マインドマップの描き方・改+保管法【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









 ちょっくら趣向を変えまして、減価償却改訂のマインドマップです。会社に郵送で届いていた改訂連絡の小冊子を持ち帰って来て、自分の会社に必要そうな部分だけ抜粋してみました。フォトリーディングはしなかったので、純粋にマインドマップだけ。勉強への活用時を想定しての練習も兼ねて・・・の、つもりです。
 しかし残存価額、一見簡単になったように思えるけど、実際業務に反映させるとなるときっと一筋縄ではいかないんだろうなあ~。全部現行法に移行し終えるのは一体何年後になるんだろ?そういう擦り合わせって大変ですよね、税法ってのは。それを考えると、税理士さんやらは凄いなあ・・・憧れるー!

 話変わって。マインドマップのブログへの掲載方法についての質問をメールにて頂きまして、折角なので他の方の参考になればと言う意味も含めてここで書いてみます。
 マインドマップの描き方については以前にも少し触れたのですが、A5のコピー用紙にuniのシグノ超極細0.28の黒ペン、百均のサインペンセットで相変わらず描いています。らくがきも全部シグノなので、インクの無くなるペースが尋常ではございません。
 ちなみに極細ペンの代名詞・ハイテックも持っているのですが、ハイテックは芯が硬くて紙に引っ掛かるのでちょっと描きにくい。替え芯とペン軸本体で好きなカラーリングが組み合わせられるのは魅力なんだけど、やっぱり私はシグノが一番お気に入り!

 描き終わった後の紙はファイリングして保管している為、描く前にその為の穴を先にパンチで開けてしまっています。後で開けると、描いた部分が穴になってしまう事があるんですよね。なので先開け。
 ファイリング時には、「フォトリお気に入り(後で見返したい物)」「フォトリその他」「マインドマップお気に入り(後で略)」「マインドマップその他」で分けています。で、種類毎に一覧表を頭に付けて、いつどんなマップを描いたを一瞥できるようにしています。が、もう少しいい管理方法が無いか模索中・・・。

 で、描いた後にブログに上げるまでの話に戻ります。と言っても、スキャナで読み込む・色の調整と不要部のカット・リサイズする・アップロード、というだけではあります。使っているソフトは市販だったりバンドルだったりなのですが、フリーでも色々使える物はありますね。「BitmapResizer」というソフトならば一通り必要な事が出来て操作も分かり易いので、初心者ならばこれがいいと思います。
 役に立つやら立たないやら・・・一応こんな感じで作業しています。お役に立てばいいのですが。もしも何か質問があれば、私の分かる範囲でならお答え出来ますのでお気軽にご質問下さいね。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。