「iknow!」と、マインドマップで国際交流!を妄想【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





英語勉強に関して、「iKnow!」というSNS型英語学習サイトを教えて頂きました。
いやー、これは凄い!面白い!英語学習の新しい形を見た気がします。
学習システムでは、「単語を覚える・和訳する・ヒアリング」三方面を一度に満たせて一石三鳥。
画面構成も見易くレスポンスも問題なし。キーボードのみでの操作もでき、ストレスを感じる事は殆どありません。
そして何より大きいのが、コミュニティの存在です。
他の人と繋がる事で、孤独感無く学習していく事が出来るのはオンラインならでは。mixiでも英語学習コミュはあるのでしょうが、「iknow!」では、全員共通したシステムで学習しているという点がポイントですね。
私も何か書いてみようかな?怪しい文法で綴る英文日記も、ここならば躊躇せずに書けそうです。周りも皆英語学習仲間なので、下手くそな文章を書いていても温かい目で見守って貰えそうなので(笑
今の所有料へ移行する予定も無い様ですし、こんな出来の良いものを無料で提供して頂いていいのでしょうかと思ってしまいます。何ともいい世の中になったものだな~。

英語圏の方の登録者もいる為、この中で国際交流も出来てしまうというのも素敵ですねー!あちらも「ここにいる人は英語勉強中なのね」と分かっているので、交流の垣根が低くなっていると思います。
この機に海外のマインドマップ仲間が出来ないかな~。面白いだろうなあ。言葉は通じなくても、マインドマップさえあれば意思疎通出来そうな気がする!
マインドマップを描くに、「てにをは」をはじめとした文法の類は一切不要です。なので、単語の意味さえ理解出来ればそれなりに簡単な意思疎通は図れる気がしませんか?
iMindMapが発売されれば、PC上でマインドマップを作成する→やりとりする、という事が容易になりますし、マインドマップonlyの国際交流も夢ではないかもしれません。
おお・・・考えれば考える程面白いイメージが広がってきました。
そこで、昨日読んだ「企画塾」の活用練習も兼ねて,マインドマップで国際交流する為には?というアイディアを描き出してみました。




【タイトル(テーマ)】マインドマップで国際交流・並行して、マインドマップを普及する事
【対象】区別なく全ての人。交流や知識を求める人なら尚良し!
【ねらい】国境を越えて、情報等を共有し、交流する
【テキスト(材料)】マインドマップ(IMindMap or 手描き)・webサイト or 文通
【キーワード(キーコンセプト)】文章(文法)が分からなくても、簡単・気軽に国際交流!
【段取り】・メインブランチをテンプレートとしてあらかじめ用意(各語で)・・・そこから自国語でブランチを伸ばしていく
・マインドマップの描き方・・・その都度新しいものを描くor1枚を共有して追加して描いて行く
  →1枚に多国語が入り混じる・相手のマインドマップを自国語に訳してやりとり(語学学習)
・行う人・・・個人や団体・学校ごと。教育の一環として

ざっとこんなイメージを膨らませてみました。別に国際交流に限らず、国内でも流用できそうです。
実際こうやってマインドマップを活用して、色々な国の人と交流出来る時代が来たら面白そうですよね!
ただの妄想もこうやって外に出しておく事で、他の方のアンテナに引っかかって展開する事があるかもしれないので・・・妄想も出来るだけ放出する方向で行きたいです♪





関連記事など

いつもお世話になっているブログ『マインドマップ1年生plusフォトリーディング』のさをんさんから、またまた情報をいただきました♪ (いつ...

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。