「もっと「きれいな字!」が書ける本」をフォトリーディング【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





MM:4/5

 今日も一晩熟成してから朝っぱらから活性化。元々家にあった本です。
もっと「きれいな字!」が書ける本
三笠書房 [著] 山下 静雨
ASIN:4837973272 /文庫/237頁
発売日:2003-04
ランキング&評価:---位 4.0
価格:¥ 560 [2007-04-12 Amache]

 これを普通に読んだ時から、字はちょっと綺麗にはなった・・・んですよね、一応。ただ、マインドマップを書く時のように、時間を掛けずに一気に書く時の字は前のまま癖の強い字ですが。
 とはいえやはりまだまだ癖が強い、お世辞にも美しいとはいえない字を書いてしまいます。ここで改めて、もう一度フォトリーディングして内容を体に植えつけようかと思った次第です。
 
 しかし今回はちょっと失敗したなあ・・・という感の強いマインドマップになってしまいました。本の構成に気を取られて、一つの枝毎に囚われすぎてしまいました。おかげで内容が散漫としてしまった気が。今後の課題を気付かされたという点では良かったのかも?

 さて本ですが、この本自体に書き込むページは全く無く、読むだけの本になっています(練習帳は別に出てる)。綺麗な字を書くためのポイントが絞り込まれていて、改善箇所が分かり易い。まず一つづつでも自分の字に取り入れていけば、その内習慣付いて綺麗な字に変化していきそうな予感がします。
 「永」の字に感じの基本総てが盛り込まれているので、この字が書ければ怖くない!というのは、大事ポイントを思い出す為のトリガーキーとして有効かも。

 ちなみに行書の書き方にも触れられているのですが、少なくとも今の私にはまだ必要ないかなあ・・・。でも、行書をさらさらっと書きこなせると格好いいですよね~。出来る女!って体で。、せめて自分の名前くらいからでも練習するかなあ、と思ったのでした。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。