドマップはなんで単語で言葉を載せるの?【マインドマップ1年生!】






で、それを踏まえてのここからのお話です。   

「マインドマップに書かれている単語の 順番が異なっていても、
全く同じ内容を指していることがある」

ということについて。

マインドマップの単語の順番が持つ意味は?

マインドマップに書かれている単語の順番が異なっても
結果的にそこから導き出される内容は同じだったりします。

事例で見るのが手っ取り早いので提示します。


1312012.png

見ての通り、
AとBとで単語の順番が違うマインドマップ となっています。

が、この2つが指しているのはどちらも
「エリちゃんと○○店にランチに行く」
という、同じ内容になっていることが想定されます。

順番が異なっていても同じ内容を指すのならば、
単語の順番に意味が無いのか?というと
必ずしもそうではなく、
例えば今回の例だと
「言葉を思いついた思考の順路を表している」
という意味を持ってます。

先の例で言うと、
A「エリちゃんと久々にランチに行きたいな~。
あ、それなら○○店のランチがいいかも!」
B「○○店のランチに行きたいな~。
よし、エリちゃんを誘って行ってみよう!」
と、それぞれ考えが思いついた順番が違うのです。

結果としては「エリちゃんと○○店にランチに行く」
と同じ内容となってはいるのですが、
「エリちゃんとランチに行きたい!」が先に出た考えなのか、
「○○店のらんちに行きたい!」が先に出た考えなのか、
という差が、この単語の順番の差になっているのですね~。

順番にこだわらないことは、マインドマップに慣れる一歩

マインドマップ初心者の方が引っかかりやすい問題の一つとして、
「マインドマップの順番に意味があるのではないか」
「マインドマップの順番が日本語の文法の順と異なるのが気になる」
というものがありますが、
この
「順番が異なっていても、同じ内容を導き出せる」
「順番は思考の順であって、日本語と異なっていても何も問題はない」

ということを知っているだけで
かなりスッキリするのではないでしょうか。

ちなみにマインドマップを論理的に書くなどして、
順番に意味が出てくる場合もあります。
とりあえず今回は、それはまた別の話ということで。

マインドマップの新刊が出るようです

まだ書影がないですが、こんな本が出るようですね~。






関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。