2012年10月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





121031

人に何かをしてもらう、というのは
基本的には「プラス評価」になるものです。

まずゼロ基準があって、なにかしらのアクションに対してのプラス評価。

けれど「なにもしてくれなかった」という、
「アクションがない」ことに対して「マイナス評価」を行なっている
なんてこと、結構あるのではないでしょうか。

特にそれが明確に現れるのが、ネット上での立ちふるまい。

TwitterでのメンションやRTを「してくれなかった」、
Facebookでのいいねやあいさつを「してくれなかった」、
ブログへのリアクションを「してくれなかった」。

「してくれたので嬉しい」であるべきところが、
「してくれないので腹が立つ、ガッカリする」に摩り替わってませんか?

ずいぶん以前の話ですが、mixiで
「私の誕生日なのでお祝いのメッセージを送るように。
メッセージがない人とは、友達を切ります」 と言っていた人を見てから、
「祝うことをプラスと見るのではなく、
祝わないことをマイナスと見る人がいる」ということを
何かのおりにつけて思い出します。

「何もないことをマイナス評価」することが癖になると、
相手への不信感が高まったり、
裏切られたという勘違いをする原因になったり
と、ろくなことしかありません。

しかも、プラスなことをしてくれた人のプラスすら、
「それが当たり前」と、プラスでなくゼロにしか見えなくなってきます。

そうすると、常に見えるのはゼロかマイナスだけになり、
プラスすら見えなくなってしまうのです。

ああ、自分今そういう傾向があるかも…と思ったら、
ちょっと意識を変えるように気をつけたいですね。

最近読んだ本

とてもいい本です。
読んだ勢いで、体重計までぽちっと買ってしまい…。
結果が出始めたら、レビュー書きたいですね~。

スポンサーサイト





さをん屋.comの、アイコン作成ページを更新しました。
これまでの作成事例の一部を掲載しています。

アイコン作成いたします -さをん屋.com
ブログやTwitter、名刺など 場所を問わずご利用いただける『アイコン』の作成を承っております。

「こういうアイテムを入れて欲しい」から
「こんな感じの雰囲気がいいな~」まで、
具体的なご希望から、漠然としたご希望まで
なんでもお受けしています。

そういう、「なんとなくこんな感じがいいかな?」から
アイコンを描いて行く作業は、とてもワクワクします。
本の挿絵を描く作業にも近いワクワクですね~。

完成までの修正回数にも際限など設けていませんので、
ご希望に添えるところまで何度でも調整して行くことが可能です。

アイコンに個性を持たせたい!
自分だけのアイコンが欲しい!などなど、
ご興味あるかたはぜひご利用くださいね♪






121027

最近は、セミナー開催後に参加者の声をまとめてくれる主催者の方も多いです。
私も、以下のようにまとめています。
そこから他の方にブログを読んでもらうことも増えます。

セミナーに参加したら、 短くてもいいので
参加の感想をブログに公開アウトプットすることをおすすめします♪

「セミナーに行ってみよう講座」参加者のご感想まとめ - NAVER まとめ
「セミナーに行ってみよう講座」の参加者の方の声をまとめています。 ...
「セミナーに行ってみよう講座」の参加者の方の声をまとめています。


しかし、
「よし、ブログに感想を書くぞ! でも、何を書こう…何を書いたらいいの?」
となることは、少なくありません。
そんな時のためのヒントを今回は少し。

立場によって、書いて欲しいコトが異なる

セミナーの感想ブログを読む人は、ざっくり分けて四者存在します。

(1)セミナーに参加しなかったが、内容に関心がある人
(2)同じセミナーに参加した他の参加者
(3)セミナーの主催、講師側の人
(4)自分自身

そしてそれぞれ、
「参加の感想に書かれていると嬉しいコト」が少し異なります。

なので、
「セミナーの感想を、誰に向けて書きたいか?」を想定して感想を書くと、
感想に書かれることも変わってくると思うのです。

私がそれぞれの立場である場合、どんな内容が読みたいと思うか。
それを簡単に整理してみました。

セミナーに参加しなかった人は「内容を知りたい」

(1)セミナーに参加しなかったが、内容に関心がある人

セミナーの内容に関心があるので、
書かれていて嬉しいのは「セミナーの内容に言及したこと」。

どんな話があって、どんなことを学んだか。
何が大事だったか?何がポイントだったのか?
いわゆるレジュメ的な内容だと嬉しいですね。

主に、「間接的に学びを得たい」というのが
感想を読む目的となっているわけです。

セミナーに参加した人は「内容と場の空気を振り返りたい」

(2)同じセミナーに参加した他の参加者

参加して、同じ内容を見聞きしてはいたけれど、
内容を見返したいだとか、漏れの補完がしたい
という要望はあるので、
先の「参加しなかった人」と同じく
「セミナー内容のまとめ」は喜ばれます。

それとはまた別に、ここに当たる人に喜ばれるのが
「当日の空気、盛り上がり、熱意」についての記載です。

こんなハプニングが!だとか、
こんな人と会って嬉しかった!だとか、
ワークやプレゼンでこんなに盛り上がった!なんてことなど。
自分のことが書かれていたら嬉しいし、
そうそう、こんなことあったよね!という共感もわくわくします。

なおこの盛り上がりについては、不参加者であっても喜ぶ人がいます。
それは、セミナー参加者や主催側に親しい人が存在する場合。
あの人がこんなことを、だとか、
「その場にいた人」の動きを見ることを楽しめる人、ですね。 

主催側は「あなた自身の感情、変化、結果が聞きたい」

(3)セミナーの主催、講師側の人

ここは少しまた、喜ぶポイントが変わってきます。
話した内容を書いてくれるのももちろん嬉しいですが、
さらに嬉しいのは
「参加して何を感じたか、どう変わったか、何が起こったか」という部分。
つまり、「あなた自身にしか分からない、書けない感想」です。

