2012年02月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アシタノレシピにて、こんな連載を新しく始めました。

【マインドマップ1年生出張所】実際にマインドマップを描いてみよう!



連載を通じて、
「マインドマップって知ってるけど、やったことはないなあ」
「絵が描けないとダメなんでしょ?自分、絵はダメだから…」
「なんか難しそうだからさあ、崇高なものっぽいしさ」
「マインドって、なんかアレな方面なんじゃないの?」
なんて人達に、
ちらっとでもマインドマップについて知ってもらい、
一枚でも描いてもらうきっかけになればなあと思っています。




私がブログを始めた頃に比べて、
マインドマップの知名度は格段に上がっています。
本もいっぱい出てるし、
各地で勉強会だって増えているし。

とはいえ、やっぱりまだまだ一部界隈の話になっちゃってます。

もっと裾野を広げたい、
だってマインドマップって便利だし楽しいんだよ!

そう思って、あの連載を始めてみました。

もちろん、マインドマップが完全無欠なツールだとは思ってません。
デメリットもあるし、活用が難しいシーンだってあります。

そうだとしても、
マインドマップを知っている、知らないでは
格段に自分の思考との付き合い方が変わってくると思うのです。




私だからこそ書けること、
私にしか書けないアプローチ、
そういったことを考えながら、
あの連載を続けていきたいと思っています。

連載を読んでマインドマップを始めたよ!
そう言ってくれる人がひとりでも増えますように!
スポンサーサイト





Twitterでふとつぶやいていた話にそこそこ反応があったので、
とりとめないですが、ブログで簡単にまとめてみます。




私がブログ初めたのは今から5年前。
年齢にすると25歳のときなわけです。

で、セミナーとか行きだしたのも同じ時期なのですが、
それより前の時代(20代前半)よりも、
今のほうが間違いなく若返ってる、と思うのです。

よく「ブログを始めれば人生が変わる」という言われ方をしますが、
正しくは
「ブログを始めれば自分の行動が変わるので、結果として人生が変わる」
のだと思うのです。

ブログ始める→
人とネットで繋がる→
人に会ってみたくなる→
オフ会とかに出てみる→
なにこれ超楽しい→
人に会う機会が増える→
友達増える→
環境変わる→
人生変わってく→
ばんざーい

みたいな感じで。

そして、セミナーとかに来る人は、みんな若々しいのです。
んー、エネルギッシュ、って言えばいいのかな。

実年齢がいくつか、なんて気にしてお付き合いをすることがないのです。
年齢の上下関係ない付き合いができるのは超楽しい。
年齢も立場もバラバラで
それなのに同じ話題でワーッと盛り上がれる。

「自分には文才がないからブログは無理」と言って
ブログを書くことにためらいを持っている人は多いようですが、
そもそも自分が人のブログを見た時に
「このブログ文才ないなー」って思うことがどれほどあるか、という話ですよ。

ブログを読むときに、大抵の場合は文才なんて求めてないのです。

文章がヘタだなーっと思っているなら、写真増やせばいいのです。
そもそも文章がヘタでも、
ブログを書くうちにそれなりに書けるようになってきます。

「文才ができたらブログやってみよう」って、
その文才はどこで培うのかってわけで。

「ブログやってみて、文章上手く書けるようになればいいな」
でいいと思うんですよね。うん。

私、このブログを5年やってます。
が、相変わらず文才などカケラもないです。
でも、一度足りとも「ブログの文才ないね」なんて言われたことないですよ。
安心してブログ書いちゃって下さい。
ブログは無理と思ったら、SNSでもいいでしょう。

ブログ始める→
人とネットで繋がる→
人に会ってみたくなる→
オフ会とかに出てみる→
なにこれ超楽しい→
人に会う機会が増える→
友達増える→
環境変わる→
人生変わってく→
ばんざーい

って体験は、本当に楽しいですよ!







誕生日になると、やれTwitterやFacebookだに
「おめでとう!」「ありがとう!」が飛び交うわけですが、
正直なんだか双方に機械的な感を否めないところもあるし、
そもそもお祝いの言葉をただ受けるだけじゃあ、私的に面白さが一歩足りないなー。

ってわけで、「祝われる前にお礼をしてしまえ」と思い
こっちから「誕生日ですありがとうエントリ」をあげてみました(笑)



2月16日に無事、30歳という、数値的に節目の歳を迎えました。
思えば、このブログを始めたときは25歳。
その時には、よもや自分が今のような立ち位置にいることになろうとは、
夢にも思いませんでした。

こうして今、自分のやりたいことをやらせてもらえたり、
挑戦したいことに挑むことが出来たりするのも、
支えてくれるいろんな人達のおかげです。

今後も、支えてくれる人たちに感謝しつつ、
そのお返しを少しずつでもしていきたいなあ、と思っています。

私は、全く根拠のない
「人生終えるときに、今までに起こった嬉しいことと悪いことを天秤にかけたら、必ず嬉しいことの方が重いはずだ」
という持論を持っています。

今後、きっと自分の人生の中で
「こりゃたまらん」って、嫌なこと、悪いことも色々あるのでしょう。
けれど、その先には必ず
「こりゃたまらん」っていう、嬉しいことも待っているはず。
そう考えているから、自分の人生を先を見て楽しもうと思えるのです。

とまあ、そんなこんなですが
今後も頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。
みなさん、いつもありがとう!








