2012年07月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





120731

本日、私がイラストカットを描きました
「たのしい開発 スタートアップRuby」が発売になりました!

非プログラマな私ですから、本書の想定読者ではありません。
しかしそんな私が読んでも、Rubyのコミュニティやその文化など、
「Rubyに関わる人」という部分について書かれた箇所は
どのChapterも大層面白かったです。

技術を育てるのは「人」

同じ方向を向いた仲間とたのしく開発をするということに植えていた筆者にとって、Rubyistはずっと探し求めていた仲間そのものです。
たのしい開発ができる理想の会社を探したら、そこではRubyが使われていました。そして職場やコミュニティを通して多くのRubyistと出会い、今もたのしい開発を続けています。

-Chapter11 「たのしい開発」の答え より

本書後半では、コミュニティの話や企業へのRuby導入事例などについて書かれ、
そして最後の章で、タイトルにもある「たのしい開発」の答えが書かれています。

その部分を読んで私が感じたことが以下のツイートです。


私はRubyの、プログラミングの世界を全く知りません。
しかし本書を読んでいて思ったのは、
「どんな技術であれど、コミュニティがその技術を育てていくのだ」ということでした。
それはプログラミングに限らず、
私がいる界隈、例えばライフハックであったりマインドマップであったりも同じこと。

「Matz is Nice So We Are Nice」
こんなフレーズがあるそうです。
これは「Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏がいいヤツだから、
我々もいいヤツなんだ」
といういうような意味だとか。

これは、「自分が好きなこの技術が好きな人だから、きっとこの人はいい人だ」
ということにも繋がるのかな、と思いました。

そういう意識が繋がりを産み、コミュニティを成長させ、
結果的に技術を育てていくことになるのでしょうね。

Rubyな人にも、そうでない人にも

この本は、Rubyというプログラミング言語について書かれた本ではありますが、
ひとつの技術の文化と、そこに生まれるコミュニティ、
そしてそれを扱う人の成長について
など、
とても興味深い内容が満載でした。

単純な技術書としてではなく、
読み物として楽しむことが出来る一冊であると思います。

Rubyに限らず、様々なシーンで適応できる部分もとても多く、
今後の私の活動へのヒントをたくさん得ることができました。

これからRubyというものに触れる人はもちろん、
開発をたのしみたい人、コミュニティの活用に興味ある人
などに
オススメしたいです。

今後、長く読み続けられる本になってくれればいいな、と思います。
この本に、挿絵という形で関われて良かったです!
スポンサーサイト





120730


ネガティブ思考、好きですか?嫌いですか?

例えネガティブな自分が嫌いでも、
「ネガティブ思考はダメだ」と考えること自体がすでにネガティブ。
ネガティブ思考を否定することこそが、ネガティブの根源になりかねません。

ネガティブ思考を嫌うのではなく、
愛してあげてはどうでしょうか。

ネガティブ思考も、あなたを形作る大事なものです。
24時間365日ポジティブなことしか言わない人よりも、
ネガティブな部分も見せる人のほうが、私は共感を覚えます。

誰しもネガティブな部分を持っているもの。
ネガティブ思考があるからこそ、ポジティブ思考もまた輝くのです。

突き放すのではなく、抱きしめる。
嫌うのではなく、愛してあげる。

ネガティブ思考へのそういうアプローチもありかな、と思う今日この頃です。






120728

今日はNo Second Lifeの立花さん主催「第6回No Second Lifeセミナー」に
いつもながらスタッフとして参加しておりました。
今回のテーマは「普通のサラリーマンが出版する方法」。

