自分の思考をさらけ出すことで、思考が公共物になる【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







昨日、「お風呂掃除と、プロジェクト 」というエントリを書いたら、
それを軸にこんな記事がリターンされてきました。

375:お風呂掃除とプロジェクト推進の共通点 | | SOHO考流記 | あすなろBLOG

ということで、お風呂掃除とプロジェクト推進の共通点は、ミクロレベルでもいいので毎日必ず向き合うことでした。

うまいこと!まとめられた!
私の言いたかったことが!すっきりまとめられた!

こういう、
「まとまりきれてないことを投げ入れた結果、
 それに何かしらの形でリアクションが返ってくる」のがすごく好きです。

タイミングよく、先日Twitterにこんなことを書きました。


Twitterやブログに限らず、それこそリアルの場で話すことも含めて
「自分の考えをさらけ出すことで、誰かの思考に影響を与える。
 自分の思考をさらけ出すことで、思考が公共物になる」

という感覚が、とても面白いと思っています。

その「さらけ出した思考」が、完璧である必要は全くなく、
むしろ、不完全な断片である方が、
不完全さを補完したくなるという欲を刺激して、面白いことになりうるのかも。

そういう背景があるので、私は
Twitterで思考をどんどん駄々漏れするのが好きなのです。
Twitterが一番スピーディなので、ここに集約しがちではありますが、
今後はブログにもその思考を積極的に持ち運びたいと思ってます。
日刊になりましたしね。

Twitterからピックアップ




昔のツイートもどんどん取り上げてみようかと。
先に述べたように、思ったことをガンガン投げ込んでいるTwitterではありますが、
だからこそ後で自分で見返した時、
「おっ、自分結構おもしろい事言ってるじゃん!」てことはままあるのです。
思考を他人の共有す場にさらけ出すことで、
自分でも思考を客観視できるようになる、って感じかもしれません。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。