マインドマップの本と理想と【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





インフルエンザの予防接種をしてきました。実は自主的に受けに行くのは初めてだったり・・・。変なところに針刺されるんですね~ちょっとビックリ。
後は日々の手洗いうがいに気を付けながら、この冬を越そうと思います。

さて昨日の記事の「マインドマップを全面的に取り入れた勉強法の本がいつか出るといいなあ」から、色々と考えを展開していました。
私には勉強本を書けるだけの実績も知識も足りないので、実績のある方に書いて頂きたいですよね~。世間的に広めるならそれが一番!
にしても、何故今まで出ていなのか不思議です。勉強本ブームだし、十分行けそうな気はするんですけど・・・。
BWJの「教育現場にマインドマップを!」という趣旨を思うと、小中高生向けのマインドマップ勉強本が出ていてもおかしくないと思うんですけどね~。「受験に役立つ!」なんて銘打てば売れそうです。
 
というかそもそも方向性問わず、マインドマップに特化した書籍自体がまだまだ少ない!
マインドマップを一般的に当たり前に使われるレベルに持っていくなら、書籍という形でのアピールは今以上に必要だと思うのですが、何故か少ない。
出版社の食いつきが悪いのか、執筆に時間を割ける方が少ないのが大きいのかも?インストラクターの方は皆さん多忙だと思うので・・・。
今後さらに色々と数も種類も出るといいですよね。まだまだこれからのお楽しみ♪

ちなみに私も「いつかはマインドマップで本を出したい!」という願望があるんですよねー。
私はビジネスシーンでの活用法に精通しておらず、そしてビジネス面で強い方々は既に大勢いる訳です。なので、私はライフスタイルでの活用法で攻めたいかなと。実際その方面で使っている事が9割強ですので。
「マインドマップ日記のすすめ」「マインドマップ手帳術」「マインドマップで夢が叶う!」的なものとかetc・・・。実用経験と効果の程を胸張って語れる様、今後は執筆の事も考慮しつつマインドマップを活かしていきたいですね。

そしてまた別に一つ。
マインドマップで絵本が作りたい!という夢があります。絵本にこだわらずとも、幼児期の教育や家庭にマインドマップを活用出来る様な本を作りたいんです。
マインドマップなら字がまだ読めない子供にも描けるし、イラストだけで描いてあげれば読み取りも可能です。
子供の想像力を育てるのもそうですが、親子・家族のコミュニケーションツールとしてもマインドマップを活用していける環境を作っていきたいです。

神田先生曰く「ひとつのマインドマップを描くたびに、世界がひとつ良くなる」との事。
そして、まさに私が目指したいのもそういう所です。
大局的に言えば「マインドマップで世界平和を!」ですね。冗談のようですが私はかなり本気です(笑)
身近な所で言えば、子供のいじめや自殺問題等・・・こういう社会問題の解決に、マインドマップが活かせる場面があるのではないかと思うのです。
マインドマップインストラクターを目指すという夢を抱いたのも、自分の力を少しでも誰かの幸せに繋げたい!という理想があるからこそ。その理想の為に私が選んだ方法が、マインドマップだったという訳です。
どうせいつかは死ぬのなら、死ぬまでにちょこっとでも世の中平和にして死にたいものですよね~。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。