2012年09月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





120924第8回 No second lifeセミナー」にスタッフとして参加してきました。
今回のテーマは「普通のサラリーマンが自由なフリーランスになる方法」!

改めてブログに書こうかとも思ったのですが、
当日、立花さん(たちさん)の講演を聞きながらツイートしたものが
ライブ感のある感想になっていてよさそうだったので、そのままぺたりと貼ってみます。

なおツイートの内容は、たちさんが話したことそのままというわけではなく
私の所感であることを前置きしておきます。

フリーランスが幸せなのではなく、自由が幸せなのだと思う

私はフリーランスではないし、なる気も今のところはありません。

私は「フリーになれば幸せになれる!」という、
「無責任なフリーランス幸福論」が、はっきり言って好きではありません。
それは、フリーが好きではないという意味ではなく、
リスクを語らず、無責任にフリーを勧めることが好きではないということ。

言うなれば、「自分が幸せでも、周りを不幸にする独立」が、私は好きになれないのです。

今回はフリーランスにおけるリスク部分をかなり赤裸々に突っ込んでいたこともあり、
地に足のついた話だという印象を強く受けました。
たちさんが途中で言っていた「ファッションノマドはクズ」なんていう強い言葉も、
その印象を強める理由になったように思います。

フリーランスになることが、幸せなのではないのです。
そこを履き違えてはいけないですね。

次回は11月17日、テーマは「ダイエット」!

東京での第9回NSLセミナーは、11月17日。
テーマは「ダイエット」!ダイエット…永遠のテーマ!今からとても楽しみです♪

No Second Life
立花岳志のブログです。人生は一度だけ。二度目の人生はない。だからこそ一度だけの人生をしっかり生きたい。




セミナーに行ってみよう講座「10/8大阪」「12/2東京」 開催します

■セミナー・勉強会参加をしたことがないけど、行ってみる勇気が欲しい
■参加したことはあるけど、まだまだ不慣れで参加するのに勇気がいる

そんな人が気軽にセミナーに参加できるようになることを目的とした
「セミナーに行ってみよう講座」、大阪と東京で開催予定です♪

→詳細・お申込みはこちらから

スポンサーサイト





120921

最近つくづく思うのが、
「何かを始めるより、今やっていることを止めることの方が難しい」ということ。

止められない理由は、自分と他人に存在する

止められない理由にも、大きく2つあると感じています。

本人のモチベーションが足りないなどの、自分自身の問題。
これは容易に想像がつきますよね。
タバコをやめたいけどついつい…なんてのはコレ。

そして実はもうひとつ、他人の反応・変化が怖いという理由もあるように思うのです。
タバコをやめたいけど、やめたら喫煙室でのコミュニティが出来ないから…
なんてのはこっち。

自分のことなのに、他人のことが気になって止められない。
不思議な事に、こんなことはたくさんころがっています。

いいことでも、止めるべきものもある

また、タバコなんかは
「悪いものなので止めなければ」という考えも至りますが、
「いいことなのだけれど、止める必要がある」ものもあります。

例えば、
「習い事は楽しい。でもそっちに時間をとられすぎて、
本当にやりたいことに時間を割けていない」なんてとき。

この場合、止めるべきは「楽しい習い事」。
そして得るのが「やりたいことに割く時間」。

いいこと、楽しいことでも、
それを止めないと次のステップに進めない、なんてことがあるのです。
しかし、なまじいいこと、楽しいことだから、
止めないと次に進めないと分かっていても止めれない…。

ひとつやふたつ、心当たりがあるのではないでしょうか。

ちなみにこのとき、習い事を止めるときに障害になるのは、
「楽しいことを止める決断を下せるか」という自分の問題
そして
「習い事を止めると、そこでで会う人と疎遠になるかも…」という、
他人の反応・変化が怖いという問題
ですね。

止める決断をしよう、止めて次に進もう

今、止めないことが足かせになっていること(いい悪い問わず)はないか。
そこを、いかに断ち切って止められるか。
止めることで、次のステップに進む勇気を持てるか。

それを意識するようになると、
「止めるということ」の難しさ、そして大事さが見えてきます。
何かを止めると、そこに新しいことが生まれ、創られます。

私も少しずつ、いろいろなことを止めていこうとしている最中です。
あなたもなにかまずひとつ、止めてみませんか?

