マインドマップにお金をかけない【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








私がよく聞かれる質問に、
「マインドマップは、何を使って書いていますか?」
というものがあります。
それに対する私の第一声は変わらず、
「とにかくお金をかけない」です。

世の中、いい紙やいいペン、こだわりの文房具が溢れているのは分かっています。
そういうのに愛着を持てて使えることは、すごく素敵で憧れるのです。

でも私のマインドマップへのポリシーはひたすらに
「お金をかけない」であるのです。

ペンは100円そこそこで買えるもの。(ハイテックコレト愛用中)
紙はコピー用紙、コピーミスの裏紙でもよし。
描いた後はスキャンして捨てるか、安物のファイルに綴じるか。

ここまで私が「お金をかけない」に逆にこだわるのにも、理由があるのです。
それは、私が「高級な文房具を使うことが、思考のブレーキになる」人だから。

ああ紙を無駄にしてはいけない、高いから…
そう思うことで丁寧に書こうとしてしまい、それが本来の自分の思考を止めてしまうのです。
これが安物だと、ガンガン使い倒せるのでブレーキがかからない。

私はマインドマップは、ひたすらに思考を吐き出す先にしているので、
そこにブレーキがかかるととても残念なことになってしまうし、
なによりとてもストレスなのです。

裏を返せば、高級なものを使って、丁寧な思考を残すことにも別の価値があるんですよねー。
だから手書きの日記とかは、高級なもの(モレスキンとか)に残すといいのかもしれない。

ま、世の中にはこういう人もいるってことで。

ちなみに、単品で一番お金をかけているであろう文具はコレです。
シャーペン式色鉛筆って感じですかね~。
しかし余り使ってないので、一度たりとも芯を補充したことがないという(笑)


Twitterピックアップ









関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。