いきなり100パーセントを目指すもんじゃない【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







最近ゆるりゆるりと、toodledoとTaskChuteを使ってのタスクの管理と実行のシステムを構築中です。
その際に参考にしているのは以下の本。本のレビューは下記の記事で。
おすすめ本!「クラウド時代のタスク管理の技術」読書メモ 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】

で、ゆるりゆるりしてる中でつくづく思ったのが、
「いきなり100パーセントを目指そうとするものじゃないなー」ということ。

例えばタスク管理本などで示されているのは、
そのタスク管理が完全に回っている、いわば完全体の姿なわけです。
プラモデルの完成した姿を見せられて、
「じゃあこれを作ろうか!」と言われているようなもので。

いきなり見事な完成系を見せられると、ついついそこをいきなり目指して自分も作りたくなるものです。
でも、完成型は見たことがあっても、それをどう作るかという作り方説明書がないことが多い。
なので見よう見まねで、そのくせ100パーセントを目指して作ろうとするものだから、
結果として完成させられず、そこで挫折してしまう。
そしてまた一から新しい「自分に合ったモノ」の探索を始めてしまう…。

しかしそれじゃいつまで経っても、結果として0のままなんですよね。
いや実際には学びもありますが、プラモデルとしてはまた一から作り直しなわけです。

というわけで今は、完成させることを目的に、出来るところからちまちまとやっています。

30パーセントくらいでも、やってみることで見えることがある。
0では分からないこともある。

100じゃなくても、まずやってみることが大事なんだなーと思うのでした。



マインドマップもそうですけど、いきなり使いこなそうとしたって無理があるわけです。
よっこらよっこら、頂上への上り道を行かないと。
ものすごいスピードで道を登る人を見ると、まあ正直焦りますけど、止まったりまたスタートに戻るよりは、のろのろでも進んでる方がいいよね、と。

私は基本的に面倒くさがりなので、スピードは亀の歩みですが、
それでも止まっていた時よりは焦る気持ちが減ったなあ、と感じています。
なんかやってるよね!自分頑張る気はあるよね!という自己肯定ができることがいいのかも。

でまあ、こういう、タスク管理をステップアップ的に段階を重ねて進められる仕組みが
完全にツール化してるといいのになーと妄想したりするわけです。
プラモデルの組み立て説明書みたいな。
最近は、「いかにして、誰でも出来るようなマニュアルを作るか」てことに興味のベクトルがある私です。

編集メモ


先日、No Second Lifeの、たちさんのブロガーセミナー(これ→感謝! 第3回No Second Lifeセミナー!大盛況でした!! | No Second Life)にスタッフとしてお手伝いしに行ってまして、ブログについて色々考えてます。
ぼちぼちこのブログも6年目に突入するので、少し手を加えてみたいですね。
今年はマインドマップについてもあれこれ活動したいと思っているので、その辺も含めて!
マインドマップ関連の記事もいろいろ上げていきたいと思います~。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。