iPhone作成のiMindMapの見栄えを整えてみよう(前編)【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







iPhoneアプリとしてiMindMapがDL出来るようになったのは記憶に新しいところです。
マインドマップユーザーでかつiPhoneユーザーには、文句なしにオススメのアプリと言えます。無料ですしね♪
アプリについての詳しい解説は、「ライフハックブログKo's Style」さんの記事「遂に出た!使える!『iMindMap for iPhone』速攻レビュー」をご覧頂ければバッチリかと。

で、そのiPhoneのアプリからは現在
「作成したマップをiMindMap用のファイル形式(imm)にてエクスポートする」ことだけが可能です。
画像でのエクスポートや、逆にPCからのインポートが出来ないのですね~。
それでもまあ、電車の中で立ってiMindMapにてマインドマップが作れるというのは便利なものです。

ですが、やはり機能的にまだ足りない訳です。
・普通のブランチでは日本語が文字化けして載せられない(日本語が使えるのはボックスブランチのみ)
という点が大きな不足点ですね~。
それも踏まえて、実際エクスポートするとどのような状態で表示されるのか、またエクスポートしたファイルをどのように修正を掛けるべきなのか、ということを、自分の備忘録も兼ねてまとめてみました。
ver4の発売も控えていますし、iMindMapの使い方応用編みたいな感じでひとつ読んで頂ければと思います。



まず、iPhoneのiMindMapアプリでマインドマップを作成します。
見ての通り、ボックス入力ならば日本語が入力できます。
ちなみにこのボックスでの文字入力、PCのiMindMapはver4から対応されている入力形式とのことです。

 ・全体図


 ・一部拡大するとこんな感じ

それを編集メニューからエクスポートし、メールにimmファイルを添付する形でPCへと送ります。
ちなみにこのimmファイル、日本語だと見事に文字化けしています…まあこれは、ぽちっとPCで直せば済むので然程問題でもないかな。

さて、エクスポートしたファイルをそのままiMindMapで開き、ズームの「画面に合わせる」で表示するとこのようになっています。


…っておおーい!小さいよー!
どうやら、ボックス入力されている文字群が全て、ファイル左上に「フローティングテキスト」として乗っかってしまっているようです…。


こんな感じ。
あっても支障はありませんが、PC作業時に全体を見たくて「画面に合わせる」コマンドを多用する場合は、これはちょっと困りますね。
ということで、まず
「左上のフローティングテキストを消す」作業を行います。



左上の文字がなくなったので、「画面に合わせる」で表示したときに、綺麗に全体が見られるようになりました。
しかし、何故かボックス入力しているのに文字が消えている箇所がたまに…。
手間ですが、iPhoneと見比べながら、消えてしまった文字を追加してやりましょう。




文字を加えた状態で、100%表示するとこのようになっています。


これでそのままPCで使っていけば問題ない…と言いたいところなのですが、もう少し見栄えを良くしたい、整えたいとは思いませんか?
一手間掛かりますが、ちょっと手を加えるだけで、見た目がぐっとよくなります。

まずは手軽なところとして、「セントラルイメージの差し替え」を行います。
iPhoneで使える画像は数か限られているので、常に同じものだと面白みがないですよね。


ほい差し替えました!
ちなみにセントラルイメージに使っているのは、3月29日発売の「ペンとノートで記憶に残す!アイデアがわき出る! 本当に頭が良くなるマインドマップ(R)“かき方”超入門」に収録されている、私作成のiMindMap用素材です。
今回作った素材の中では一番お気に入りのもの…と私情を挟みつつ(笑



さて、次からはブランチを直接調整していきます!
と、記事が長くなりましたので、こちらの後編に続きます

iMindMapのver4は、4月2日に発売!
ver3からのアップデートにも対応予定のことなので、私はアップデート組になる予定です。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。