「カンタン経営塾」講座に行ってきたのです【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





週末に、会社(ラーニングプロセス)のサイトをごっそりとリニューアルしました。いや~~~大変だったー!
せっせと画像づくりにせいを出した甲斐があって、それなりに見栄えするモノになっているのではと思います。
会社の事業概要や、研修の導入事例などがかなり変わっているので、一度ご覧くださいませ。
特に導入事例、活用例やマインドマップで得られる変化などを色々と知ることができるので、個人でマインドマップを使っている方にも参考になると思います♪
研修時の写真もちょこちょこあるので、面白いと思います。
今後もグループマインドマップ時のマインドマップなどを
掲載する予定です。

そして本題。
17日(木)に、株式会社エムディー様主催の「カンタン経営術」に参加してきました。
私がNLPを学んだトレーナーの一人、椎名さんの会社で講師も椎名さんなので、NLP経由での受講って感じですね。
会場でNLP同期の方にお会いしたりもしたので、受講者の殆どは同じようにNLP経由だったのではないかな~と推測。

とりあえず講座を聴きながらメモ取りしたマインドマップをUPしておきます。
色々乱れてますが、まあ当日のリアリティを感じ取っていただければ・・・とか。









私は経営術や戦略に関した知識をロクに持っていなかったので、大丈夫かな~と思いつつの受講でしたが、その心配はあまり必要なかったようです。
色々な実例や、講師の椎名さんの自社での実体験を交えながらの説明だったので、話の内容をイメージしやすかったです。
ただ椎名さんのトークはとても流動的かつ情報量が多すぎる(嬉しいことですけどもねー)為に、ちょこちょこ着いて行き遅れたりしたのがちょっと反省点です。

中でも面白かったのが、会社の成果は利益ではなく、顧客の変化であるということ。
その例として、化粧品会社の資生堂の例が挙げられたのですが、資生堂は定員(営業部員)の売り上げノルマを廃止し、その代わりに「顧客にはがきで店員の評価を送ってもらう」という仕組みに変えたそうです。
そうしたところ、「モノを売りたい」ではなく、「いかにお客様に喜んでもらえるか」を、店員が自主的に考えるようになり、業績もアップしたとか。
そして、これこそを「マネジメント」というそうな。

そしてそのマネジメントで必要なのが、3つのトライアングル。1枚目のマップの左下あたりに描いてあるのがそうなのですが、
(1)自分の使命
(2)顧客(ターゲット)
(3)顧客のが求めている価値
をまず1から順番に決めることが重要なのだそうです。
この3つを決めると、自然と「成果」(どんな成果がほしいのか)も決まるので、それが4つめ。
そして最後に決まるのが「商品」です。
商品はあくまで上記4つを達成するための媒体であって、まず商品ありきではダメだということですね。

とまあ、こんな話を3時間聞いてきたわけです。
これで一部抜粋ですよ、ものすごい情報量が多すぎて、とてもじゃないけど説明し切れませーん!
NLPの時も思いましたが、つくづく椎名さんは引き出しの多い方です。
それ故に話がぶっとんでいく事も多々なので、順番に話が進んでいかないとイヤな方には苦手なタイプなのかもしれませんけどね~。
私はそのぶっ飛んでいき具合に、いつどんな話題がでて来るやらというワクワクがあるので好きなんですけどね。
椎名さんは色々とNLP他セミナーをされているので、興味のある方は一度お話を聞いてみるのも興味深いかと思います。面白いですよ!







関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。