夢を育てる「3つのいい」「2つのない」「3つのもて」【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







先日の「第2回アシタノワークショップ」でも話をしたのですが、
私は「夢を見、その夢を育てる」ことに対して、
”3つの「いい」”と、”2つの「ない」”があると考えています。

なお、私は夢は「幸せ、好き、を実現する手段」だと思っています。
それを踏まえての以下の話。

3つの「いい」

・一度見た夢を「止めていい」
・夢は途中で「変えていい」
・夢の形は「不完全でいい」

2つの「ない」

・夢を止めても、「逃げではない」
・夢を止めても、「諦めではない」

自分の夢は自分のもの

自分が見ている夢について、他人に何と言われようと気にする必要はありません。
自分の夢は自分のもの、他人にどうこう指示されるいわれはないのです。

一度見た夢でも、「これは違うな」と途中で気づくこともありますよね。
しかし「これは違うな」と思っているのに、
「でもせっかくここまでやったから…」と、ノリ気でないのに止められず、
だらだらと力と時間を注ぐのは、
本当の夢に注げたはずの力と時間を無駄に使うことになる
のです。

本当の夢を探し出すために必要なのが、
「3つのいい」なのです。
夢はやってるうちに変化していくものだから、
不完全なまま走りだしてもいいし、
途中で別の夢に気付いて止めてもいいし、変えてもいい
のです。

しかし何故か他人は、夢を止めよう、変えようとする人を
「それは逃げだ」「それは諦めだ」と批判しがちなのですよね…。
けれども本当は、夢を止められない、変えられないことこそが
「本当の夢から逃げている、諦めている」ことになる
のです。

そうならないための「2つのない」なのです。

3つの「もて」

そしてもう一つ、ワークショップでは話さなかった
”3つの「もて」”をここで追加しておきます。

・夢を止める「勇気をもて」
・夢を変える「判断力をもて」
・自分の判断に「自信をもて」


夢に手を付けたからこそ、見えてくることもあります。
本当に自分がやりたかったのは何か、
一度走りだして、景色が変わったから気づける夢があるのです。

それがあるから、
一度手を付けた夢を止めることも無駄ではありません。
本当の夢を見つけるための道を進んできたのだと思えれば、
途中で夢を変えることも、抵抗が少なくなりますね。

あなたの夢はなんですか?

さてさて、以上の話は、私自身に言い聞かせていることでもあります。
私自身、あれだこれだと手を出しては止めていることがたくさんあります。
それこそこのブログを初期から読んでくださっている方ならば、
「あれは?」「これはどうなった?」ってたくさんあるはず(笑)

しかし色々夢の形は変わりつつも、
「幸せ、好き、を実現する」ということは着実に叶えつつあると思っています。

とはいえまだまだこれから!
引き続き楽しく、ハッピーに、そしてゆるゆると、
夢を楽しんでいきたいと思います♪






関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。