フォトリーディング講座 再々受講から思う大事なコト【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








5月8、9日とフォトリーディングの再再受講に行ってきました。
再再受講、つまり3回目です。
上のマインドマップは、講座から帰ってきて家で描いた、その日の学び気付きをざっとまとめたものです。(クリックで拡大)
講師は石ヶ森久恵さんこと、さえさん(http://ameblo.jp/sae/entry-10533305004.html)と、福島美智子さん。(http://www.rakutojp.com/index.html
受講生が6名(再受講2名)に講師が2名と、なんとまあ贅沢な環境で受講させて頂きました♪

ちなみに、
【初回受講 2007/04/08】 ブログ記事 
【第2回 2008/06/23】 ブログ記事 
ってことで、約2年振りの再受講で、初回受講からは3年が経った状態です。日数計算がしやすい間隔で受けているな~(笑



さて、そこで3回目の受講の感想です。
今回は前回から2年を経ていることと、講師が違っていたこともあり、まず講座の内容が様変わりしていた事にビックリ!
フォトリーディングの手順自体にも改善がされていましたし、講座のカリキュラム自体がものすごく深くなっていました。
まだまだフォトリーディング自体に進化の余地があることを感じられて、これはとても面白い変化でした。

そしてなにより、受講している私の環境が変わっていることもとても大きい違いだったと思います。
人間的に成長して来たことを、3回目の受講を通して実感しました。

『フォトリは読書術じゃない、パラダイムシフトを得て新しい世界に踏み込むための扉のひとつなんだ』

これが私が再再受講で掴んだ、フォトリーディングの本質です。
多分、1回目と2回目の受講ではここまで分かっていなかった。
ようやく自分の今までの経験や変化を経て、この本質が言葉だけでなく間隔で体に浸透させることが出来たと感じます。



フォトリーディングの受講を迷っている方の質問を、ブログやtwitterでよく聞きますが、私個人としては
「悩むくらいなら、行ってしまった方がいい」と感じます。
どうしようかなあ、うーん、と悩んでいる時点で、本心は行きたいと思っている筈なので。

私はフォトリが、セミナー参加も外部の人との交流も初めての体験でした。
今考えると、初めてのセミナーに10万単位を突っ込むなんて、えらくまあ思い切ったことをしたものだと思います(笑
でも、そのお陰で自分の世界が広がって、ひっくり返って、とんでもない転機になりました。
人生変えたいなら、どこかで思い切りは必要ですよね。
それも受動的ではなく、能動的なキッカケで動く方がいい。
「受けたらいいと聞いたので」で受けるのではなく、「受けたいと思ったので!」で受けてみて欲しいなと思います。

ちなみにこれもよく言っていることなのですが、フォトリは再受講まで含めて一回と考えてもいい位、再受講をオススメしたいです。
再受講まで初めから視野に入れておくと、ほらなんとビックリ、一回あたりの受講単価が半分に!(笑
まあそれは一面ですけど、私は初めからそこまで想定して金額に納得して受けました。私の初回受講時は、今より受講料が高かったのですよ~。
結局今回で3回受講しているので、更に私の受講単価は下がっているという…。

何故再受講をオススメするのかというと、初回受講時は一通り知るのに必死で、視野が狭くなってしまいがちなので。
二回目は余裕が出来るから、視野が俄然広くなります。そして、フォトリでいうところの「馴染み感」が二回目以降の受講はあるんですよね。
知らないを知っているに変えるのが初回受講、
知っているを熟知するに変えるのが2回目受講、って感じですかね。



けれどもフォトリーディングにしろマインドマップにしろ、その他どんなツールでもそうですが、目的は「◯◯を使いこなす」でなくて、それを使いこなした先に何を達成したいか、であることを忘れないようにしたいですね。
そのツールを使いこなして、何にどう活かしたいのか?そして更に、何を達成したいのか?
この意識が有るか無いかで、ツールとの向き合い方が変わってくると思います。

私もブログを初めて3年、つまりはフォトリーディングとマインドマップを初めてほぼ3年。
まだまだ入り口から一歩踏み出したところにいるなあと感じます。
これから先、もっともっと奥に踏み込んで、そして自分の成長と目標の為に、これらをうまく活用していきたいなと思います!

そんな事も含めて、twitterでちょくちょくつぶやいているので、ご興味ある方は是非そちらも御覧下さいませ~。
http://twitter.com/sawonya



※おまけ:講座中に描いたマインドマップ(クリックで拡大)









下3つは、以下の書籍がベースになっています。
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
ダニエル・ピンク
三笠書房
売り上げランキング: 1596






関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。