2014年02月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





140207

「マインドマップ」をテーマにして描いたイラストマインドマップです。
「マインドマップのマインドマップ」というところでしょうかね~。
クリックでフルサイズになります。
英語は私の英語力がなくて怪しいので、今後はちょっと検討しよう…。
間違っていたら、こそっと教えてください、こそっと。

今年はこの手のものを、数描いていければなあと思っています。
色々と、やりたいことがあるのです!
Twitterでも色々アイデアを募集できたらなあ、と考えたりもしていますので、
よろしければTwitterの方もチェックしてみてください。
全然関係ないこと(主にゲームの事など)を言っていることのほうが多いので、
フォローはご自由に~。
 →やまもとさをんのTwitter

なお、過去のマインドマップ作品は幾つか抜粋してTumblrにまとめていますので
こちらも合わせてご覧ください。
 →Sawon's Mindmap Art

ついでにFacebookページはこちら。
 →マインドマップ1年生plusライフハック!
スポンサーサイト





先日、「マインドマップを書くとき、
枝の色と、その上に書く文字の色は、同じ方がいいの?違っていてもいいの?」
という質問を頂きました。

コレ、同じでないとダメだとか、違うとダメだとか、
そういう正解不正解はありません。
で、私は通常マインドマップを書くときにどうしているかというと、
同じ色で書いています。

なせかというと、
「同じ色のほうが、”楽”だから」です。

ペンの持ち替えが少ないほうが手間が減って楽ちん

基本的にマインドマップは、
枝と文字を同時に書き進めることが殆どです。
つまり、このふたつを違う色で書こうと思うと、

 ・赤で枝を書く
 ・青ペンに持ち替える
 ・青で文字を書く
 ・赤ペンに持ち替える
 ・赤で枝を書く……

なーんて、ペンの持ち替え作業が頻繁に発生してしまうわけです。
それは、面倒くさい!超面倒くさい!

個人的に、マインドマップはさくさく書き進めていくことが好きなので
この持ち替え作業のせいで、
無駄に手を停める時間が増えてしまうことは避けたいのです。

いい例があったので、
私が昔、いちいち持ち替え書いていた時のマインドマップを引っ張り出してきました。
古いのでちょっと引用するのは恥ずかしくもあるのですが…
2007年頃に描いたものです。クリックで拡大します。

MM:071009

どうでしょう、面倒くさそうでしょう。
昔の私はこの量を描き進めるのに、いちいちペンを持ち替えていたわけです。
どんだけ持ち替えが面倒くさいことかと想像に容易いのではないでしょうか。
今思えばなんでそんな面倒なことをしていたのか、
自分でもよくわかりません…。

文字と枝の色が同じだと、まとまりが見やすい

さらにもう一つ、文字と枝の色が同じ方がいい理由を挙げるとすれば
「色が同じ方が、まとまりが見やすいから」
というものもあります。

これも画像で見てもらったほうが分かりやすいでしょう。
これも、いい例があったので引っ張り出してきました。
これは2009年の作例ですね。同じくクリックで拡大します。

090924_2_2.jpg

ブランチや文字のサイズ、使用している色の差も相まって、
色ごとに、ばしっとまとまりが見やすいのではないでしょうか。

好みや描き方にも左右されることろですので、
必ずしも同じ色でないとまとまって見えない!というわけではありませんが、
マインドマップの内容が複雑になればなるほど、
色で視覚的にまとまりを見やすくするのは効果的
です。

逆に、わざと目立たせるために違う色で描く、
なーんていうことも出来たりしますね。

とまあこのように、ブランチとの文字の色について書いてみましたが、
実際に自分で手を動かして色々試してみるのが一番です。
これじゃないとダメ!ってわけではないので、
自分がしっくり来るやり方を見つけてみるのも楽しさかな、と思いますので、ぜひぜひ。



最近のほしいもの


これが!すごく!欲しいです!
部屋に置いて楽しみたい…。





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。