<止めたこと 一例>

RSSでブログ更新をチェックしない、という選択 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】
先日、自分がRSS登録している内容をすべて見直し、 登録件数を20件ちょっとまで減らしました。
 


10/8セミナーに行ってみよう講座in大阪 開催します

■セミナー・勉強会参加をしたことがないけど、行ってみる勇気が欲しい
■参加したことはあるけど、まだまだ不慣れで参加するのに勇気がいる

そんな人が気軽にセミナーに参加できるようになることを目的とした
「セミナーに行ってみよう講座」、大阪初開催です!

10月8日 【セミナー初心者向け】セミナーに行ってみよう講座 in大阪












以前にも告知をした、板橋区でのセミナー
大人だって夢を語ろう!~あしたの「私」を見つけるレシピ~」。

第3回の講座のうち、第1回は参加者として、
そして締めの3回目には講師として参加をしてきました。

今回の講座、企画からずっとご協力をさせて頂いたのですが、
企画の時点からとても自分自身に新しい発見がたくさんあり、
本当に携われて良かった!と思える講座でした。

「個人の夢」は「社会の夢」に繋がっていく

講座内容としては、
・それぞれが個別に「大人になったら何になりたい?」という夢を創る
・みんなの夢を話してもらい、私がそれをホワイトボードにまとめる
という流れでした。

最初は個人のワークで創りだした「個人の夢」でした。
しかしそれをホワイトボードにまとめていくうちに
いつのまにか他の人の夢に繋がって行くのは、とても楽しい体験でした。

自分の夢は自分のためのものだけではなく、
そして身近な人のためだけでもありません。
今回講座の参加者として集まったとはいえ、結局のところは「見知らぬ他人」。
しかしその「他人」とも夢が繋がっていくのです。

それはつまり、「個人の夢」は「社会の夢」に繋がっていくということ。

あなたの夢はあなただけのものではなく、
そしてまた他人の夢は、あなたのためのものでもある
のです。
夢を作ることは自分一人で出来ても、夢を叶えるのは一人では出来ないことが殆どなのです。

夢を語るって、とっても楽しい!



また、「夢を語ってみてどうだった?」という感想も
参加者のみなさんに話してもらいました。
すると、色々出てくることでてくること。

夢を語ることは、自分への言い聞かせになります。
ワクワクする気持ち、自分への刷り込み。
そしてそれと同時に、人の夢を聞くのも、大きなエネルギー源となります。

夢について考えるだけでも、自分が幸せになっていきます。

ミーティング中に、企画メンバーの方が言った言葉が印象的でした。

『「幸せ」は日常会話で気軽に使うけれど、
「夢」という言葉を使うことが大人になってからなくなった』

みなさんはどうでしょうか?

今回の講座で参加者の皆さんには、夢を語る楽しさを知ってもらいました。
講座の中だけで終わらず、
明日からの生活の中で夢を語っていってもらえればなと思います。

「家庭の夢」より「自分の夢」

終了後に企画メンバーの方から言われたこと。
今回の3回講座の中で1回目、2回目は
「自分の家庭」のことについて語る人が殆どだったそうなのです。
参加者の方がみんな女性であり、家庭やお子さんを持っている方ばかりであったから。

しかし私の担当した3回目では、家庭のことは殆ど出て来なかったのです。
皆の口から出てくる夢は「自分のこと」。
「自分がこうなりたい」「自分がこうしたい」「自分はこう思っていて…」

この違いは、私が担当したことも大きな理由であったと言って頂きました。
私自身、もちろん家族のことを大事に思っているし、
家族のことを幸せにしたいという夢だって持っています。
けれど私の指すところの家族というのは「自分の親兄弟」なのです。
独身の私には、「自分の家庭」について語ることが出来ない。
想像で語ることはできるけれども、それはあくまで想像の世界。