今月の16日で、30歳になります。

もしも「どんな生き方が幸せだと思いますか?」と聞かれたとしたら、
ひとつに「年齢を気にしない生き方」を挙げたいなと思っています。

それは、自分自身の年齢もそうだし、
他人の年齢もそう。

当然事実として、自分の年齢というのは確実に存在しますがそれはそれ。

年齢を判断基準にしない、
年齢を後ろ向きに捉えない、と言いましょうか。
それは、自分が先に行くことにも、
自分の後に続く人へも、どちらも対象として。

「自分はもう○歳だから、こんなことできない…」
「あの人は○歳であんなことをしてたのに…」
「あの人は自分より若いから、自分のほうが尊重されるべき」

これ、自分と近い年齢の人としか親しい関わりがなかったら
抱えがちな考えだよなあ、と、自分の昔を振り返って思います。

今は、やれセミナーだやれ飲み会だやれお仕事だで
自分より若い人、自分の親より年上の人、
年齢も仕事も立場もごちゃまぜにして、いろんな人と会うようになったので
年齢に対してのネガティブなイメージって殆どなくなりました。

自分自身が歳をとることも、
「あの人みたいに綺麗でカッコイイ歳のとり方したいな~」
「自分が歳をとったとき、他の人からカッコイイと思われるだろうか?」
と、自分がどう変化していくのだろう?ということへの興味に変わって来ました。

こういうふうに、年齢を気にせずに生きるためには
「たくさんの」「舞台の異なる」「老若男女と」「対話を楽しむ」
ことが大事なのかな~なんて思ったりするのでした。



と、つらつらと思ったことを書いてみました。
今後はたまにはこういうゆるーい記事も書いていこうかな~と思ってます。

最近読んだ本




人から譲ってもらったので、セミナー前に参考になるかな?と思ってざーっと読みました。
読んだ時に描いたマインドマップも添付。
論理的なテクニックよりも、むしろ「いかに相手の感情を揺さぶるか?」という点について書かれており、
そういうプレゼンが好きな私には、響くところの多かった一冊でした。

人から譲ってもらったその2。水野さんの文章が好きなので読んでみたかったのです。
モテたい男性向けの本なのですが、女性視点で読んでても「あー、分かるかもー」と頷きつつも、「ホントバカじゃないの?(褒め言葉)」という水野節も楽しめるお得な一冊でした。
あとがきの「最後に」にあるエピソードを読めただけでも、これを読んだ価値があるかもな~と思えました。
ああいうエピソードは、好きです。

しかしこれ、先にも言ったように人から譲ってもらったのですが、
袋とじ「戦場のメリークリスマス理論」という読み物が巻末についてまして、
この袋とじに「クリスマス当日まで開かないこと」って書いてるのですが、
これが袋とじられたままだったんですよね…突っ込んでいいやら悪いやら(笑)








ブログでも告知していました、「セミナーに行ってみよう講座」、本日無事に終わりました!
参加者の方にも楽しんでいただけたようで、開催して本当に良かったです。

で、早速第2回を設定しましたので告知です!
4月1日 【セミナー・勉強会初心者向け】セミナーに行ってみよう講座(東京都)


興味のある方は、ぜひご参加頂ければと思います♪

どんな人におすすめですか?


どんな人に参加してもらいたいですか?を、本日のアンケートの際に聞いてみました。
幾つか抜粋しましたので、実際に参加した人の声を、是非ご参考にしてみてください。

・自己改善に抵抗のない人
・知らないことを知ることを面白がりそうな人
・やりたいことが分からず、日々の生活に不充実感を感じている人
・セミナー未経験のシャイな人
・セミナーに対してネガティブな考えを持っている人
・人見知りを克服したい人
・社内にこもりがちな人

他にも、「友達に薦めたい」「社内の同僚に薦めたい」と、
身近な人へ薦めたいという声も!
そういう、明確な相手に薦めたいといっていただけるのは、講師冥利につきますね。

また、ご参加いただいた方々に、ブログで嬉しいご感想もいただきました♪
はじめて行くならこのセミナー!「セミナーに行ってみよう講座」は超オススメ! | Find the meaning of my life.

セミナー初参加「セミナーへ行ってみよう講座」 : Crystal Atmosphere

toMoorrow: セミナー初参加の私が「セミナーに行ってみよう講座」でセミナーデビューした話

興味はあるけどちょっと怖い・・・|株式会社インフィニのブログ

まちうで[machiude]:セミナーに興味はあるけれど、という人におすすめ!セミナーに行ってみよう講座

今回のセミナーの所感を、講師目線から


3時間なので、短いかな?どうかな?と思ったのですが、ちょうどいいくらいだったかなあと思います。

セミナー当日も、会場に来る前の準備段階も、
「はじめての人が、オロオロしないように。ほっと安心して、大丈夫なんだ~と思ってもらえるように」を心掛けて、案内から準備から、内容から、ひとつずつ丁寧に作りました。
参加した方からも、
「その心遣いがとても嬉しく、安心できた」という声をいただけて、とても嬉しかったです♪

色々と仕掛けを施したかいもあり、私自身もとても話しやすい場を創ることが出来ました。
参加者の方も、セミナー自体が初めてという方が半数いたとは思えないほど!
みなさん、積極的に交流したり、ワークにも手応えを感じて頂けたりと、
3時間がっつり楽しんでいただけたようでした。

初めての試みで、参加してくださった方も殆どが面識のない方でありましたが、
大成功と言っていいのではないかなあと思います。

これからも、続けていきたい内容のセミナーですので
是非ご興味のある方は参加頂ければ嬉しいです。
あなたにとって価値ある一日になることを祈りつつ!





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。