「知らない人の視点」を、大事にしたい【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









変わってしまった人には変わりたい人の気持ちはわからない。 | http://highhigherhighest.com/
一度変わってしまったらその当時の気持ちには戻れない

とっとさんがこんなエントリを書いていて、読んで即座に思い出したのが、私が昔書いたこのエントリ。

「知らないということを”知っている”」という視点を持つこと 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】
「知らない」ということは、「知らないということを”知っている”」という意味で、「知っている」を持っている

1年以上前に書いたエントリですが、今でもこのエントリに書いたことを常に思っています。

「知らない」を捨てると、二度と「知らない」を得ることはできない。
だからこそ、「知ること」は、単純にメリットのみを持っているとは限らない。
「知らないこと」を捨てるというデメリットも持っている。

私はきっと、
「知らない人の視点に立ち、先輩として優しく背を押す」ことが好きなのです。
だから、情報発信に躊躇する人に、
「普通でも大丈夫だよ、安心して」と背を押したくて
アシタノレシピで、「普通」を武器にする!自分レベルアップ術の連載を書いたりしている。

セミナーに参加することに勇気を持てない人に、
「ツボ売られないよ、大丈夫だよ」と背を押したくて、
「セミナーに行ってみよう講座」を開催したりしている。

6月9日 【セミナー・勉強会初心者向け】セミナーに行ってみよう講座(東京都)
気軽にセミナーに参加できるようになることを目的とした 【セミナーに行ってみよう講座】を開催します!

「知らない人の視点」を、大事にしたいのです。
知っている人からしたら、「そんなしょうもないことを…」と思うかもしれません。
けれどもそれは、知っている人だからそう思うだけ。

知らない人にしてみれば、そこは未知の世界。知らない場所。
しかしその「知らない気持ち」は、一度知ってしまうと分からない、思い出せない。
どれだけ頑張っても「知っている人が想像する、知らない人の世界」でしかないのです。

知りたい、でも知ると、知らないを忘れてしまう。
そんなジレンマを抱えながらも、
私は知らない人の背をそっと押し続けたいなあと思っています。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。