2012年05月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





120530

私がマインドマップを使い始めて数年になります。
その間、一度たりとも「マインドマップ止めようかな」なんて思ったことはありません。
もっと正しく言えば、止めるという選択肢が浮かんだこともありません。

今はもう、マインドマップを使おう!とわざわざ思うことはなく、
自然に必要あれば使うという、
自分の行動の一つとして組み込まれています。
いちいち、「よし、このノートは箇条書きで取るぞ!」なんて思わないのと同じですね。

さてさて、世間には、
マインドマップなんて別に必要ない、無駄なものだ、なんて声も、
当然ながらありますね。

そういう人に私はマインドマップを押し付ける気はさらさらありません。
合う合わないはあって当然ですし、
その相性を捻じ曲げようと苦心するのはお互いしんどいだけ。

なのでマップを人に押し付けはしませんが、
「マインドマップ使うと楽しいよ!」は、言います。
私が、心から楽しいと思っているから


何故私がマインドマップをいろんな人に知ってもらい、
あわよくば使ってもらいたいなあと考えているかと言うと、
単純に「楽しいから」に他なりません
効果から勧めることも勿論あるけれど、楽しいことがまず第一!

私の情報発信がきっかけで、
マインドマップって楽しいな、便利でいいな、
と思う人が一人でも増えたなら、
その人の人生に楽しさをプレゼント出来たことになります
それは私にとって、とても嬉しいことなのです。

楽しさに続くであろう扉の鍵を、私はあなたの手の届くところに置きに行きます。
その鍵を受取拒否するもよし、
扉を開けて、やっぱり違うなと思ったら引き返すもよし、
これが楽しいなと思って扉を全開にして足を踏み入れるもよし。

それは、あなた次第です。

マインドマップで「やりたいこと」を芋づる式に洗い出そう!
「頭の中をスッキリさせたい!いろいろと洗い出したい!」 というときに、マインドマップは効果を発揮します。
スポンサーサイト





120530
先日のNo Second Lifeセミナーにて、立花さん(たちさん)ご本人からご献本頂きました。
たちさん、ありがとうございます♪

「自分の生き様がそのまま仕事になったのです」

ライター業を続けても自分はハッピーにならないと判断し、新規のお仕事を請けるのは辞めてしまいました。
ライティング業務をやめてしまい、僕の仕事はとてもシンプルになりました。
自分の生き様がそのまま仕事になったのです。
本書からの引用部ですが、ここにある
「自分の生き様がそのまま仕事になったのです」
に、私は強く心を揺さぶられました。

確かに、それなりの収入が見込める仕事(この場合だとライター業)を持っていれば、
金銭的に不安になることは少なくなるでしょう。

けれど、「それでハッピーなのか?」と問いただし、ハッピーではないと気がついたとき…
本書の引用で言うならば、
「のめりこむような魅力を感じない仕事」をしていると気がついた時。
それをやめることが出来る人がどれほどいるでしょうか。

たちさんは、それをやめることが出来た人です。
そして得たのが、「自分の生き様をそのまま仕事にする」というハッピー。
シンプルで、しなやかな生き様。

私の目指したいスタイルというのは、これではないかと気がついたのです。

ノマドワーカーという選択肢を知ることで、得られること

「安定」は時として懐かしくはありますが、もう一度戻りたいとはまったく思いません。ノマドワーカーとしての暮らしは僕が心から望んで手に入れたもので、二度と手放したくない貴重なものです。

安定を捨てること、ノマドワーカーとして独立すること、
これが誰にとっても人生にとって最良の選択であるとは、全く思いません。

安定を捨てれば、必ず自由を得られるわけではないし、
そもそも独立することで、自由でなくなることもたくさんあります。

「自分が心から望んで手に入れて、二度と手放したくない」

そう思えるものを持てるのであれば、
それが企業に属することであっても、請負の仕事を行うことであっても、いいと思うのです。
複数ある働き方のスタイルから、自分にベストな働き方を見つけることが大事なのです。

その選択肢の一つとして、ノマドワーカーというものがあるのでしょう。
働き方の選択肢は、少ないより多いほうがきっといい。
この本では、その選択肢の一つの可能性を伺い知ることができました。

ノマドワーカーという選択肢を選びたい人でなくとも、
この可能性を知っていることで、他の選択肢の見方も変わってくると思います。
それぞれの選択肢を知ることで見えてくる、
それぞれの良いところ、悪いところというのはたくさんあるでしょうから。

タイトルでより好みせず、ぜひ一度手にとって読んでもらいたい一冊です。
あなたの人生に、たくさんの選択肢をもたらしてくれることでしょう。






120529


「後悔しない人生を送ろう」なんて言葉があります。

その内容には頷けるし、よくよく同意できる言葉です。

でも実際、「全く後悔しない人生」なんて無理!
人は、毎日毎日、ちょこっとした後悔をしているものです。

日々「短期的な後悔」は発生している

ああ、ダイエット中だから、あのときケーキはやめておけば良かった。
あのとき早めにこの仕事に取り掛かっていれば、もっと楽に終わらせられたのに。
あと5分早ければ、雨に濡れずに済んだのに…。