今回は、「OZPAの表4」のOZPAさんのオープニングセッション、
そしてたちさんの話とワークへ、という流れでした。

本を出したきゃブログ書け

ブログのエントリで見初められて出版したOZPAさん、
ブロガーとして活躍しつつ、出版の企画を持ち込み出版したたちさん。

それぞれ出版までのフローに違いはあれど、
「ブログが出版への強力な武器となり、筋力づくりの場となっていた」
点に違いはありません。

二人揃って「ブログ、とにかくブログをやることだ」と
口を揃えて言っていました。

ブログ自体が出版のための自己PRになることはもちろん、
「ブログを書くことも出来ない人が、本になるだけの量の文章が書けるのか」
ということもあるわけです。

私自身、ブログがいかに「自分の夢を叶えるツール」としての力添えとなるか、
ということを実感しているので
この言葉には大いに頷くところです。

ブログを書くことで自分の文章筋力を鍛えつつ、
ブログを通じて自分の存在と価値をアピールする。
一石二鳥ですね。

この時代、出版したいならブログは必須と言っていいのかもしれません。

出版は人脈ビジネスである

「出版は人脈ビジネスである」とは、たちさんの言葉。
これも、頷く言葉でした。

というのも私自身、自身で出版したわけではないですが、
イラストを書籍に描くという形で出版に関わっているわけです。

そしてこの「書籍へのイラスト提供」がまさに、
人脈からチャンスを頂き、やらせて頂いたことだからです。

一番最初に挿絵を描いた「つまみ食い勉強法」は、
著者の一人、渋川さんから「ぜひに」と声掛けいただいたのがきっかけ。
二冊目の「クラウド「超」活用術」も、
著者の北さんから声を掛けていただいての話でした。

そしてさらに一冊目で培った、技術評論社の編集さんとの繋がりから、
フリーペーパーのイラストカット作成や、
先日出版された三冊目の「スタートアップRuby」への挿絵提供に繋がっているわけです。

つい忘れがちですが、
出版は出版社にとっては「ビジネス」であるのです。
それならば、その際に「信頼関係」が求められることも重々理解のできることです。

「本を出したいならば、人脈を築くこと」。
といって、出版者の人や、著者といった人と繋がらなければ意味がないわけではありません。
どこから、どう人脈が広がるかなんて、わからないものです。

私にしたって、上記で上げた著者お二人とも
知り合ったときは本なんて書いてないときでしたからね~。いや懐かしい。

私の目標は「日本一のプログラム言語イラストレーター」

はてさてそれで、私は「出版」をどう考えてるか?ということ。
私も一応、サラリーマンですからね。

そのうち、というのがなくはないですが、
それとは別にやりたいと思っていることがひとつ。

それが
「日本で一番数多くの”プログラム言語”の書籍のイラストを描いたイラストレーター」
を目指してみたら面白いんじゃないか、ということ。

不思議と私はプログラマ界隈と御縁があることもあり、
「これが達成出来たら、相当おもしろいんじゃないか?」
と、先日ふと思ったのでした。

とりあえずRubyは達成したので、あとは…お待ちしています、ということで(笑)

こういう「叶えたい夢」をブログで書くことも大事なことで、
夢をアピールすることがイコール出版に繋がることもあるのです。
言って叶わなくても、損はしないのだから言ったらいいのですよ、ええ。

言ったもん勝ち、やったもん勝ち!
そんな気迫と情熱を感じた、NSLセミナーでした。






凝りもせず、Python Developers Festaにて3回目となるプレゼンをしてきました。
過去のプレゼン時のエントリはこちら。

【1回目】 Python Hack-a-thonでマインドマップのプレゼンをしてきました
【2回目】 「女性にモテるためのIT系男子的部屋の片付け術」プレゼン資料

今回は、私が定期的に開催している
「セミナーに行ってみよう講座」をヒントに内容を展開しまして、
「勉強会を成長させる参加者になろう!」というタイトルとなりました。

「セミナーに行ってみよう講座」 セミナー・勉強会初心者マークのあなたに送ります
気軽にセミナーに参加できるようになることを目的とした 【セミナーに行ってみよう講座】を、定期的に開催しています。

参加する人も、開催する人も成長するセミナーを


そもそも「セミナーに行ってみよう講座」は
参加したいけれどなかなか勇気が…という方を想定に始めたものではありましたが、
実際に開催していくうちに、
単純に「セミナーに参加してみたい人」だけの利にとどまらないな、
ということに気が付いたわけです。

セミナーに参加してみたいと思っている新しい人、
今、既にセミナーに参加している人、
そして、セミナーを開催している人。


セミナーに参加する人が増えること、
そして、セミナーを成長させる参加者、という意識が生まれることで、
これら三者すべての人が、ぐるぐると循環して成長していけるな~と思ったのでした。

ということを、ふんわりプレゼンしてみました。

下記に実際に使用したプレゼンを置いてますので、
興味のある方はどうぞ御覧くださいな~。
例によって例のごとく、Preziで作成しましたよー!









120727
気が向いた時にやってくるTwitterピックアップです。
気まぐれに反応が多かったものや、気になったものなどをランダムに…。






PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。