マインドマップの「手描き」と「ソフトウェア」を比較する【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アシタノレシピで、
「マインドマップは手描きとソフトウェア、どちらで描くのがいいの?」
という比較エントリを書きました。

マインドマップの「手描き」「ソフトウェア」、どちらがいいの?

何故?と聞かれることも多いので、 改めて手描きとパソコンでのマインドマップ作成について、比較をしてみました。

詳しくは是非リンク先を読んでいただきたいのですが、
ここでは補足のお話しを。

手描きとパソコンのマインドマップは、似て非なるもの

マインドマップを手書きで描くか、パソコンのソフトウェアで描くか。

実はここにあるのは、アナログかデジタルか、という
ツールの姿の単純な違いだけではありません。

この2つは、「思考の拡がり方」が全く異なってくるのです。

言葉で説明するのはとても難しいのですが、
例えば同じ「伝達手段」でも、電話とメールとでは
リアルタイム性や、それに伴う言葉の出方が異なりますよね。
それに似た異なり方、といえば少しはニュアンスが伝わるでしょうか。

なので特に、
「パソコンでしかマインドマップを描いたことがない」という人は、
ぜひぜひ手描きでマインドマップを描くことを経験してほしいと思っています。

それは、ソフトウェアが悪いとかいう意味ではなく、
全く異なる思考の拡がり方を、実際に体感して欲しいから。

そしてその体感は、きっとあなたの思考に良い影響を及ぼすはずです。







関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。