iMindMap用の素材配布 はじめました【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





本日は、iMindMap日本版の発売日!
店頭販売も行われますし、これを機にマインドマップが更に一般に浸透して行く事を願って止みません。
最近、勝間さんの本の影響なのか、マインドマップとフォトリーディングがささやかなブームになっている様ですね。神戸の書店でマインドマップコーナーが設営されていたのにはちょっと感動。Amazonでも関連書籍がよく売れている様です。
この流行の波に乗って、マインドマップがどーんと広まればいいなと思います。

さて私の方でも、マインドマップの広まりを後押ししよう!という事で、後日iMindMapの製品レビューを公開する予定です。
その前にまずはiMindMap販促の一環として、iMindMap用の素材を配布させて頂きます。

当然の事ながら、iMindMapそのものにも数多くの素材が収録されています。普通に使うのであれば、それで全く問題はないかと思います。
しかし、マインドマッパーとしてはちょっと物足りない!というか遊び足りない!手書きと同じく、もっとマインドマップを弄り倒したいっ!・・・と自分が思ったので、iMindMap用に素材を作ってみました。
初めからiMindMapに使用することを前提に作りましたので、特殊な形になっているものがあります。
百聞は一見にしかず、使用例をご覧下さい。iMindMap上でサイズを変更している素材もあるので、画像が若干荒れているのはそのためです。
ちなみに画像を全部詰め込む事に専念したので、内容のあるマインドマップとしては成立していません。




普通のイラスト素材もあるのですが、ブランチに遊び心を追加出来る素材を色々と用意してみました。
iMindMapにもっと楽しさを付け加えたい!変化を出したい!という方にはうってつけかと思います。
普通のイラスト素材はともかく、特殊な素材はかなり融通の利かない使い方になる為、その点は覚悟してお使い下さい。
始めから使うのではなく、ほぼ完成したマインドマップにプラスしていく形で使うといいと思います。

今回は仕事用のものを多めに入れましたが、今後追加して数を増やしていきたいと思います。
iMindMap自体の正確な画像仕様も不明だったので(この時点で使っているのはβ版なもので・・・)、きちんと分かり次第、仕様に合わせた修正も考えています。

iMindMapはフィーリングだけで十分使いこなせるソフトです。遊ぶ気持ちで弄ってる内に使える様になります。何となくで使える様になる操作感は素晴らしい!ブランチをぐいぐいと伸ばして動かす作業は楽しいです。
素材もその操作感の延長線上で、難しく考えず好きな様に使ってみて下さい。適当に配置するだけでも、随分と印象が変わるかと思います。
使用例を説明しておきますので、参考にしてみて下さいね。

【使用例】
・ブランチ代わりに画像を使う。
この場合、被せる部分のブランチを白色にするといいですね。

・ブランチの上に画像を被せて飾り立てる。
そして画像を被せる場合の特殊な使い方。今回はクローバーの素材が相当します。
上部はブランチにそのまま画像を被せ、下部は適度な場所へ画像を配置します。するとあら不思議、ブランチに画像か絡んでいる様に!となります。
アンチエイリアスの都合上、ブランチの色が薄い・淡い方が、アラが目立たず自然です。

・セントラルイメージとして使用する。
セントラルイメージの文字位置は、改行・スペース・文字サイズである程度調整出来ます。
画像加工ソフトで画像に直接文字を追加してもいいですね。

--------
ダウンロードは以下のページよりお願い致します。
さをん屋.comへ
(515KB)
--------

★セントラルイメージ中心の、素材第2弾はこちらです。





関連記事など

どんなソフトも一長一短あるようですね。 ▼うまくまとめていただいて、参考になりました。 マインドマップ作成ツール比較!iMindMap VS FreeMind | Ko\'s Style ※iMindMapのスピードマップモード(すばやく入力していくモード)ですが、いまいちうまく使えなかっ...
トニー・ブザン氏公認のマインドマップ(MM)作成ソフト『iMindMap』が届きました! Buzan\'s iMindMap日本語版スタンダード・エディション(2008/02/2...

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。