マインドマップを身につけようと考えないことこそが、マインドマップを身につける最短ルート【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





120916

アシタノレシピにて、このようなエントリを書きました。

マインドマップを身につけたい人へのヒント3つ
「どうすればマインドマップを身につけることが出来ますか?」 私がよく聞かれる質問のひとつです。

マインドマップを身につけると「考えない」ことこそが真理

エントリでも書いていますが、私は
「マインドマップを身につけよう」と考えたことがないのです。

いや、過去のブログやらでそういうことを書いている可能性はありますが、
少なくとも「マインドマップを身につけるぞ!だから○○するぞ!」
と考えた記憶は全くありません。

ただただマインドマップを描くことが楽しく、
そしてその効果の虜になり、
描いて描いて使いまくっていた結果が今です。

本質的なことを考えると、
「マインドマップを身につけよう」と考えているうちは、
マインドマップの「見た目」に捕らわれている
のかもしれません。

マインドマップの本当の力は、あの見た目のもう一歩先、
マインドマップ的な思考、放射思考、全体俯瞰にこそ存在する
と思っています。

私はそれに無意識に気が付いていたから、
「マインドマップを身につけよう」と考えることがなかったように思います。

なので「マインドマップを身につけよう」と考えているうちは、
マインドマップを本当の意味で身につけるのは難しい
のかもしれません。

考え方を変えるには「描き続けること」しかない

ですので、こう考えを変えてみてはどうでしょう。
「マインドマップを使いこなす」ではなく、
「マインドマップ的な放射思考を身に付ける」と。

こう考えることで、
「書きあがったマインドマップ」のイメージに引きずられることも少なくなり、
「マインドマップの効果を得る」ことに焦点を当てられるようになります。

こんなことを先のエントリに書きましたが、
といってもそうそう考えを切り替えられるものではないでしょう。

結局、この考えが腑に落ちる段階に至るには
「マインドマップを描き続けること」
しかないのかもしれません。

描き続けるのは大変ですか?
でも、身につけるってそういうことです。
身につけたら、ずっと描き続けることになるのですから。
義務ではなく、自らの意思で、ですけれどね。

描き続けるには「楽しむこと」

なんだかんだ、最後はここに至るのです。

楽しくなければ続かない。
楽しめないことは身につかない。
楽しくないことを無理強いしても、使いこなせない。


マインドマップって楽しいな、面白いな。
そんな気持ちになれば、描き続けることも、身につけることも、楽勝です。

楽しんだ者勝ち!
気負いせず、楽しくマインドマップを描きましょう!






関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。