2012年03月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








アシタノレシピで、同タイトルのエントリを掲載しました。
ぜひ読んでみてください~。
ちなみに上の写真は、エントリの冒頭用の写真ボツバージョンです。

目的別!マインドマップおすすめ本5選(本文写真付き)
私の本棚から 「目的別オススメ マインドマップ関連本」をピックアップしてお届けします!

エントリの最後の方にちらちらっと書いてますが、
今は、マインドマップの関連本の数はひと通り出ています。
取り上げなかった本以外にも、本当たくさん。

私がマインドマップを知った頃はさ関連書籍はさほど出ておらず、選択肢自体が数えるほどしかなかったのです。
なので必然的に、ザ・マインドマップを最初に手に取ることになり、
「なんじゃこら、わっかんねえよ~!」と思ったものでした。
だから散々「最初の一冊に読むべきではない本」だと私は言っているのです。
いきなりあれを読むと、確実に「マインドマップは難しい!」と思ってしまうから。

いや本当、あの本はマインドマップどうこう以前の問題で難しいよ…。
その分、マインドマップについてそれなりに知った後に読むと、「ああ~!」と目からウロコ落ちまくりな本ではあるのですが。


選択肢が多い中から、自分で適切な一冊を選び出すのは難しいです。
そもそも初心者に至っては、
「何を知るべきで、何から始めるのが適切なのか?」すら分からないわけですから。
それはマインドマップに限ったことではないですよね。

だからこそこうして、オススメを示してガイドをしてあげたならば、
誰かの役に立つと思うのです。
そしてじわじわと「あ、マインドマップちょっとやってみようかな~」という人が増えれば、ばんばんざいなのです。

未来志向の会議術「視覚会議(R)」





マインドマップついでなので、宣伝してみよう。

勤務先、ラーニングプロセスにて提供している独自の会議手法が「視覚会議(R)」です。

視覚会議 | HOME
ファシリテーターが組織の参加者全員の意見をホワイトボード上に見える化し、 意見を全体俯瞰しながら短時間で発散・収束させ、全員が納得できるビジョンを描き、 アイデア発想やアイデア強化を行える、未来志向の会議術です。

マップ手法で会議をまとめ、各種フェーズを踏んでアイデア、アクションプランなどの立案を行うことが可能です。
ファシリテーションの養成だけでなく、ファシリテーター派遣やワークショップの運営も行なっています。

弊社主催での次回のワークショップの開催予定は、夏ごろを予定しています。

視覚会議、体感してもらうととても面白く、かつ有用な手法なので
是非ワークショップなどで触れてもらいたいな~と思っています。

以上、宣伝でした!
いや別に、書けと強要されたわけじゃないんですけど…(笑)
でも本当、自分の立場抜きにしても面白いものだと素直に思っているので、
そういうものは広めたいと思うのです。
マインドマップも同じですよね。いいものは広めたいし、知ってもらいたい!

Twitterからピックアップ




そうらしいょ、っと。
スポンサーサイト





そういえばこのブログでちゃんと紹介してなかった気もする…と今更気づいたので、
改めて3つほどマインドマップ関連の記事を紹介しておきます。

ライフハッカー[日本版]でのインタビュー記事2本


ライフハッカーでインタビューを受けたものを、記事としてまとめて頂いたもの。
マインドマップに興味をもつきっかけになってもらえればと、
活用のメリットなどを重点的に語ってみました。

絵がうまくなくても大丈夫! マインドマップを使って脳内整理しよう(前編) : ライフハッカー[日本版]
ということで今回は、「第1回マインドマップコンテスト」一般の部で大賞を受賞したやまもとさをん氏(ブログ「マインドマップ1年生 plus ライフハック!」)にインタビューをしつつ、マインドマップを使うメリットや素朴な疑問などを聞いてみることにしました。


絵がうまくなくても大丈夫! マインドマップを使って脳内整理しよう(後編) : ライフハッカー[日本版]
ライフハッカーでもこれまでマインドマップに関する記事を採り上げてきましたが、初心者向けの記事はありませんでした。そこでマインドマップ初心者である私が、マインドマップの素朴な疑問をぶつけてみました。


アシタノレシピでの連載


アシタノレシピでの連載1回目。次回以降も続きます!
実際にマインドマップの簡易的なワークを体感してもらって、
あーこんなのでいいの?とハードルを下げて感じてもらえれば。

【マインドマップ1年生出張所】実際にマインドマップを描いてみよう!
というわけで、ブログから飛び出して ここ、アシタノレシピでもマインドマップについて書いていきたいと思います。 マインドマップ、気にはなっているんだけど…という人がひとりでも、 マインドマップを使ってみよう!と思うようになってくれたら御の字です!


