3,360円で、あなたの広告が劇的に変わる!【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





…という、怪しいタイトルですが、怪しい事業に手を出したわけではありません(笑
この本を買ったので、それを参考にタイトルを付けてみたという訳です。
ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
ダイヤモンド社 [著] ジョン・ケープルズ, [監修] 神田 昌典
2008-09-20 / ---位 /4.5
価格:¥ 3,360 [2008-11-08 Amache]

仕事で何かとチラシや資料の類を作ることが出てきたので、参考に出来たらいいなと購入してみました。
1冊3,360円って結構いいお値段なのですが、しかし購入して正解でした!
これを購入する前と後を比べると、チラシのコピーが劇的に良くなりました。
やたら分厚い本なのですが、難しい理屈をこねくり回すでもなく、本当に必要な情報がぎゅぎゅっと凝縮されています。
それは私がさくさくフォトリをして、その1時間後にはさくさくコピーを修正していた事実が証明しているかと思います。
コピーライティングの本なんて手に取ったのは初めてでしたが、いやはやコピーライティングとはかくも奥深くそして力のあるものなのかと思わされました。
この本を読んでから、電車の中づりに目がいって仕方がありません。
「このコピーはいいな~」「これは正直ちょっと…」とチェックすることで、自然とコピーライティング能力の勉強にもなりますね。

コピーというとやはりチラシでの使用が想定されると思いますが、この記事の様に記事のタイトルやセールスレターでも活用できそうです。
何かしら人に宣伝する事を持ち合わせている方ならば、買っても損はないのではないかな?と思います。
アメリカで絶賛された広告の写真もいろいろと見る事が出来るので、そこを眺めるだけでもなかなか楽しめます。ン十年前の広告でも、コピーというものは色あせないものなのですね~。そもそもこの本自体がず76年前だかに出版されたものなので、それが今も通用するという事自体に驚きです。
売る品がどれほど多様化しようとも、それを売るに効果的な売り文句が然程変わらないという所が面白い!
いかに自分が日頃コピーというものに知らず知らず引き寄せられているのか、という事も改めて考える事の出来る一冊です。

ちなみにこの本は神田さんの原点とも言える本だそうで。
それを知ってから↓の神田さんの処女作を読むと、確かにそうだと分かるので二度おいしいですね。
小予算で優良顧客をつかむ方法
ダイヤモンド社 [著] 神田 昌典
1998-10 / ---位 /4.5
価格:¥ 1,470 [2008-11-08 Amache]

ちなみにこの「小予算で~」もとても役に立つ内容なので、営業職や自営業の方は読む価値ありです。
私もこの本を参考に、これから営業の仕組みを考えなくては!
と情熱を燃やしながら、アイディアを電車の中で煉り練りしていた今日でした。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。