ショットノート×NUboardのコラボレーション製品 「SHOT NOTE NUboard」をバッチリお試し!【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





121218_3
手書きのメモをスマートフォンで手軽にデジタル化できるノート「ショットノート」と、
ノートタイプのホワイトボード「NUboard(ヌーボード)」のコラボレーションとなる
「SHOT NOTE NUboard」!

愛用しているNUBoardと、
スマホとの相性がいいショットノートのコラボと来たら
試さないわけには行かないわけです。

というわけで、早速あれこれ使ってみました♪

NUBoardについては改めてここでは書きません。 詳しくはこちらのレビューでどうぞ!

 いつでもどこでも使えるノートタイプのホワイトボード「NUboard (ヌーボード)」がすごい5つのワケ 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】




まずは仕様の比較から

121218_1
SHOT NOTE NUboardの仕様は以下のような感じ。
NUboardと異なるのは、サイズと、表紙の材質ですね。
(NUboardはざらりとした厚紙系の表紙、こちらはプラ系の表紙)

サイズ/寸法:B5変形/246mm×195mm
内容/素材:表紙×2枚/PP(シルク印刷)、ノート×4枚/消せる紙、透明シート×8枚/PP
付属品:イレーザー付き2色マーカー(黒・赤)1本

ちなみにホワイトボードマーカーは
旧版のNUBoardの付属品と同等のものなので、ちょっと使いづらい。
私はこちら↓のホワイトボードマーカー(リニューアル後のNUboardに付属しているのもこちら)を使っています。
ホワイトボードマーカーにしては細めの字が書けるのでオススメです。
今回試し書きしたマインドマップも、黒字部分はこのマーカーを使っています。(赤は付属品)

早速描いてみました


121218_3

で、描いてみました。こんな感じ。
ちなみにこのマップは、下記の本から抜粋した読書メモです。


121218_4
透明シートがレイヤー的な機能を果たしているので、
ぺらりとシートをめくると、このようになります。
この透明シートのおかげで、重ね書きもガンガン行けます。
書き終わった後に文字が消えないようにするためのカバー機能も果たしてくれます。

アプリで撮影する


121218_5
ショットノートの専用アプリで、
ホワイトボードの四隅にある専用マーカーが入るように撮影します。
マーカーを上手く収めるためには、
ちょっと上の位置から撮る格好になるのがちょっと手間かも。
(これはきっと私が小柄なせいで、背丈のある男性なら楽なはず)

121218_6
マーカーを読み取ると、画像を自動補正してぴったりと取り込んでくれます。
撮影した後は、アプリ内での画像管理もできるし、
このようにEvernoteに送ることも可能です。
この辺りは、普通のショットノートと同じですね。

今後の要望…

要望としてはやはり「A4サイズが欲しい!!」に付きます。
私はA4サイズのNUBoardに紙を挟み、上からレイヤーでメモ書きすることが多いのです。
そして使っているコピー用紙は大体A4なわけで。
 
それともうひとつ、やはりサイズが大きい方がその分
アイデア発想には使いやすいというのも理由ですね~。

とはいえ現在のB5変形サイズは、持ち運びに適しているのでいいのですよね。
A4のNUboardは持ち運びにはちょっと重い。

描いて消してな文房具、楽しんでみませんか?

ちょうどこんな連載もEM ONLINEで書きました。
書いて消してがささっと繰り返しできる文房具は、
思考にいつもと違う刺激をもたらしてくれます。
この機会にぜひ、NUBoardとショットノートに触れてみてはいかがでしょうか?

マインドマップイラストレーターの独り言(4):書いて消してが繰り返しできる、新しい文房具って? | ManasLink - EM ONLINE
「書いて消してを繰り返すことを前提とした製品」は、 同じアナログメモでも、従来の紙に書くだけとは また違う感覚を味わうことができます。







関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。