メンタル寄りな感想は、その人自身にしか書けないことです。
そして参加者は、
何かしらの変化、結果を求めてセミナーに参加していることが殆どなわけで、
主催者もそれを伝えたくて話していることが殆どです。
なので、その部分に触れてくれることはとても嬉しいし、
まさにそれこそが最終的に欲しい声であるのです。

ただこの辺りは、主催者によって様々ではあると思うので、
「私の場合は」という前書きをつけておきましょう。

自分自身は「全てが必要」

(4)自分自身

そして最後に、自分自身が嬉しいこと。
それは「先に挙げたもの全て」です。

セミナーの内容はもちろん必要だし、
その場の空気や盛り上がりのことも、記録しておきたい。
そして当然、変化や結果も残しておきたい。

でもそれだったら、ブログに書かなくても、
自分自身の日記だけに留めておけばいいんじゃない?
いえいえ、そんなことはありません。

それらをブログでオープンに公開するからこそ、
「他の参加者」「参加しなかった人」「主催者」が、
あなたの感想、声を知ることができる
のです。

自分のために書いたことが、結果的に誰かの役に立つ。
だからこそ、ブログでオープンにする価値があるのです。

自分自身が嬉しいことをひとつ最後に加えるならば、
「自分の書いたことが誰かの役に立つことが嬉しい」
なんてところでしょうかね。

感想をどんどんブログにアウトプットしていこう!

ここに挙げたのは、あくまで私の主観です。

ブログに感想を書く際、誰に何を伝えたいか?
参加者なのか、未参加者なのか、主催者なのか?

それを最初に意識すると、書く内容が変わってきます。
それは、どれが正しいという意味ではなく、
自分が何を誰に伝えたいのか?を考えて書いてみるのもいいよ、という話です。

欲張って全員に向けて書いてもいいし、
そりゃ量が多すぎて無理だと思ったら、一点集中でもいいのです。

話の内容をまとめるだけが、セミナーの感想ではないのです。
そう思うと、感想を書くハードルが少し下がりませんか?

あなたの感想を待っている人がいます。
ぜひ、セミナー参加後は感想を書いてみてくださいね♪

お知らせ

今後のセミナー開催予定は、以下のとおりです。
ぜひあなたの参加をお待ちしております♪

■富山 11月23日 セミナーに行ってみよう講座in富山
2012年11月23日(14:00~17:00 (3時間))
■東京 12月2日 セミナーに行ってみよう講座in東京
2012年12月2日(13:30~16:30 (3時間))






2012年2月から、回数を重ねてきた「セミナーに行ってみよう講座」
東京、大阪と開催してきて、
来月11月に、富山での開催が実現しました!

11月23日 【セミナー初心者向け】セミナーに行ってみよう講座in富山(富山県)
誰でも気軽にセミナーに参加できるようになることを目的とした 【セミナーに行ってみよう講座】です。

協力者あってこその富山開催です

今回の富山開催は、「すみっこの記」の、ゆのきさんが
「富山での開催を!」と働きかけて下さったことで実現しました。
ゆのきさん、ありがとうございます!

トンネルを開けたいならまず最初のひと掘りから。地方進出を目指します - すみっこの記
では、「地方」に向かってトンネルを掘るのは誰であるべきか?それはきっと、あの地方の閉塞感に耐え切れず逃げ出してきた私であるに違いありません

このように、
「ぜひ私の地方でも!」とお声掛けいただければ
開催を実現させることも可能ですので、
ご興味ある方はぜひご相談ください♪

特別割引あります


今回、富山初開催を記念して
普段はお一人あたり4,000円の受講料を、特別割引いたします♪

★ペア割★お二人で申し込めば、
当日お一人500円キャッシュバック!
(お申込み時にペアの方のお名前をご記入ください)

★全員割★さらに、参加者が15名以上なら当日500円キャッシュバック!
さらに20名満席なら1,000円キャッシュバック!

※お申込み時のお振込み金額は、一律4,000円となります。

ぜひお友達とお誘い合わせの上、ご参加ください!

11月23日 【セミナー初心者向け】セミナーに行ってみよう講座in富山(富山県)










121022

アシタノレシピにて、
Webでマインドマップを無料で学ぼう! 」というエントリを書きました。

Webでマインドマップを無料で学ぼう!
マインドマップを学ぶには、書籍を読んだり、講座に参加したりと 様々なルートがあります。 その中でも今回は、「マインドマップを無料で学べる」モノをご紹介します。

書籍もいいけどWebもいいよね

世の中、マインドマップ関連書籍はたくさん出ています。
過去にこんなエントリも書いています。

目的別!マインドマップおすすめ本5選(本文写真付き)
私の本棚から 「目的別オススメ マインドマップ関連本」をピックアップしてお届けします!


しかし、書籍では実現できないことを、Webでは実現できます。
例えば動画などは、webで即アクセスできる利便性がありますね。
画像アーカイブの逆引きなんかも、webの利点。

既に書籍で学んでいる人も、
Webでプラスアルファを学ぶと、
より一層マインドマップについて深く知ることが出来るのでオススメです♪

とはいえ書籍もやっぱりいい

とはいいつつ、やはり書籍にも利点はあるわけです。
電車の中で読めるとか、
一冊という中に綺麗に情報が収まっているとか、その他色々。

Webがあれば書籍はいらない、書籍があればwebはいらない。
そういうのではなく、
webで足りないところは書籍を、書籍で足りないところはwebを。
そういう相互補完で活用できるといいですね♪






PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。