マインドマップを知る前の思考プロセスが思い出せない【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





130901.png
マインドマップを使うようになってはや幾年かですが、
マインドマップを紙に描くのは当然として
何かを考えるときも、
自然と頭のなかでマインドマップを描いてしまうようになりました。
私の思考のプロセスそのものがマインドマップ的になっている、
ということですかね〜。

その結果、
マインドマップを知る前にどうやってものを考えていたのか?が思い出せなくなりました。

実は私、これと全く同じことが、計算プロセスでも起こっています。
どういうことかというと、そろばんです。

私は子供の頃から高校入るまで五年くらいそろばんを習っており、
段位取得や県大会行ったり程度はしていたくらいにはそろばんの腕があります。
辞めて長いので、さすがに当時のようにはじけはしませんが、
計算するときに頭でそろばんをはじいてしまうクセはずっと残っています。

で、
「そろばんやってない人は、どうやって計算してるの??」
という程に、そろばんを知る前の計算方法がわからなくなっています。
1+1でも無意識にそろばんはじいちゃいますからね…。

マインドマップもまさにこれと同じで、
知る前はどうやっていたのだろう…?となっています。

無意識てすごいですね、いやホントに。
多分こうなってしまうと、一生抜けないのだろうなあと思っています。
この無意識を得ることで、逆に「そうでなかったころ」を忘れてしまうわけで
それはそれでちょっともったいない気もしますね。

という、オチもとくにない話でありました。

ところで昔、ワンタッチそろばんを初めて見た時
ものすごい衝撃を受けたのでした…。
それありなのー?!って思ったものです。懐かしい。







関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。