「夢を生きることが、プロになる条件」【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









今後の自分の目標・ビジョンをざっくりと整理する為に描いたマインドマップです。内容的にちょっとお見せする事がはばかられる部分も多かったので、セントラルイメージ部分の切り抜きのみで失礼します。

ちなみにセントラルイメージのバックに描いている花は「タチアオイ」、花言葉は「大きな志・大望・野心」だそうです。最近花の絵を描くのとが楽しいことと、花言葉がいい感じかも!という内容からセントラルイメージに採用してみました。

さてマインドマップはの詳細は伏せてはいますが、メインブランチ部分で十分大枠は伝わりますよね。
目下の目標はこれ!

 ・マインドマップのインストラクターを目指すべく勉強する!
 ・何かしら出版する!(マインドマップ関連だと尚幸せ)
 ・東京に住める程に仕事をこなしていく!
 ・細々した事を習慣付ける! 

やっぱり色々と状況が変動しても、インストラクターの夢は捨て切れそうにない私なのでした。
目標として具体的な姿があると、その後の行動指針にもなります。なれるかなれないかという問題はさておいて、目指す事・そしてそれを宣言する事は無駄にはならないと思っています。

私は「言ったもん勝ちなので、夢は人に言いまくっておこう」という事をよく言っています。
「夢を語らなければプロにはなれない」と神田先生も本で言っておりました。神田先生のその部分が私のその言葉の根本にあるので、ここでちょっと引用してみます。
引用元はこれ↓、私のお気に入りの一冊でもあるこの本です。
仕事のヒント
フォレスト出版 [著] 神田 昌典
2005-09-21 / ---位 /4.0
価格:¥ 1,260 [2008-06-07 Amache]

この本の第3章、「生き抜くヒント」にある「夢を生きることが、プロになる条件」という項目から、以下引用です。

―――10年前に比べ、人と人とが繋がるスピードが速くなっている。そして夢が実現するスピードが速くなっている。夢や目標を口にすると、本当に実現してしまう。いままでは夢を語るだけでは、プロにはなれなかったが、いまは夢を語らなければ、プロになれない。

この本は2005年出版ですが、この当時以上に今はこの言葉を容易に実感出来ますね。ブログ・Youtube・携帯小説などがきっかけで出版する、という事が当たり前の時代になっています。
私自身もこうしてブログがなければ、今の様な自分の姿はなかったと思っています。インターネットは夢を語る為の舞台としては最適ですね。手軽に不特定多数、全世界に発信出来るなんて素晴らしい事です。

まあそんな事を考えつつ、私は自分の夢をこれからも恥ずかしげもなく宣言していくつもりです。
後で振り返って、「宣言していて良かったな~」と思える日が来るといい!そう思います。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。