スリー・アイ・ワークショップでフォトリーディングを3冊一気に!【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





先日の日曜に、「スリー・アイ・ワークショップ」に参加してきました。
「知識のインプットからアウトプットへのプロセスを、とことん追求する」という目的の下、フォトリーディングとマインドマップを習得済みの人のみが対象となるという、まず参加者の時点でとても濃くなるだろうことが想定されるワークショップでした(笑






まずこれが、今回受講しながらメモを取ったマインドマップです。
従来の学びというのは「言うとおりにしなさい」という、知識や体験を学ぶもの。
しかしこれからは、方法やアプローチ、見え方を学び、「あなたの考えは?」に対応できる「インテリジェンス型」の学びが必要になってくるのではないか?ということでした。
途中、全脳思考に関わりの深い「U理論」の話なども出つつ。

まず情報をインプットしたら、それを一旦手放す!RELEASE=解放する!
その手放しているときに、潜在意識に情報が刻まれていくわけですね。
で、その潜在意識を上手く活用することで、学びの質もぐっと上げられるそうです。
この、インプットした後に手放す!という考え方、フォトリーディングのプロセスそのものとも言えますね~。
ちなみにU理論、この本に詳しく説明があるようです。実はずっと手元にあるのに積ん読…今度読もう。

出現する未来 (講談社BIZ)
P. センゲ O. シャーマー J. ジャウォースキー 野中 郁次郎 高遠 裕子
講談社
売り上げランキング: 13072



さて実際のワークとしては、
1・まずは各々のチームでひとつのメインテーマを決める。
2・テーマをシャッフルして、チームごとにメインテーマを選んで決める。
3・メインテーマを元に、各自学びのテーマを決める。
4・学びのテーマをチーム内でシャッフルし、自分の学びのテーマを選んで決める。

というプロセスで、まずは自分の学びのテーマ=これからフォトリーディングする目的、を決定しました。
自分で決めたテーマでなく、人が決めたテーマで学ぶというのも大きなポイント!
自分がそのテーマを選んだこと、そしてそのチームになったということにも、大事なセレンディピティ、つまり偶然性による学びがあるんですよ~ってことですね。

で、私のチームが選んだメインテーマは「人を豊かにするコミュニケーション」。
そして私が選んだ学びのテーマが「パートナーと長続きするコミュニケーション術とは?」だったのですが…実はこれ、私自身が書いたテーマだったのです。
これを自分で選んでしまったってことはつまり、最初に書こうとしたテーマを学べってことだな!と解釈して、テーマを修正。
自分のパートナーを見つけるために必要なコミュニケーションとは?」にテーマを決定しました。
ちなみに何故こんなテーマかというと、前日の土曜に参加した女子会(これもまた後日記事を書きたいと思います)の影響が多大に出ているのです(笑

さてテーマを決めた後、各自が持ってきた本の山からフォトリーディングしたい本を3冊選び、3冊まとめてフォトリと活性化を行ないました。
選んだ本は以下の3冊!
「ロングテール」は、サブタイトルを見た瞬間に「これしかない!」とビビっと来たので即選択!わー怒らないで~私も「売れない商品」なんですもん(笑

決断力 (角川oneテーマ21)
羽生 善治
角川書店
売り上げランキング: 1367




きれいドリル
きれいドリル
posted with amazlet at 10.07.07
岡村 美奈
小学館
売り上げランキング: 108800



フォトリーディング後に描いたマインドマップは以下のものです。




内容を軽く説明すると、こんな感じ。

・何故恋愛できないのか?
・決断力が足りない?経験を積むと判断力も上がるが、同時に決断することが怖くなるという影響もある。
・直感は7割正しい。全体を見て判断する、大局観が直感の基盤になる。
  まずは判断力・大局観を向上させ、最終的には直感で決断する勇気を持てばいいのでは?

・何故「売れない」のか?
・世の中には「ロングテール=裾の長い分布」というものが存在する。
 ヒット商品の売れ行きよりも、ニッチな商品を総合計した売れ行きの方が、トータル的には売れている。
・ニッチ商品になれば売れるのではないか?つまり、「誰彼にモテるより、一人に愛される商品」になればいいのでは?

・自分ってなに?
・自己イメージ・セルフブランドを作り上げる必要がある(ニッチ商品になるためにも)
・売り込むターゲットを決める!どんな場面で、誰に売れたいのか?理解されたいのか?
 売り込むターゲットを想定して、セルフブランドを考えるといいのではないか
・ターゲットが決まったら、流通経路を増やさねばならない。
 つまり、「自己アピールの場をたくさん持つ」ことが必要!Web、セミナーなどなど…。

・まとめ
・コミュニケーションとは、人との出会いであり、自分との対話でもある。
 セルフブランドづくりを通じて、自己を見直すことが必要。

いや~、ロングテールの内容がバッチリテーマ設定にマッチしていて自分でもビックリ!
でもこういう機会でもなければ、あの本から恋愛テーマを紐解くことはまずなかったと思うので、これこそまさにセレンディピティ効果なのかも!



普通に学ぶ時とはまた異なり、チームでの学び、そして自分のセレンディピティを大事にした学び気付きが多く、普通にフォトリーディングなどを行うのとは違う感覚を味わった一日でした。
こうして複数人とのコミュニケーションを通じて学ぶと、世界や価値観が想定外のところまで広がるので面白いですね♪
学ぶって面白いな、大人になってから改めて感じます。
が、この学びの面白さを子供のうちから知っていればなあ~と思ったりもするわけです。
そういう「学びの楽しさ」を子供に伝えることが、今大人である自分たちの義務なのかもしれないなと考えたり…。
そんな事を考えながら、一日の学びを締めました。
いやはや、刺激的でとても楽しい一日でした♪こういう機会がもっと色々持てるといいな~。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。