マインドマップの「絵」の描き方?(1)【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





 
 ありがたい事に私の描くマインドマップに感想を下さる方が多いのですが、その際に良く頂く質問に「絵を描くのが苦手なのですが、どうすれば上手く絵を描ける様になりますか?」という物があります。
 私はただの"絵を描くのが好きなだけの人"なので、こんな質問を頂くのは恐縮な反面、嬉しくもあります。ありがとうございます!
そんな日頃の感謝の意も込めつつ、私なりに「マインドマップを描く時に、うまく絵を描くには?」について書いてみました。ちょっとでも参考になれば幸いです。
 ちなみに普通に絵が上手くなりたい方は、ネット上にたくさんあるお絵かき講座の類を参考にされるといいですよー。プロアマ問わず色々な方が講座を書かれているので、見るだけでも楽しいです。

 さて、上記の質問を頂いた時に必ずお返しする言葉が「上手くなくても楽しく描くのが一番!」ということです。
マインドマップは思考を広げるのに有効ですが、絵の出来不出来にこだわると、その時点で広がりが止まってしまう気がします。"マインドマップを描く"という事自体がストレスになっては元も子もないですよね。幾ら綺麗に描けても、楽しくなくちゃ意味がないなと思っています。楽しくない事は継続するのも苦ですしね。長くマインドマップと付き合う為にも、楽しむことは必須!ですね♪
ちなみに私の場合、マインドマップを描く事そのものがストレス発散になっている場合もある位です。これはちょっと特殊な例かもしれませんが。
 
 そんな訳でして、あくまでも「楽しく描く」を前提として、こうすればいいんじゃないかな?という工夫点を幾つか挙げてみます。あくまでも私の個人的な話なので、そこの所はご了承を。

★画材にこだわってみる
・使用色数を増やしてみる
・様々な種類の画材を試してみる
・画材のデザインを好みの物にしてみる 等々
 画材は色々な方向で楽しめる上にお手軽なのでいいですよー。例えばペンのデザインをシャープで格好いいものにすると、使用するのが楽しくなります。形から入る!的な事ですね。筆箱やノート・ファイル等も、デザイン的に格好いい物いっぱい売ってますし。好きなデザインの物は、眺めているだけでもワクワクしてやる気が出ます。
 そして単純に使用色数を増やす事だけでも、マインドマップがカラフルで賑やかになります。目に鮮やかなマインドマップは、描くのは勿論、後で見返すのも楽しいです。その上色そのもの一つ取っても、原色寄りか淡色か・・・と、色の風合いを選ぶ楽しみがあって奥深いです。
 描くに使用する画材も、ペン・色鉛筆・水彩etcと幅広く遊べます。ちょっと変わった所では、シールやスタンプを使っても面白いかも?ワンポイント的な感じですね。百均に色々売っているので、ちょっと冒険してみるのも一興かと思います。
 ちなみにこの記事のカットにシールとスタンプをちょっと使用してみました。今回使っているのはただの●ですが、シールは可愛い柄・キラキラした物・・・と種類豊富なので、色々楽しめそうですね♪

★字で遊んでみる
 私のマインドマップでもちょいちょいやっている手法です。絵が苦手なら字で遊ぶ!絵より取っつきやすいかと思います。
 太字にしてみる・色を複数使う・模様を付ける・大きさ、並びを工夫する・書体を変わった物にしてみるetc・・・
 簡単な割にインパクトが強まる手法としては、字を明朝体にしてみる事ですかね~。見慣れた字体なので、描きやすいと思います。
 描き方も、一度適当に普通に字を書いて、それにグリグリ線を重ねて肉付けして・・・でササッと描けます。

 長くなったので記事その2に続きます>>>>





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。