iMindMapの記者発表会に行ってきました【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





★記事を加筆訂正しました(1/30)・本文追加と、マインドマップへのリンクを修正

東京から帰ってきました。本当に帰ってきて間もないのですが、すぐにでも記事にしておきたい!
という事で、まずは簡易的にUPです。

日・月曜と出ていましたが、日曜は純粋に観光。メインディッシュは二日目にありました。
そのメインディッシュ=東京へ行っていた最大の目的、の場で書き上げたマインドマップがこれです。




あっさりしていますが、何分その場で文字を入れて行った状態そのものなので・・・。後で少し手を入れてもいいかなとは思っています。
実は初めて、「人の話を聞いたその場で、それをマインドマップに起こす」という作業を行いました。思った以上にスラスラ描けたので満足♪

さてこのマインドマップを描いた場というのが何だったかといいますと、ズバリ「iMindMapの記者発表会!」です。
具体的には、ITmediaのこの記事にある場にいたということです。少し縁がありまして、一ブロガーとしてこっそりと参加させて頂きました。

iMindMapとは、マインドマップがPC上で手描き感覚にて作成できる、トニーブザン公認のマインドマップ作成ソフトです。
この”手描き感覚で”というのが大きなポイント!ここまでPC上で手描きに近づけられるんだ・・・と驚かずにはいられない操作性の良さです。
発売日は2/22、現在Amazonで予約受付中です!ちなみにDL販売も行われるとの事ですので、お好みでどちらかを選べば良いかと思います。
マインドマップは手描きでないと嫌だ!って人も、一度使ってみればその良さにきっとビックリです。完全手書き派だった私が言うんだから間違いないです。
手描きとPCと、互いに違うメリットがあります。使い分けしていけるのが一番理想の姿かなと思います。



iMindMapの操作性や記者会見の詳しい内容は、
私と一緒に記者発表に同席していた創造マラソン・淺田さんの記事、「iMindMap(トニーブザン公認のマインドマップ作成ソフト)のリリース会見が行われました!」にてどうぞ~。
そして関係者側から、mindmap.jp・伊藤さんの記事はこちら。ネット上メディアのiMindMap紹介記事へのリンク等もあります。

私も後日、操作性等に付いて記事にしたいと思いますが、今日は別内容。
恐らく他の媒体では出てこないであろう、結構どうでもよさげな情報を発信出来るのは私だけ!(笑)
こういう所で他の方との差別化を図ってみます。まあ今更私が言わずとも、大事な部分は淺田さんや他メディアがばっちり押さえていますので、記者会見にリアリティを持たせるための補足記事ということでひとつ。

私が日記として描いたイラストから、iMindMapの記者会見に関するものを抜粋してみました。縮小のせいで文字が読みにくいですが・・・。
その場で勢いのまま描いたのでアレな所もありますが、その時のリアルな感情は伝わるのではないかと思います。














関連記事など

手帳術を研究している人になぜか多いMindMapper。個人的に皆さん同じ検索道

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。