セミナーに行ってみたい人が、まずやるべき一つのこと【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





120520
あなたは、「セミナー」というものに行ってみたことがありますか?

「セミナーに行ってみたいけれど、勇気がなくて…」
という人の声を、Twitterなどでたまに目にします。

そんなセミナー初心者の方にまずオススメしたいのが、
「Twitterで、興味あるセミナーに参加しているor参加予定の人と事前に交流する」 こと。

セミナーに行きたいのに、なんでTwitterなの?と思うなかれ。
Twitterの存在のおかげで、
昔に比べてセミナー参加への障壁は下げやすくなっています。

交流を、オンラインからオフラインに繋げていく

Twitterは、言うまでもなくネット上での交流です。いわゆるオンラインですね。
そしてセミナーは、リアルな交流、オフラインの場です。

一見、オンとオフという、相反する関係性ではあります。
しかし、Twitterもセミナーも、
「自分以外の誰かとの交流」になることに変わりはありません

オンラインも、その向こうにいるのは「人」ですからね。

初めてセミナーに参加することに緊張する大きな理由として、
「知っている人がいない、アウェイに行くのが怖い」
というものがあります。

しかしそこに、事前に交流している人が参加しているとなるとどうでしょう?
途端にその場が、知っている人がいない場ではなく、
「交流のある、知っている人がいる場」になります。
この安心感は、とても大きい。


同じことに興味を持っているから、気楽に会える

とはいえ、「オンラインとオフラインは、振る舞いが違うし…」と思うのも当然の話。
私だって、オンラインとオフラインが同じ人格であるとは言えないし、
そういう人は私以外にも多いでしょう。
「印象が違いました!」なんて言われることもしょっちゅうです。

しかし、例え初めてオフラインで会うことになったとしても、
オンラインでの交流もオフラインでの交流も、「人との交流」です。
印象の差こそあれ、意外とそこに悪い意味での落差はありません。
いい意味での落差、ギャップを感じることはよくあれど。

ましてや、同じことに興味を持ってセミナーに参加している同士になれば、なおさらのこと。
興味あることが分かっているのだから、話す話題には事欠かないですし、
Twitterで事前に交流していることで、
互いのことをちょっとでも知っている状態からのスタートなので、気が楽です。

セミナー会場で会うときは、一対一で会うわけではない、
というのも、気楽な理由の一つですね。

Twitterとセミナーの切っては切れない関係

そしてこの事前交流、Twitterだからできることです。
Twitterだと、互いに交流を押し付けることもなく、
必要なとき、気が向いた時に相手と交流をすることが可能です。

最近は、セミナーの内容がTwitterで実況されることも少なくはありません。
セミナー参加後の事後交流も、Twitterで気軽に行うことが出来ます。
セミナーとTwitterの相互関係が
強くなってきているなあという印象ですね。

セミナーに参加したいな、と思っている人は
「まずTwitterを始めてみよう!興味ある人と交流してみよう!」

あなたにとっての新しい世界の扉を、自分の力で開けてみましょう!


もっと詳しく知りたいあなたへ

さて、私はこんなセミナーを行なっていたりします。
次回の6月9日で、3回目の開催となります。

6月9日 【セミナー・勉強会初心者向け】セミナーに行ってみよう講座(東京都)
気軽にセミナーに参加できるようになることを目的とした 【セミナーに行ってみよう講座】を開催します!

今回書いたような話を始め、ワークなども交えながら、
「セミナーに行ってみたいけれど勇気がない!」という人が
セミナーに参加したくなるような内容をお伝えしています。 

セミナーというものにもっと気軽に、楽しく参加できる。
そんな人が増えていくといいな、と思っています。

一歩踏み出したいなと思っているあなたのご参加を、お待ちしています♪






関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。