喫茶店(ルノアール)でマインドマップを描く【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





100912.png
喫茶店のルノアールで長居しながら、マインドマップをカリカリと描いていました。
ルノアールはマインドマップを描きながらいろいろ考えるには最適!
で、そこからちょっと「マインドマップが描けるカフェ(喫茶店)」というネタで思いを巡らせてみました。

銀座ルノアール。都内近郊にしか店舗がないのかな?
ともすれば「古くさい喫茶店で、おっさんのたまり場」という印象があるルノアールなのですが、これがまた、作業するにとてもいい環境なんですよ!
今の家に越して、近場にルノアールが来たので、それからたまに活用するようになりました。

何故そんなにルノアールは環境がいいのか、ちょっと考えてみました。

・長居が出来る

これが一番大きな理由かもしれません。ルノアールはどれだけいても追い出されません。罪悪感なしに、ひたすら粘りに粘れます。ちなみに今回は朝から4時間…。
聞くところによると、開店から閉店までいた強者もいるとか(笑
飲み物頂いてしばらくすると、お茶が出てきますが、これは「さっさと帰れ」ではなく、「ゆっくりしてくださいね」という意味らしい、です。
お茶のおかわりも出てくると言う、まさに至れり尽くせり!

・年齢層が高い

おっさんっぽい、という印象があるのと、飲み物の価格がチェーンのカフェより比較的高い(コーヒー560円から)ためか、店の年齢層が高いです。
年輩のおじさんが一人で新聞読んでたり、ビジネスマンがPC持ち込みで作業してたり、軽い商談をしていたり。
そのため、店内が極端にやかましくなることがないです。しかし静かすぎることもなく、作業にちょうどいい程度のざわざわ感があって、いい雰囲気です。

・机が広い
そもそもルノアールは、机やソファの配置間隔が広いです。そして店内がさほど混まないので、一人で4人掛けの机を使うのも悠々。
その広さ故に、マインドマップを複数枚広げたり、ペンをぶちまけたり、iPhoneを置いておいたりと、自由に机を使うことが出来ます。
そしてソファと机の高さも丁度いいくらいなので書き物もしやすいです。
たまに、やたらに机の低いカフェとかありますからね~。

・モーニングが安い
コーヒーが高い分、モーニングは安い!のです。飲み物プラス60~170円で、モーニングセットに出来ます。
モーニングを食べて、そのまま長居するのが一番お得なのかな。
そうそう、ランチメニューというものがないので、昼になっても全く混まないというのも地味にありがたいのです。

・電源がとれる
席によるのですが、電源も自由に使うことが出来ます。ので、PC持ち込んでの作業も余裕ですね~。
携帯の充電器も貸してもらえるとか何とか。試したことがないので詳しくは分からないんですが…。

こんなところですかね、私がルノアールが気に入っている理由としては。恐らく店舗ごとにまた違うんでしょうけど、私の行っているところとしてはこんな感じです。
欠点は、分煙が微妙なことですねー。仕切りで区切られてるだけなので、はっきりいってぼちぼちたばこ臭い。
私はそこは我慢できるので平気ですが、だめな人にはだめかも。

もっと直接的に、マインドマッパーが集まるカフェ!なんてものが出来てもおもしろいのになあ、なんて妄想したり。
マインドマップカフェは、そういう位置づけで開催もしてますが、やはり個人で日常的にじっくり考えるのはまた違いますしね。
のんびりじっくり長居できて、人のマインドマップ見放題!文房具試し放題!みたいなの、いいな~。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。