そして私自身の持っている夢も「”自分が”幸せであること」と
言ってみればとても自己中心的な夢
です。
家族の幸せも、自分の幸せのために必要だから、願うのです。

ワークのテーマも「大きくなったら何になりたい?」と、
「自分自身」にフォーカスする内容
で進めました。

その結果、「家庭」について出てくる夢ではなく
「自分自身」がどうしたい?どう在りたい?という視点で
いろんな夢が出てくる
こととなりました。

普段は家庭の中にいて、
自分のことを語ることが減りがちな参加者の方たちには、
とても良い方向に進められた講座であったと思います。

「大きくなったら何になりたい?」

今回の講座を企画していく中で、
大きく自分の「夢」に対する見方が変わりました。

さて、私の「大きくなったら何になりたい?」はなんだろう?
これからじっくりと、考えていきたいと思います。






120916

アシタノレシピにて、このようなエントリを書きました。

マインドマップを身につけたい人へのヒント3つ
「どうすればマインドマップを身につけることが出来ますか?」 私がよく聞かれる質問のひとつです。

マインドマップを身につけると「考えない」ことこそが真理

エントリでも書いていますが、私は
「マインドマップを身につけよう」と考えたことがないのです。

いや、過去のブログやらでそういうことを書いている可能性はありますが、
少なくとも「マインドマップを身につけるぞ!だから○○するぞ!」
と考えた記憶は全くありません。

ただただマインドマップを描くことが楽しく、
そしてその効果の虜になり、
描いて描いて使いまくっていた結果が今です。

本質的なことを考えると、
「マインドマップを身につけよう」と考えているうちは、
マインドマップの「見た目」に捕らわれている
のかもしれません。

マインドマップの本当の力は、あの見た目のもう一歩先、
マインドマップ的な思考、放射思考、全体俯瞰にこそ存在する
と思っています。

私はそれに無意識に気が付いていたから、
「マインドマップを身につけよう」と考えることがなかったように思います。

なので「マインドマップを身につけよう」と考えているうちは、
マインドマップを本当の意味で身につけるのは難しい
のかもしれません。

考え方を変えるには「描き続けること」しかない

ですので、こう考えを変えてみてはどうでしょう。
「マインドマップを使いこなす」ではなく、
「マインドマップ的な放射思考を身に付ける」と。

こう考えることで、
「書きあがったマインドマップ」のイメージに引きずられることも少なくなり、
「マインドマップの効果を得る」ことに焦点を当てられるようになります。

こんなことを先のエントリに書きましたが、
といってもそうそう考えを切り替えられるものではないでしょう。

結局、この考えが腑に落ちる段階に至るには
「マインドマップを描き続けること」
しかないのかもしれません。

描き続けるのは大変ですか?
でも、身につけるってそういうことです。
身につけたら、ずっと描き続けることになるのですから。
義務ではなく、自らの意思で、ですけれどね。

描き続けるには「楽しむこと」

なんだかんだ、最後はここに至るのです。

楽しくなければ続かない。
楽しめないことは身につかない。
楽しくないことを無理強いしても、使いこなせない。


マインドマップって楽しいな、面白いな。
そんな気持ちになれば、描き続けることも、身につけることも、楽勝です。

楽しんだ者勝ち!
気負いせず、楽しくマインドマップを描きましょう!






prof_mm_1209

久々に、プロフィール用のマインドマップを更新しました。
クリックで拡大画像を表示します。
内容はシンプル目にしつつ、ちょこちょこ遊んでみたり。

しかしどうしても画像をスキャンすると、
淡い、薄い色合いは綺麗に出ませんね~。
ちなみに実物を写真で取るとこんな感じです。

120914

しばらくイラストガリガリなマインドマップを描いていなかったのですが、
またぼちぼち描いて行きたいな~と思っています。
やっぱり好きなんですよねえ、この手のを描くのが!






PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。