それは本当に「やりたいこと」なの?夢を取捨選択しよう!【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





120523

昨日のエントリの続き。

その「夢」っていうのは、本当に「夢」なの? 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】
夢であることに変わりはないかもしれない、 でも夢がただの妄想レベルに留まっているのではないか、と。

「その”夢”ってのは、本当に夢なのか?やりたいことなのか?」

そんなことを考えながら、 Twitterでこんなことをつぶやきました。

やりたいことは多い、でも本当に「やりたい」の?

私のEvernoteには、「やりたいことリスト」なんてのがあったりします。
同じようなことをしている人は多いのではないでしょうか。

しかしそれを改めて見てみると、
(1)やりたいことが多すぎる。許容範囲を超えているのでは?
(2)そもそもこれ、本当に「やりたいこと」なの?

という、2つの疑問が浮かび上がって来ました。

そう、
「本当に重要で、やりたいと心底思っていること」と、
「なんとなくやれたらいいなあと思っていること」が、区別なく格納されていたのです。

だから、やりたいことが許容範囲を超えているし、
「本当にやりたいこと」が見えなくなっていたのでした。

そのせいで、「なんとなく、やろうかなあと思っていること」にも
限りあるリソースをつぎ込んでしまい、
本来優先すべき「やりたいこと」が実行できていなかったのです。

夢を取捨選択して、重要なものを手元に残す

そういうことに気がついた結果、
直近で私が行うべきだと考えたことが以下。

(1)私の一番やりたいこと「人を幸せにして自分も幸せに」を評価基準として、
溜まりに溜まった「やりたいこと」を取捨選択する。

(2)「本当に重要で、やりたいと心底思っていること」が見えたら、
それをひとつずつ、長期→短期→日々のタスクにまで落としこんでいく


とにかくまずは、やりたいことを捨てる!思い切って捨てる!
捨てたらそれぞれをじっくりと分解していく!

そして捨てるときの判断基準が、私の場合
「人を幸せにして、自分も幸せになる」になるわけですね。

ってことはこれは、夢は夢でも、
すべての夢を統べる、一番上から降ってくる夢なのでしょうね。
他の夢は、この夢にに全て包み込まれるのです。
私の夢の原点、っていえばいいのかな?
そうか、それじゃあやっぱりこれも夢なんだ。

いくら取捨選択をしようとしても、この原点・判断基準が明確で無いと、
結局はよく分からないままに選択されて元の木阿弥
…。

だから、この「夢の原点」ってとてもとても大事なのですね。

まとめ

流れをまとめると、こんな感じでしょうか。

(1)判断基準となる「夢の原点」を見つける

(2)「夢の原点」を評価基準として、 「やりたいこと」を取捨選択する。

(3)「本当に重要で、やりたいと心底思っていること」が見えたら、
それをひとつずつ、長期→短期→日々のタスクにまで落としこんでいく

これで、色々と自分のやるべき道が明確になるはず。
まずはEvernoteの「やりたいことリスト」の総整理から実行します!






関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。