小さい後悔が、毎日の行動に紐付いて生まれています。

ただ、これは「短期的な後悔」です。
そのときはうわー、と後悔しても、
数日後には忘れてしまったり、まあいいや、と思い直せたり、
あれはあれでいいことに繋がった、と結果が変わったりします。

短期的な後悔は、してもいいと思うのです。
というか、これをゼロにするって相当困難。
少なくとも、普通の人には無理でしょう。

「長期的な後悔」をいかに減らせるか

短期的な後悔をゼロにするのは難しい。
では何を減らすべきか?と考えると、
減らすべきは「長期的な後悔」となります。

「後悔のない人生を」と言われるときの「後悔」とは、
大抵はこの「長期的な後悔」を指している
のではないかと思います。

長期的な後悔というのは、
短期的なものと比べて、何日経っても何年経っても思い出してしまう出来事。

昨日の飲み会で食べ過ぎた!なんて後悔を、
一年後にもまだ後悔し続けるということはほぼないでしょう。

けれど長期的な後悔は、なかなか忘れられずに付きまとう。
一見忘れたと思っても、ある日ふと「あの時ああしていれば…」と、
後悔の念が沸き上がってくるのです。

この長期的な後悔は、ずっとずっと自分の人生に付いて回ります
そしてそれは長い間、自分の足を引っ張りまくるのです。

自分で選択できなかったことは、長期的な後悔になりやすい

photoforgephoto
長期的な後悔は、大体が「人生の転機」に起こりうる
こと。
その転機の結果が良くも悪くも、
選ばなかった選択肢について後悔することが多いのです。

この時、選ばなかった方について
「もしあちらを選んでいたらどうなっていたのかな?」と思うことは後悔でありません。
しかし「何故こちらを選んでしまったのだろう、あちらを選ぶべきだった」となると、
それは長期的な後悔となって付いて回ります。

この「長期的な後悔」を、できる限り減らしたいのです。
だから「こっちを選ぶ」という選択は、「自分の判断」で行うべきです。
この時に「他人に選択させられた」という思いが強ければ強いほど、
後悔は長期的なものになって行きがち
です。

私が人生でひとつ、ずっと引きずっていて、
そして今後も解消されることはないであろう長期的な後悔は、
当時の自分の力でどうにかすることは出来なかった出来事です。
自分の手で選択する余地もなく、強制的に選択せざるを得なかったこと。
だから、ずっと後悔が続いているのです。
もしもこれが自分の手で選んだものだったら、ここまで引きずることはなかったでしょう。

自分で選び、自分で責任を持つ

結論として、長期的な後悔を減らすためには
「選択肢は自分の判断で選ぶ」
「自分で選んだ選択肢に、責任を持つ」

ことのふたつが必要なのではないかと思います。

自分でなんでも選択できるというのは、とても贅沢なことです。
※参考エントリ「第5回No Second Lifeセミナーで、生き様に思いを馳せる」

もしも自分が、「どう生きればいいのか分からない」ならば、
自分で何でも選べる贅沢を求めて生きてみるのも、いいかもしれません。

そうすれば、長期的な後悔は減らせるでしょう。
そして同時に、生き様がシンプルになっていくと思うのです。

自分で何でも選ぶことができ、
自分の選択肢に責任を持ち、
後悔しない人生を送る。

そんな生き様を目指したいものですね。






120528

今回もスタッフとして、第5回No Second Lifeセミナーに参加してきました!
今回のテーマは、
「ノマドワーカーという生き方 場所を選ばず雇われないで働く人の戦略と習慣」。
とても盛り上がり、楽しい一日を過ごしてきました♪

前回の参加感想エントリはこちら。

第4回No Second Lifeセミナーで、「五年」を振り返る 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】
たちさんの話は、常に言葉に説得力があるのです。 それは、ただの机上の空論ではなく、たちさん自身の行動、感情がその話の基盤にあるから。

今回は、講師の立花さん(たちさん)の出版記念のセミナー&テーマとなりました。
ちなみに私はトークセッション中に、
リアルタイムマインドマップをホワイトボードに描かせて頂きました。
冒頭の写真がそのマインドマップです。

フリーになりたい人、フリーになった人

今回のセミナーは、
・JMatsuzakiによるオープニングセッション
・たちさん、またよしれいさん、AppleWalkerさんの3名のトークセッション
・ワークセッション
という、3つのセッション構成となっていました。

オープニングセッションは「これからフリーになりたいと思っている人」の話であり、
トークセッションは「既にフリーとなっている人」の話となりました。

こういう、両方の目線からの話を一度に聞けるセミナーって珍しい構成ですよね。

人生で一番の贅沢は「自分で選択できる」こと

昔、とある本の中で
「なんでも自分で自由に選択できることが、一番贅沢なこと」
という文章を読んだことがありました。
女性向けの素敵ライフスタイル本にあった文章だと思うのですが、
今でも鮮明に記憶に残っています。

