マインドマップをグループで使うという観点から見る【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





いや~、仕事が立て込むは喉は傷めるはで、少しばかりてんやわんやな日々を送っていました。
11月も終わりますし、12月はいい具合に自分の調整を行いながら過ごしたいものです。

仕事と言えば、私は今マインドマップの研修を企業へ提供する会社(LPRO)にいる訳です。
そこで会社で言われるのが、「こういう側から見ると、今までとはまた見方が変わるでしょ」という事です。
今までと現在の違いというと、
個人のツールとして使ってきた今までと、企業というグループ内で回すことを想定した現在。
そして、マインドマップを外野から見てきた今までと、内側から見るようになった現在。
という二つの面だろうなあと思います。
正直、かなり変わりますね色々と。
まあ、後者の「外から・中から」という視点では変わって当然ではありますよね。ただ、これはマインドマップに限らず、どんな職業・分野であっても同じ事だろうは思います。

重要なのは前者です。
今まで(LPROへ来る前まで、ですね)の私は、マインドマップを個人ツールとして使ってきたわけです。
前の会社でも勤務中にこそこそと描いている事もありましたが、それもあくまでも「個人の仕事を円滑に進めるため」に描いていた訳です。
それが企業研修となると、個人で描く事だけでなく、グループワークが入るわけです。
模造紙をがーっと広げ、それを皆でぐるりと囲み、顔を突き合わせてやいのやいの描くのですね。
ちなみに私は企業研修に立ち会ったことがないので、今のところ写真で様子を窺い知るだけですが。
しかし笑顔で模造紙いっぱいに線を引いて行く姿を写真で見るだけでも、その場の雰囲気を感じることはできます。
LPRO自体でもマインドマップをグループで描いているので、実際に自分でもグループで使う事を実践していますが、とにかく楽しい!そして創造性が高まる!という点に尽きます。

そしてグループでマインドマップを描くのは楽しいだけではなく、組織の関係性が変わる可能性が高いです。
企業研修後のアンケートで「上司など色々な立場の人と一緒に研修をしたい!」なんて事を書く人がいたりもするんですよね~。
普通に考えると、上司と一緒に研修なんて、進んでやりたいもんじゃないと思うんですよね。ましてや自分の意見を述べるなんて、否定されたらどうしよう…なんて思って尻込みしてしまう事が多いですよね。
しかしそれを払拭し、一緒にやりたいと思わされる力がマインドマップの楽しさにはあるんでしょうね。
『成功の循環モデル』というものがあるのですが(詳しくは検索してみてください)、これによると、「結果を変えるには、まず関係の質を上げる事」が必要なのだそうです。
関係の質を変えるに、マインドマップはとても有効なツールなのではないかなあと思うのでした。

と、思ったことをつらつら書いてみました。
まだまだ未熟なので何とも突っ込んだことが書けませんが、企業でマインドマップを使うという点からの話はあまり見掛けないと思うので、ちょっと書いてみた次第です。
もっと知識や経験に基づいて語れるようになりたいものですね~。仕事はものすごく楽しいので、楽しみながら今後は様々な方面から勉強をしていきたいと思います。

---以下雑談
一緒に講座も行っているMMインストラクターの倉橋さんが、1月に箱根温泉で新春合宿を行います。私も参加する予定です。箱根もロマンスカーも初なので今から楽しみ♪
温泉でのんびりおいしいものを食べたり湯につかりつつ、2009年のビジョンを立ててみませんか?
興味のある方は詳細をご覧下さいね!
http://www.jcounselor.net/12tensai/090111.htm

弊社矢吹が講師として立つ12月14日の広島でのマインドマップ講座、まだお席に空きがありますので、近郊の方は是非お越しくださいませ。
グループワークも体験できますので、受講済みの方・企業への導入に興味のある方にもおススメです。
特典のイラスト講座のDVD、誠意制作中です~。
http://milk200ml.blog73.fc2.com/blog-entry-278.html





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。