マインドマップが「フツウ」にある世の中に


私がマインドマップを始めた頃に比べると、
マインドマップの知名度は格段に上がっている(と、思う)し、
関連書籍だってひと通り出揃っています。

けれどもやっぱり未だにマインドマップを知らない人もいるし、
名前は知っているけれど、書いたことはない、という人もたくさんいます。
なんだか難しそう、怖そう(マインドって名前がねえ…)というイメージも根強くて。

けれども、本当はもっと気軽に使えるんだよ!
使ってみると色々活用できるし、
ツールの選択肢の1つとして知っておくと便利だよ、と知ってもらいたい!

もっと気軽に、ゆるくマインドマップを使う人が増えていけば、
きっと何かが変わってくるのではないかと思うのです。
その変化のきっかけの隅っこに、自分が存在できれば、
それは私にとってとても楽しくて嬉しいことなのです。

ので、色々変わらずぶつぶつ語ったりつぶやいたり続けていきますよ~。
私もまだまだマインドマップ1年生!

Twitterピックアップ











私がよく聞かれる質問に、
「マインドマップは、何を使って書いていますか?」
というものがあります。
それに対する私の第一声は変わらず、
「とにかくお金をかけない」です。

世の中、いい紙やいいペン、こだわりの文房具が溢れているのは分かっています。
そういうのに愛着を持てて使えることは、すごく素敵で憧れるのです。

でも私のマインドマップへのポリシーはひたすらに
「お金をかけない」であるのです。

ペンは100円そこそこで買えるもの。(ハイテックコレト愛用中)
紙はコピー用紙、コピーミスの裏紙でもよし。
描いた後はスキャンして捨てるか、安物のファイルに綴じるか。

ここまで私が「お金をかけない」に逆にこだわるのにも、理由があるのです。
それは、私が「高級な文房具を使うことが、思考のブレーキになる」人だから。

ああ紙を無駄にしてはいけない、高いから…
そう思うことで丁寧に書こうとしてしまい、それが本来の自分の思考を止めてしまうのです。
これが安物だと、ガンガン使い倒せるのでブレーキがかからない。

私はマインドマップは、ひたすらに思考を吐き出す先にしているので、
そこにブレーキがかかるととても残念なことになってしまうし、
なによりとてもストレスなのです。

裏を返せば、高級なものを使って、丁寧な思考を残すことにも別の価値があるんですよねー。
だから手書きの日記とかは、高級なもの(モレスキンとか)に残すといいのかもしれない。

ま、世の中にはこういう人もいるってことで。

ちなみに、単品で一番お金をかけているであろう文具はコレです。
シャーペン式色鉛筆って感じですかね~。
しかし余り使ってないので、一度たりとも芯を補充したことがないという(笑)


Twitterピックアップ











私はマインドマップが好きなわけです。
Twitterも好きです。facebookも好きです。
EvernoteToodledoも好きです。

すこぶる当然な話ですが、
誰から見ても100%完全なツールってありえないのです。
使い続ければ、粗が見える。
でも、使い続けることで、何が好きかも見えてくる。
使い続けないと、そもそも粗だって見えてこない。

愛があるからこそ、粗も見えてくる。
好きだからこそ、「ここがこうなるともっと好きになる!」という要望も出てくる。

ツールを愛するって、そういうことなんじゃないかなあ、と思ったりもするのです。
同じツール好きな人とツールの話題で盛り上がるときって、
「いかに便利か」と同じくらいに「どこを不便を感じるか」ということもある。
でもそれは、そのツールのことを好きだからこそ出てくる粗だったりするのです。

ツールだけでなく、人間関係にも同じことが言えるのかもね。
なんて。

今日の出来事


ツイエバ - TwitterをEvernoteへ

ツイエバのプレミアムサービスに登録しました。
これで、課金しているWebサービスは「Evernote・Toodledo・ツイエバ」の3つに。

この3つ足しても、年で1万円程度なのかな。
十分、投資以上のリターンが得られているので満足です。

Webサービスへの課金は、ただサービスの恩恵を授かる以上に、
「どうかサービスが長続きしますように」というお布施の面も大きいと思っています。
続いて欲しいサービスには課金しましょう!
サービスの提供が終わってから嘆いても遅いぞ!

Twitterからピックアップ








PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。