マインドマップの関連付け作業で、視点チェンジ!【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









今月から、マインドマップアドバイザー講座に、オブザーバーとして週一で参加しています。
で、これはその中で描いたフルマップの一枚「自分の好きなもの」です。

ちなみに、家に持ち帰ってからちょっと色を追加したのですが、色塗り前もたまたまスキャンしていたので、前バージョンも併せてアップ。
色が入ると入らない、その印象の差が結構大きいことがわかりますね~。
と、これは今回の本題とは別なので、ちょっとオマケ的なネタ。





で、改めて今回の本題
「マインドマップの関連付けで見えてくること」とは何か?という話。

上記のフルマインドマップは、
まず簡単なミニマップを描く→フルマップを描く
という手順にて作成しました。
一回全体のブランチをざっと書き上げた後に、全体俯瞰をして関連付けをする、という作業を行っているわけです。
関連付けでは、「同じ言葉」「関係性のあると感じた部分」などをばーっと矢印で繋いでいっています。
一見すると、書き上げたものにちょちょいとエッセンスを加えているだけにも思えますが、とんでもない!
むしろ、関連付けこそがマインドマップの効果をさらに引き出す、メインディッシュのひとつではないかと最近は感じています。



何故関連付けがそんなに大事なのかというと、まずは
「思考・情報の繋がりが見えてくる」ことが上げられます。
同じメインブランチから伸びている単語だけでなく、違うメインブランチから伸びている単語にも関連性がある、そのことに関連付けをしている中で気付くこともあります。
むしろこっちの方が多いかもしれません。

そして関連付けが大事な理由がもう一つ。
「視点を変えてみることで、新たな気付きがある」
関連付け作業では、ブランチを伸ばしている時とは違う視点で、描いたマインドマップを見ることが出来ます。
視点の変換を行っている、って感じですかね?

ブランチを伸ばす際には、自分の中にある思考とか、見知った情報などが載っていくことが多いわけです。
それを全体俯瞰して関連付けし、それらの既知の情報を繋ぐ中で、新しい言葉や発想がポン!と飛び出してくることも少なくありません。
これも、関連付けをしている中で気付くこと、の例ですね。

これら新しい気付き・創造に遭遇することが楽しくて、関連付け作業がむしろ本番なのではなかろうか、なーんて考えたりもする最近です。
ちなみに関連付け作業ともう二つ、優先順位付けと文章作成、という作業の有用性にも開眼しているのですが、これについてはまた後日。

あれですね、マインドマップがオムライスで、関連付けや他ふたつの作業が、オムライスに掛けるソース、みたいな感じかも?
オムライス単体でもおいしいけど、ソースがないと味気ないし、ソースがあることでよりおいしさが増すよね、みたいな。
なんか変な例えだったかな・・・(笑)

今まで関連付け作業にあまり比重を置いていないなあ、という方は、是非この機会に関連付けをガッツリ試してみてくださいね♪
きっとその有用性に驚くはず!
ちなみに、関連付けの効果を試すに、「自分の好きなもの」テーマにマインドマップを描くのは、効果を体感しやすくてオススメです。
自分の好きなものって、ジャンルをまたがっていても本質的に同じことを指しているんだな、と気付くことが出来るかと思います。

ちなみに私が今回のマインドマップを関連付けしていて気付いたことは、
・「好き」をたくさん持っている自分が好き、ということ
・「描く」ことは、私のアイデンティティであること
・描くことは、自分に自信を持てることに繋がっていること
・・・なんてところですかね~。
アイデンティティについては、気付いたとき「ああ!」と思わず声を上げそうになりました。
これはまさに、関連付けしたことで見えてきたこと、ですね!し込みはこちら】





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。