マインドマップは枝が先、文字が後、という書き順が大事【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





mm0224

アシタノレシピでこんなことを書きました。

マインドマップの文字は「枝に乗せて」あげましょう!
突然ですが、 あなたがマインドマップを書くときの「文字の向き」、どうなっていますか? 横ばかりですか?縦書きがありますか?



「マインドマップの文字を枝に乗せる」というのはどういうことか、
内容はぜひ読んでください、なのですが
(正直、上の絵で半分くらい説明が終わってますが・笑)
ちょこっと補足的なことを。

「枝→文字」という書き順の重要さ

上記エントリでも少し触れていますが、
マインドマップには
「枝を先に書いてから、文字を書く」というルールが存在します。

これ、特に独学の人に多いのですが
できていない(そもそもこのルールを知らない)人が意外と多いです。
かく言う私も昔は…。

別に順番なんて、どうでもいいのでは?と思うかもしれません。
しかし、この順番はとーてーも!重要です。
私がこの書き順を直したときには、それはもう
「そうか、そういうことかー!!」と眼から鱗なくらいに
その書き心地の激変っぷりに感動したものです。

詳しい理由を説明すると長くなるのではしょりますが、
今回先に挙げたエントリに沿って理由を言うのならば、
「文字の住む家を建ててから、文字を書いてあげると文字に優しい」
とでも言いましょうか。

理由をきちんと知りたいな~とか、
マインドマップについてしっかり学んでみたいなあ、という方は
最近「ザ・マインドマップ」の新版が発売されたので
こちらを手にとってみるのもいいかもしれません。 

別に今の書き順で問題ないし…と思う方もいるかもしれませんが、
せっかくマインドマップを描くのであれば、
効果をフルに引き出せる描き方をしてみることをオススメします。

ルールがあるということは、必ず何かしらそこに潜む大きな可能性があるということです。
その可能性を知らないのは、勿体無いですよ!






関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。