ipadを親に勧める戦略を立てる【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







iPadをゲットしました!
…といっても、自分で買ったのではなく。
会社からの支給品です。Wi-Fiモデルの16GB。

自由に私用で使用してもいいよ!ということなので、
じゃんじゃかバリバリ使わせてもらおうと思っています。

まずはカバーという名の風呂のフタを買わねばと、
買ってきたのは純正のピンク色の風呂のフタ。


今日は初期設定したり、アプリを入れたりとipadと戯れていました。
これからじっくり使いこなして行こうと思います♪
iPadならではのオススメアプリなんかも調べて入れたいですね~。

iPad持って帰省するというチャンス




で、時期的にGW前ということで、今回の帰省ではiPadを持って帰ることができるわけです。
となるとやることはひとつ!
親にiPadを勧めるというミッションです!

やはり離れて暮らしていると、心配もあるわけです、お互いに。
でもiPad持ってもらえば、その辺りあれこれ対処もできそうです。
パソコンが全くダメな年配の人でも、iPadなら安心だということもよく聞くので…。

というわけで、この重大ミッションを達成するために計画を練らねばならぬのです。
そのためにざっくりと考えて描いていたのが上のマインドマップ。

さあ、どう攻めたものかな~。
帰省までに、戦略を考えておきたいところです。
実際に、「携帯のメールを使ってるレベルの年配の親に、ipadとSNSを使ってもらうように仕向けた」成功事例を調べねば。

しかしそもそも、手に入るのか?という懸念点があったりなかったり…。

Twitterからピックアップ









関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。