twitterのつぶやきをイラストに その2・3【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





twitterは不思議なもので、何故か自分でも「何故自分からこんな言葉が」って思うような言葉がポンポン出てきます。
何というのかな、思いついたことをとりあえず文章化出来る瞬発性がいいのかもしれません。
ちらっと過ぎった言葉をむんずと掴みとって、よいしょー!っと引きずり出すに丁度いいと言うか。
私に限らず、色んな人が「おっ」と思うようないい言葉をたくさん呟いているのも、きっとそういうところに理由があるんだろうなあと思います。

で、つぶやきっぱなしも勿体無いので、自分の中で「お、自分いいこと言ってるじゃないか」的なところをポチポチとイラスト化していきたいなという訳でして。
前回(やりたい事を言いまくって、自分の夢を現実にすること)に続いて第2、第3弾目です。







”案外、自分が簡単に出来ちゃうこと、
当たり前にやっていることを
求めている人はいるものです。
自分の才を見つけ出してくれるのは、
自分自身よりもむしろ
周りの人のなことが多い”








”腐るほど(腐らせないけど)やりたいことを抱え込みたい。
その分だけ人生の楽しみが何十倍にも脹れ上がるから。
抱えたやりたいことが10だとしても、
それで得られる楽しみって10じゃきかない。
何十倍もの楽しみに膨れ上がるはず!”




前者は特に、東京に来たこともこの言葉に関係しているところもあって、強く思います。
周りが「すごいね!やってみない?」と言ってくれなければ、今の自分はないから。
自分では当たり前と思っていると、自分の持っているそのものの価値が分からなくなってしまいます。
その価値に気付かせてくれるのは、自分じゃなくて周りです。
自分にはない着眼点を持って、「それ、いいね!」って言ってくれる人、そんな人と付き合いがあると、相乗効果でお互い成長出来るのでいですね~。
自分の才を見つけてもらうのも嬉しいですが、人の才を発見するのも楽しいものです♪





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。