いつでもどこでも使えるノートタイプのホワイトボード「NUboard (ヌーボード)」がすごい5つのワケ【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





いつも仕事でお世話になっている欧文印刷株式会社様から、
「NUboard」というとても面白い商品が発売されました。


商品詳細を見た時から「これは絶対面白い!」という直感がありまして、
実際触ってみると、その直感通り、いや、以上に面白くそして可能性の広がる商品でした。
実際に使ってみた様子と、欧文印刷さんから伺った話も交えつつ
簡単にレビューをしてみたいと思います。

1.デザインがすごい!




見た目はこんな感じ。ツインリングのA4サイズノート形式になっています。
表紙はざらっとした紙製で、そこに専用マーカーが挟み込めるようになっています。
外で使うにも抵抗のない、シンプルなデザインが良い感じです。
こういう機能性の高いツールは、デザイン性が後回しになってしまうこともありますが
このNUboardはその点は問題ないですね。



(追記:※現在は別仕様のペンに変わっています。)

専用マーカーは黒と赤のニ色に、小さいイレーサー付き
サイズ比較に横にハイテックコレトを並べてみましたが、サイズは普通のペンと変わりません。
専用マーカーもホワイトボードマーカーにしてはかなり細手になっており、
A4という決して広くはないサイズに書き込むにも書き込みやすくなっています。

2.レイヤー機能がすごい!


で、ここからがこのNUboardの使い方。



まずは基本。ホワイトボードに描く!
まずこの、ホワイトボードをいつでもどこでも
ぱっとノートのように開いて使えるという商品コンセプトがいいですよね~。

で、ここからが本領発揮!
描いたホワイトボードの上に、半透明シートをかぶせて、そこにさらに文字を重ねて書く!



普通のホワイトボードであれば、このように二色のマーカーを重ねて描くと
色が入り交じって汚くなってしまいました。
しかし、NUboardはいわゆる「レイヤー機能(階層構造)」を持っているため、
上から気兼ねなく書けるようになっています。

レイヤー機能の理由はこれ。



中を開くと、表紙の次に黒の紙があり、次に半透明シート、続いてホワイトボードがあるという作り
この半透明シートが、レイヤー機能を果たしているのですね。
ぺろんとめくるとこんな感じ。



中身は、ホワイトボード一枚を両方からはさみ込むように半透明シートがある形で、
---半透明シート---
---ホワイトボード---
---半透明シート---

---半透明シート---
---ホワイトボード---
---半透明シート---
という並びで、ホワイトボードが計4枚8ページ分(半透明シートは8枚)綴じられています。

半透明シートは最大2枚重ねることができる構造になっているので(先の説明参照)、
最大レイヤーを2つ持たせることができますね。

3.ホワイトボードがすごい!


NUboardに採用されているホワイトボード、かなりがっちりした厚手の作りです。1ミリくらいあるのかな?
半透明シートは、普通のクリアフォルダと同じ程度の厚みです。

このホワイトボード部分には、「消せる紙」という
欧文印刷さんから別に出ている商品が採用されています。

この消せる紙、小さいサイズから大きいサイズ(A1)までサイズがあり、
色の種類も白だけでなく黒もあるというバリエーション豊かな商品で、
こちらも合わせておすすめです。
うちの会社では、ホワイトボードのない会議室にホワイトボードを展開したいときなどに使っています。



で、この消せる紙でできているホワイトボード。
描いたあと、イレーサーで軽くこすると綺麗に消えます。
ただし、ホワイトボードであることには変わりが無いので、どうしても粉が出てしまいます。
粉を撒き散らさないで消すコツは、「くるくる回すように消すこと」だそうです。

また、時間を置くとインクが乾燥してしまい、イレーサーで消すのが難しくなってしまいます。
しかしこの場合でも、ウェットティッシュなどで拭えば消えてくれます。

4.活用の幅がすごい!


ホワイトボードに直接書き込んで使用するだけではなく、
ホワイトボードの上に書類を置き、
そこに半透明シートを重ねてホワイトボードで記入することももちろんOK!
直接ペンを入れたくない書類にも、
このように文字を重ねることができます。



とうぜんシートを外せば書類は綺麗なまま~。



例えばこれにショットノートを挟んで書いて撮る、なんていうこともできそうですし、
飲み会に持って行って、お店のメニューを挟んで
半透明シートに各自注文をメモして回す、なんて使い方も面白そうですよね!
いろいろな活用を考えてみるのも楽しそうです。

5.書いたあとの保存がすごい!


NUboardは、その商品の構成上、
「書きっぱなしで保存する」のではなく、
「何度も書いては消し書いては消しと、使いまわす」ことがメインになってきます。

そうすると、書いた後の記録が必要になってくるわけですが、これは
・写真で取る
・スキャンする

のどちらかになってくると思います。

スキャンは、scansnapのような紙を読み込むタイプでは無理ですが、
ガラス面に置いて取るようなタイプなら大丈夫。
実際やってみましたが、こんな感じで特に問題もなくスキャンできています。
(ちなみにこれは、うちの社長が描いたマップの一部)



とはいえ手軽さを考えれば、iphoneなどでぱちりと撮るほうが多くなるでしょうね。
ちなみにこの半透明シート、実際に手にとって見ると分かるのですが
「記入面の方が、普通であれば裏になるざらりとした面になっている」のです。
ホワイトボードに面する方が、つるりとした面になっていて、
普通であれば「あれ、表裏逆じゃないの?」と思うかもしれません。

しかしこれ、
「写真で取ったときに光の映りこみを防止するため」に、わざとこのような表裏になっているそうです。
そのとおり、実際に上記の半透明シートを重ねて撮っている写真を見てもらうと分かるかと思うのですが、
蛍光灯などの光の写りが一切ありません。
この小さなアイデア、素晴らしいですね!

[追記]A3サイズ・新書サイズも発売されました!


2012年4月1日に、A3サイズのNuBoardも発売されました。
A3なので、広げればA2サイズととってもワイド。
A3サイズには滑り止めシートが付属するなど、A3ならではの工夫が凝らされています。
A4では物足りない!もっと大きなサイズを!という方には、A3をオススメ!

新書サイズのレビューはこちらから!

新書サイズのホワイトボード(Nuboard)を手に入れた! 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】
新書サイズ!小さい!可愛い! 女性の小さめバッグにも入る、ころんとしたサイズがたまらない♪


編集メモ


机の上で、外出先で、いつでもどこでも自由にホワイトボードが使える NUboard。
ぜひ一度手にとって、自分ならどう使うかをアイデアを巡らせながら
いろいろ書いてみてはどうでしょうか。
普通の紙に書くのとはまた違うアイデアの刺激になり、とってもおすすめです!

ちなみに私は欧文印刷さんからの回し者ではなく、
自主的に製品が気に入ったので書いているだけですのであしからず(笑)
製品が気に入ったら、ぜひTwitterで欧文印刷さんにフィードバックもどうぞ!
kumita-joj (kumitajoj) on Twitter





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。