「レバレッジ時間術」をフォトリーディング【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









 相変わらず早朝からテンション高く、「レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」をフォトリーディングしました。なかなかフォトリのコツが取り戻せない・・・時間が掛かりすぎてしまいました。


 「レバレッジ」とは<てこ>の事です。てこの原理のごとく、少ない時間で大きな効果を上げることを「時間にレバレッジをかける」というのだそうで。
 ”時間を投資する→時間を増やす→時間資産を作る→複利が雪だるま式に増える→さらに再投資する”・・・のサイクルで、時間資産がどんどん増えるという考え方は、なるほど!の大収穫でした。
 イメージ的には貯金通帳よりも、製造業の設備投資を連想しましたねー。商品を作る為に、新しい機械を購入する。初めは購入費用が掛かりますが、商品を作り出せば利益をもたらす資産になります。その利益でさらにまた新しい機械を買って・・・という感じですね。<機械=投資時間><利益=資産時間>と置き換えれば、何となくニュアンスが伝わりますでしょうか?
 
 読み終えて早速時間を投資して資産を作ろう!と思い、会社でせっせと日常業務のルーチンワークを図っていました。丁度タイミング良くExcelの使い方を勉強していたので、その練習にもなって一石二鳥♪もっとあそこも削れる筈、あれも出来る筈、と考えるのも楽しいです。

 しかし本でも触れられていたのですが、日本の企業って無駄な残業が多すぎますね。生産性が低い。
 定時で帰るのに気兼ねするって変ですよね。「残業をする=頑張っている」という公式は絶対おかしい!むしろ、残業をせずに与えられた仕事を終える人のほうが高く評価されるべきだと思います。
 勿論必要な残業もあると思うのですが、あきらかに必要ない残業をしている人っていますよね。日中はだらだらして、定時を過ぎてからバタバタし出す人。残業代を稼ぎたいが故のわざとの行為なのかな?それで疲れたとぼやかれてもちょっと困ってしまいます。
 残業代という金銭という形あるものに価値を見るか、時間という見えない物に価値を見るかの違いなんでしょうかね~。ちなみに私は断然後者なので、残業は基本的にしません。早く帰った分、時間を自己投資!これからはもっと色々と頑張りたいことも出てくるので、さらに時間の価値の比重が高くなりそうです。目先の残業代より、遠くの大きな目標!です。長い目で見れば、目標を達成した方が金銭的にもプラスになる筈なので、目先の小金に執着する必要はないよなあと思うのでした。





関連記事など

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。