クラウドサービスでマインドマップを管理してみよう【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





”マインドマップを描いた後、どう管理すべきか?”
という問題にようやく終点が見えてきそうなので、軽く共有してみます。
ちょちょっとイラストで描いてみましたが、現状の考えはこんな感じ。




描いたマインドマップを収束させた文章は、Evernoteに。
ちなみに、マインドマップを文章で収束させる効果などについてはこちらの記事で。

マインドマップが描かれた紙、はスキャンスナップで読み込んでマインドマップを画像データ化。
この画像データはDropboxへ格納。

DropBoxに格納が終わったマインドマップは、ファイルするか、躊躇なく処分するかの二択。
お気に入りはファイルして置いておこうかな~という位の基準ですね。

ここまで終わって、一通りプロセス完了といったところです。
iPhoneで見られるようにしてあるので、出先からでも過去のマインドマップ&アイデアストックを手軽にチェックできる利点があります。

ただまだ問題もゼロではないので(DropBoxの分類基準とか、Evernoteのノートとタグの使い分けとか)、いろいろ試行錯誤しつつ試してみたいと思います。
他の方の、こう使ってるよーというアイデアがあったら是非聞かせてください!



ちなみに、DropBox未登録の方は、こちらから登録すると紹介特典で利用容量がちょこっと増えます。無料で使えるので、是非!おすすめのサービスです。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。