「言い訳ログ」を取って、言い訳の隙を取り除く【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








突然ですが、「ブログを毎日更新しようよ!」と誘われたら、
あなたはなんと答えますか?

「ブログを毎日更新するなんて自分には無理だ。正気の沙汰じゃない」
「毎日更新して何になるの?意味がわからないから、やる必要を感じない」

そんな風に思っていた私も、気がつけば毎日更新し始めて今日で50日目。

「毎日更新して、なにか変わりましたか?」と聞かれても、
驚くほど「いや、別に特に…」という感じであるのですが、
先日、私はハタと気が付いてしまったのです。

「それまで、ブログ更新できるくらいの時間は余裕で無駄に流していたのだ」
「やろうとおもえば十二分にできることなのに、言い訳してやってこなかった」

という、ふたつの事実に!

本当に「時間がないからできない」のか?


ブログの更新が止まってしまう理由として多いのは「時間がない」であると思うのです。
私も実際、そう思っていました。
しかし実際毎日更新を始めてみると、意外と出来るものです。

電車通勤のスキマにちょこちょこ書いたり、
ブログの一エントリの長さを短くしたり。

というか、普通に家でもエントリが書ける。
今まで、家でボケーっとしている時間が相当あったのだなあと気がついて愕然としました。

「時間がない」というのは、ただの言い訳に過ぎなかったのですよね。

「言い訳」の99%は「行動しないことの正当化」


「行動への言い訳」というのは、自分を守る鎧なのだと思うのです。
言い訳が存在することで、「自分が行動しない」ことを正当化している。

で、その言い訳が通用しなくなった時、人は行動せざるを得なくなるのです。
行動しない理由がなくなるから。

言い訳が脳内をよぎる時、

「その言い訳は真実か?本当にそれは事実なのか?」
「その言い訳の裏にある真実は、違うことを言っているのではないか?」
「真実は、”面倒くさい”なのではないか?」

こう問いかけると、実際のところ
「面倒くさい」が真実なことが99%なのではないかと思うのです。
「面倒くさいから、言い訳を作って逃れようとしている」ことが。

これは、非常にやっかいです。

「面倒くさいからやらない」と言い切るほうがまだ賢いと思うのです。
「面倒くさい」と思っている、という真実と向き合っているから。

言い訳が隠れ蓑になっていると、何時まで経っても言い訳グセが抜け切らず、
そして「行動しないことの正当化」がクセになって行き、
結果、行動をどんどんしなくなってしまう…。

「言い訳の隙を失う」ことを恐れるから、否定する





「言い訳で行動しないことの正当化をする」ことがクセになってくると、
同時に「言い訳の隙を失う」ことを恐れるようになってきます。

レコーディングダイエットなんかを例にするとわかりやすいかもしれません。

「そんなコトして痩せるわけがない」と、あれを否定する人の心の中では、
「そんなに食べていないから大丈夫、という言い訳を失いたくない」
という気持ちがあるのではないかな、と。

実際に食べた量を付けることで「すっごい食べてるよ!カロリー取ってるよ!」
という事実を突きつけられ、逃げ道を奪われてしまう。
それが怖いから、レコーディングダイエットを否定する。

つまり、「言い訳できない事実を突き付けられる」ことを否定するということは
「言い訳の隙を失ってしまうことが怖い」という無意識が存在する
のかもしれないなあ、なんて思ったわけです

チェックリストやTaskChute的なものも、まさに「言い訳の隙を失うもの」。

やることが目の前に突き付けられていて、しかも時間まで明確に見えている。
「時間がない」「やることがわからないから出来ない」という言い訳の隙を奪っています。

だからこそ、これらの手法を否定する人が後を絶たないのではないか、と思うのです。

言い訳ログを取って、言い訳の裏にある事実を知る


こんな偉そうなことをいいつつ、私自身が相当な「言い訳大魔神」なわけですよ…。

冒頭のブログの例もそうだし、
レコーディングダイエットもそうだし、
チェックリスト類もそうだし。

おお…まさに私が言い訳して避けてきたことばかりではないか…。

しかし、言い訳を言いっぱなしにしていると
どんどん「行動しない人」になってしまいます。

そこで思ったのが、
「今日打ち勝った言い訳」をログ計測したらどうだろう?ということ。
「今日浮かんだ言い訳」でもいいかもしれない。勝てなくてもとりあえずはヨシ。

言い訳の裏には大概、「面倒くさい」が潜んでいます。

その「面倒くさい」を打ち消すために、言い訳をひっくり返す方法を見つけ出す。
言い訳をひっくり返して行動を起こす。

これができるようになれば、相当行動力がアップすると思うのです。
そして自然に、言い訳グセもなくなっていく…ハズ。

そのためには「ログを取り、言い訳と向きあう」ことがスタートかなと。
やってみようかな、と思います。言い訳のログ取り。

まとめ


・その言い訳は事実か?行動しないことの正当化ではないか?
・その否定の気持ちは「言い訳の隙を奪われること」への恐れの裏返しではないか?
・「今日浮かんだ言い訳」のログを取り、言い訳と向きあおう!

Twitterからピックアップ









関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。