「知っている」だけでは意味がない【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





昨日の夜に飲みに行き、そこで知人とすごーく深い話をしていました。
気付きや学びがとても多い話だったので、今日になってその時の話を思い出しつつ、カフェにて昨日の夜のことをマインドマップに描いていました。
そうしたらば、そのマインドマップを中心に、多くのことが一気にぐわーっと広がって行きました。
自分の中で考えていたこと、悩んでいたこと、迷っていたこと、他諸々、様々なことがパズルのピースがパチパチとはまるように繋がっていく快感と感激たるや!
もう、思わずカフェで「うわわわわ」と一人興奮。
いや~、久々にすごいブレイクスルーを実感しました。こういうことがあるから、深く語り合うのはやめられない!
下半期の始まりに、幸先のいい学びを得ることができ、多くの事が加速しそうです。
こんなことを語り合えて、そして学びを与えてくれる知人が身近にいるというのは幸せな事ですね~。

その話の中で、今後の自分の軸になると思われることの中の一つがこの話。
それは、”「知っている」を「実際に見る・感じる」レベルにしよう”ということ。
タマゴが立てられると「知って」いても立てられませんが、誰かが立てているところを「見る」だけで、すんなりと立てられることがある・・・というのが例の一つですね。
簡単にイラストで説明するとこんな感じの話です。
091003.jpg


知っているだけではできないことも、実際に自分の五感で感じとることで、上の次元のレベルにすんなりと進むことが出来る…とでも言えばいいのかな?
あれです、本を読むよりセミナーに行って実際に体感する方が早く確実に身に付く、みたいなことですね。

今の自分には「知っている」だけのことがたくさんあるので、それらを実際に感じていくことが、今後必要なことだなあと思うのでした。
もう一方としては、自分がその体感を提供できる人になりたい、ということも目標にしたいですね。
そんなことを考えながら、今後の自分の成長を目指していこうと思います♪





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。