今回のセッションを通じて、この言葉を思い出さずにはいられませんでした。

フリーになる、ノマドワーカーとして働く、というのは
自由ではあるが、自由ではない。
そう、トークセッションでみなさん言いました。

自分で自制心を持って行動しなくてはならないし、
何もしなければお金が底をつくのも時間の問題。
何もかも、自分で責任をとらなくてはならない。

けれども、「自分で選択できる自由」というのは、
フリーであるからこその贅沢であり、魅力なのだろうなと感じました。

自分の生き様をそのまま仕事にする

で、たちさんから書籍をご献本いただきまして、早速読んでいます。

その中でさらっと書かれていた一文、
「自分の生き様がそのまま仕事になったのです」に、
頭をガツンと殴られたのです。

自分の生き様を仕事にする。
そんなにシンプルで贅沢で、そして情熱的な生き方があるのだと。

私が今後、どうなっていくのかは分かりません。
今のように、二足のわらじで進むのかもしれないし、
どこかでどちらかのわらじが脱げる可能性だって当然あります。

けれどもどんな形になろうとも、
自分の生き様を仕事に出来れば、きっと人生満足できます。

自分の生き様を仕事にし、自分で選択できる贅沢を味わう。
そんな人生を歩めるべく、考えてみたいな、と強く思ったのでした。

余談:リアルタイムでマインドマップ

冒頭でもちらっと書きましたが、
トークセッション時にリアルタイムでマインドマップを描きました。
トークする横で、ホワイトボードにカリカリと…。

普段そうそう描いているところを見せることってないので、
ひとつのパフォーマンスとして楽しんでいただけたかな、と思います。

ちなみに真ん中のセントラルイメージは、
たちさんのappleりんご、AppleWalkerさんのOneCamアイコン、
れいさんの沖縄ハイビスカス、と
トークセッションのメンバーそれぞれのイメージを盛り込んでいます。
麦わら帽子被せようかと思ったのに、
れいさんが麦わらかぶってこないから…(笑)

こういうパフォーマンスも、たまには面白いなと思いました。
またどこかで出来ると面白そうだな~。






アシタノレシピで、こんなエントリを書きました。
マインドマップで「やりたいこと」を洗い出すにはどうすればいいか、という話。

マインドマップで「やりたいこと」を芋づる式に洗い出そう!
「頭の中をスッキリさせたい!いろいろと洗い出したい!」 というときに、マインドマップは効果を発揮します。





で、このエントリでも何度も繰り返し書いている
「内容の階層や上下関係、書く順番を考えなくてもいい」
という話についてちょこっと補足。

マインドマップの構造化は必要か?

構造化=ばらばらな情報を論理立てて整理すること。ってこととして。
さてマインドマップにそれが必要か?

答えはイエスであり、ノーでもあります。

正確に言うと「構造化も可能だが、必ずしも構造化する必要はない」ですね。

何が出てくるかわからないことを描く→構造化しなくていい
しっかり固めた内容を考えていく→構造化が必要


前者は思考の洗い出しやアイデア発想で、
後者はプレゼン構成や、ロジカル思考でものを考える時。

ざっくりいうと、こんなあたりが妥当かな~。

手書きとパソコンで構造化を考える

もう一歩踏み込めば、
「構造化を考えずに手書きで書く→パソコンで構造化する」
が一番シームレスかなあと思っています。
思考の洗い出しも、プレゼン構成も。

手書きは、システムの限界に縛られず自由に描くことができます
なので、ちょこっとアイデアを絵で書き留めたり、
別のメモをぺたっとふせんで貼ったり、
自由に画面を使ってものを考えていくことが可能です。

ではパソコンの利点はというと、修正作業が容易なこと
なので、ブランチの場所を入れ替えたり、
文章をちょちょっと手直ししたりはお手の物。

なので、まず手書きで色々とフリーに考えた後、
それを元にパソコンで描き直しながら構造化していく、
というフローが効果的なのです。
問題は、二度手間が掛かることでしょうが。

「構造化」「内容」を別に考える

そもそも、構造化と内容を一緒に考えることが難しい話。

内容を考える際に、構造化も一緒に考えだすと、
内容を考えるリソースが減ってしまいます。
しかも、構造化という鎖に、思考が縛られてしまう。

なので、「内容を考えてから、構造化する」という、
この2つのステップを分けて考えることが効果的
なのです。
先に挙げた「手書き→パソコン」の例は、まさにこれですね。

騙されたと思って、分けて考えてみてはどうでしょうか。

まとめ

・マインドマップは、構造化できるが、構造化する必要もない
・構造化を考えずに手書きで書く→パソコンで構造化する、がオススメ
・内容を考える、構造を考える、を別ステップとして分けて考える






PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。