「レバレッジ勉強法」のマインドマップ【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









今日のマインドマップはこれ。「レバレッジ時間術」を以前にまとめているので、レバレッジ第二弾ですね。
以前に読むには読んでいたので、今回は読み直しになりました。

レバレッジ勉強法
大和書房 [著] 本田直之
2007-09-25 / ---位 /3.5
価格:¥ 1,365 [2008-01-25 Amache]


ざっくりと中身を分類すると、「学ぶ対象の選び方」「時間の使い方」「勉強方法」「勉強方法(英語編)」という感じでしょうか。
そして全てにおいて、レバレッジを考える事の必要性を語っています。レバレッジをかけるという事はつまり「少ない労力と時間を投資して、大きい成果を上げよう!」という事ですね。

何に時間を労力を投資するか、つまり「何を勉強するか?」を選ぶポイントとして挙げられているのが以下。
 ★自分はどうなりたいのか? ★自分の性格に合っているか?
 ★継続的なリターンが見込めるか? 
 ★それを知らないことに比べ、知っていることで得をするか?
 ★希少性があるか? ★対象の実情を知っているか?
 ★時流に合っているか? 
資格orリアル寄りか、即効性があるのか遅効性なのか。という観点から、その投資がもたらすであろう効果を分けているのも面白いです。
マインドマップの右の方にある四角がそれなのですが、趣味への投資は「資格・遅効性」寄り、それと相反する「リアル・即効性」寄りの投資とは、仕事や人生に成果が直結する投資。
この図に当てはめると、投資によってどういうリターンを得られるかが想像しやすいかなと思います。

ちなみに本書でオススメされている投資先は、「語学」「IT]「金融」。確かにどの場面でも役に立てる事が出来る要素ですね。
そして語学においては、英語を身に付ける為の学習法についてページが割かれています。
ニッチでいい、自分の興味のある範囲を身に付ければ良し!というところがレバレッジ的かもしれません。
確かに、例えTOEICの点数が芳しくなくとも、自分の畑で英語が使いこなせれば十分です。
興味がある事だと、学ぶ事が楽しくなるという利点もありますよね。

全体通して、今後の私が学びたいと思う方向にマッチングした内容で、非常に役に立ちました。
何かを学ぶという事そのものに無駄はないとは思いますが、人生限られた時間しかありません。
その中で自分の必要とするモノが何かを理解し、何を・どの程度学ぶのかを見極める事が必要ですね。
そういう事の積み重ねが、自分の成功への最短距離に繋がるのだと思います。

しかし読んでいて気になったのは、「レバレッジメモがうんぬん~」とさらっと出てきている事。
一応簡単な説明は入っているのですが、これは「レバレッジリーディング」に詳しいという事なのでしょう。
スケジュールの項目にも、「レバレッジ時間術から勉強法の部分だけを~」的な記述アリ。
これは言うまでもなく、「他の本も読んでね!」って事な訳で。おお・・・流石売れる本は、内容だけではなく売り展開も上手いのでありました。
レバレッジシリーズは、当然どの本の基盤も「レバレッジ」です。という事はつまり、レバレッジというシステムに魅力を感じたら・・・全シリーズ読みたくなっちゃいますよね~。
私は「時間術」「勉強法」「シンキング」の三冊を読んでいるので、残りの本もまた手に取ろうと思います。
しかしこの度気が付いたのですが、レバレッジシリーズって出版社がバラバラなんですね。どおりで装丁が揃っていない訳です。
何か意図があっての事なんでしょうかね?不思議だー。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。