「ツイッター」でビジネスが変わる! 読書マインドマップ【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









週末から、前々から登録を躊躇っていたtwitterを、今更ながらに使うようになりました。
私のはここ:http://twitter.com/sawonya
実際に使うようになってみると、まあ楽しい!流行っているのが分かった気がします。
使っていて分からないことも、twitterでつぶやけば他の人が教えてくれるので、何となくのノリでも十分にその使い方を理解することが出来ました。まだまだ活用し切れていないとは思いますが。

で、twitterを始めたことを知った知人から勧められた本がこれ。
「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power
ジョエル・コム
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 812

「twitterはビジネスやブランディングにも使えるんですよ~」と聞き及んではいたので、本を読んでその辺りについて理解を深めようと思ったわけです。
そしてこの本を読んで描いたマインドマップが、冒頭のものになります。

twitterとはそもそも何ぞや?なんて説明すればいいのか?
そんな私の疑問のつぶやきに、昨日色々な方が答えて下さったことを抜粋すると、
・140文字以内のショートブログで相手からのレスポンスが早いコミュニケーションツール
・だれもが独り言をつぶやいたり、チャットになったり、ニュースを流したり、広告を流したりできる電光掲示板みたいなもの
・口コミツール、実況中継
といった辺りになりそうです。
でも結局使い道は決まっていないので、使う人のやり方ひとつで、様々な事に活用できるサービスなのでしょうね~。
そんな中で、ビジネスに活用するには?を易しく説明しているのがこの本です。

twitterのいいところに、誰とでも繋がれるということがあります。
その繋がりを活かして、ブランド構築であったり、顧客との信頼関係、口コミ効果などを狙うことが出来るのですね。
社内のコミュニケーションにtwitterを使うという方法もあって、これは面白いなあと思いました。日本企業では柔軟性のある企業でないと、なかなか実践は難しそうですが…。

twitterでは、140字を1つとしてつぶやきを投稿できるのですが、このつぶやきの使い方がキモになります。
この本では、つぶやきの種類を「放送型」「会話型」と分けて定義づけて、そしてそれを混ぜたつぶやきを行っていく事を推奨しています。
放送型は、一方的な情報提供としてのつぶやき。会話型は、相手との会話を引き起こすためのつぶやき。
これを混ぜることで、つぶやきをコンテンツ化し、繋がっている人に「この人は面白い人だ!価値のある情報を提供してくれる人だ!」と思わせ、繋がりを維持することが可能になります。
要は、だらだら自分よがりにつぶやいていても、ビジネス的にはよろしくないって事ですね。
twitterもブログと同じ、魅力あるコンテンツであれば、そこに集まる人の数や質は高まるというものですね。そこがビジネス的にスタートの始まりになるのかな、と思います。

ちなみに私は、twitterでマインドマップ作成の途中経過を写真付きで実況していたり。
それが私にとっての放送型のつぶやきになるのかな。
興味のある方は是非フォローしてみてください♪

他にも、基本的なtwitterの説明・使い方についても分かりやすく書かれているので、twitterを始めてみようかな、出来ればビジネスに繋げたいな、と考えている人にお勧めの一冊です。
twitter本は他にもわんさか出ているようなので、他のもそのうち読んでみようかと思います。

------以下雑談------
ブログをwordpressに移行しようと作業中です。
まだ時間が掛かりそうですが、早めに移転したいな~。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。