セミナー参加後の感想を、「あの人」に向けてブログを書こう【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





121027

最近は、セミナー開催後に参加者の声をまとめてくれる主催者の方も多いです。
私も、以下のようにまとめています。
そこから他の方にブログを読んでもらうことも増えます。

セミナーに参加したら、 短くてもいいので
参加の感想をブログに公開アウトプットすることをおすすめします♪

「セミナーに行ってみよう講座」参加者のご感想まとめ - NAVER まとめ
「セミナーに行ってみよう講座」の参加者の方の声をまとめています。 ...
「セミナーに行ってみよう講座」の参加者の方の声をまとめています。


しかし、
「よし、ブログに感想を書くぞ! でも、何を書こう…何を書いたらいいの?」
となることは、少なくありません。
そんな時のためのヒントを今回は少し。

立場によって、書いて欲しいコトが異なる

セミナーの感想ブログを読む人は、ざっくり分けて四者存在します。

(1)セミナーに参加しなかったが、内容に関心がある人
(2)同じセミナーに参加した他の参加者
(3)セミナーの主催、講師側の人
(4)自分自身

そしてそれぞれ、
「参加の感想に書かれていると嬉しいコト」が少し異なります。

なので、
「セミナーの感想を、誰に向けて書きたいか?」を想定して感想を書くと、
感想に書かれることも変わってくると思うのです。

私がそれぞれの立場である場合、どんな内容が読みたいと思うか。
それを簡単に整理してみました。

セミナーに参加しなかった人は「内容を知りたい」

(1)セミナーに参加しなかったが、内容に関心がある人

セミナーの内容に関心があるので、
書かれていて嬉しいのは「セミナーの内容に言及したこと」。

どんな話があって、どんなことを学んだか。
何が大事だったか?何がポイントだったのか?
いわゆるレジュメ的な内容だと嬉しいですね。

主に、「間接的に学びを得たい」というのが
感想を読む目的となっているわけです。

セミナーに参加した人は「内容と場の空気を振り返りたい」

(2)同じセミナーに参加した他の参加者

参加して、同じ内容を見聞きしてはいたけれど、
内容を見返したいだとか、漏れの補完がしたい
という要望はあるので、
先の「参加しなかった人」と同じく
「セミナー内容のまとめ」は喜ばれます。

それとはまた別に、ここに当たる人に喜ばれるのが
「当日の空気、盛り上がり、熱意」についての記載です。

こんなハプニングが!だとか、
こんな人と会って嬉しかった!だとか、
ワークやプレゼンでこんなに盛り上がった!なんてことなど。
自分のことが書かれていたら嬉しいし、
そうそう、こんなことあったよね!という共感もわくわくします。

なおこの盛り上がりについては、不参加者であっても喜ぶ人がいます。
それは、セミナー参加者や主催側に親しい人が存在する場合。
あの人がこんなことを、だとか、
「その場にいた人」の動きを見ることを楽しめる人、ですね。 

主催側は「あなた自身の感情、変化、結果が聞きたい」

(3)セミナーの主催、講師側の人

ここは少しまた、喜ぶポイントが変わってきます。
話した内容を書いてくれるのももちろん嬉しいですが、
さらに嬉しいのは
「参加して何を感じたか、どう変わったか、何が起こったか」という部分。
つまり、「あなた自身にしか分からない、書けない感想」です。

メンタル寄りな感想は、その人自身にしか書けないことです。
そして参加者は、
何かしらの変化、結果を求めてセミナーに参加していることが殆どなわけで、
主催者もそれを伝えたくて話していることが殆どです。
なので、その部分に触れてくれることはとても嬉しいし、
まさにそれこそが最終的に欲しい声であるのです。

ただこの辺りは、主催者によって様々ではあると思うので、
「私の場合は」という前書きをつけておきましょう。

自分自身は「全てが必要」

(4)自分自身

そして最後に、自分自身が嬉しいこと。
それは「先に挙げたもの全て」です。

セミナーの内容はもちろん必要だし、
その場の空気や盛り上がりのことも、記録しておきたい。
そして当然、変化や結果も残しておきたい。

でもそれだったら、ブログに書かなくても、
自分自身の日記だけに留めておけばいいんじゃない?
いえいえ、そんなことはありません。

それらをブログでオープンに公開するからこそ、
「他の参加者」「参加しなかった人」「主催者」が、
あなたの感想、声を知ることができる
のです。

自分のために書いたことが、結果的に誰かの役に立つ。
だからこそ、ブログでオープンにする価値があるのです。

自分自身が嬉しいことをひとつ最後に加えるならば、
「自分の書いたことが誰かの役に立つことが嬉しい」
なんてところでしょうかね。

感想をどんどんブログにアウトプットしていこう!

ここに挙げたのは、あくまで私の主観です。

ブログに感想を書く際、誰に何を伝えたいか?
参加者なのか、未参加者なのか、主催者なのか?

それを最初に意識すると、書く内容が変わってきます。
それは、どれが正しいという意味ではなく、
自分が何を誰に伝えたいのか?を考えて書いてみるのもいいよ、という話です。

欲張って全員に向けて書いてもいいし、
そりゃ量が多すぎて無理だと思ったら、一点集中でもいいのです。

話の内容をまとめるだけが、セミナーの感想ではないのです。
そう思うと、感想を書くハードルが少し下がりませんか?

あなたの感想を待っている人がいます。
ぜひ、セミナー参加後は感想を書いてみてくださいね♪

お知らせ

今後のセミナー開催予定は、以下のとおりです。
ぜひあなたの参加をお待ちしております♪

■富山 11月23日 セミナーに行ってみよう講座in富山
2012年11月23日(14:00~17:00 (3時間))
■東京 12月2日 セミナーに行ってみよう講座in東京
2012年12月2日(13:30~16:30 (3時間))






関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。