TEFCASモデルをPCレターで【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









トニー・ブザンの提唱する「TEFCAS(テフカス)モデル」というものがあります。
・TRY
・EVENT
・FEEDBACK
・CHECK
・ADJUST
・SUCCESS
という単語の頭を続けて読んで「TEFCAS」です。

自分自身へのインプットも兼ねて、マインドマップを描いてPCレターで説明してみました。
よろしければ是非ご覧くださいね。(プレーヤーのDLが必要です)
http://www.sawonya.com/pcl/hp/080726.pcletter
(PCレターについては公式サイトにて

尚、今回のマインドマップ作成時の参考文献はこちら。
TEFCAS以外にも、メタポジティブ思考の話など、とても学びの多い一冊です。一押しです!
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
東京図書 [著] トニー ブザン
2006-10 / ---位 /3.0
価格:¥ 2,520 [2008-07-26 Amache]

ちなみに「仕事に役立つマインドマップ」にも、TEFCASについて掲載されています。
仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
ダイヤモンド社 [著] トニー・ブザン, [監修] 神田 昌典
2008-05-09 / ---位 /4.0
価格:¥ 1,680 [2008-07-26 Amache]

私は情けないかな、失敗するということを極端に怖がるタイプの人間でした。
同時に、怒られる・叱られる事も、それはもう「ちょっと異常じゃない?」という位に拒否反応がある程で…。
けれどもマインドマップを描くようになってから、そういう思いも随分と軽減されました。
ゼロにはなっていませんが、むしろゼロでないほうが当たり前ですね。若干なりとも怖いと思って当然ではあります。

しかし出来れば限りなくゼロに近づけたいと思うのもまた当たり前なわけで…。
そんな中、先日とある方に「どんどん失敗していこう」と、ポンと背を叩かれたのがとても追い風になりました。
成長は失敗があってこそであり、そして失敗の数を重ねる事で、成長もより加速する、と。
この考え+TEFCASで、失敗というものを「成長への一歩、行動へのフィードバック」なのだと考えられるようになりました。

失敗したら、「よしこれでまた成長できるぞ!バンザイ!」って位にポジティブに受け止められるのが理想ですね~。
ああ、勿論わざと失敗しちゃだめですよ(笑)。努力した結果がそうである事が前提です。
これからは恐れず、どんどん失敗して行こうと思います!



オン・ゴーイングパティオさんの「コーチングでポジティブライフ」のインタビュー音声が上がっていました。
紹介ページなどがまだUPされていないようなのですが、音声は上がっていましたのでそちらを先に紹介しておきますね。
http://portal.podcastjuice.jp/dirretrieval/feed_detail.cgi?categoryid=12&blog_id=3717&slisttart=0
↑からDL出来ます。
不慣れな受け答え聞いてずっこけるのもまた一驚…もとい一興(笑
自分的には楽しんでしゃべってきたので満足です♪
これを聞いた方が、マインドマップとは何ぞや?と少しでも興味を持ってくださればこれ幸いです。





関連記事など

私がフォトリーディング関連で読むブログです。 なかなか、練習がすすまないときなどに「読むと自分もやるぞ」という気になります。 (とりあ...

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。