2011年11月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








最近ちょっと話題になっていた「着る毛布」。
つい先日衝動買いしてしまい、「これはいい!」と思ったので、簡易的にレビューを書いてみました。

私が購入したのはこれ。
たまたま母親の誕生日プレゼントのネタ探しに楽天を覗いていたら目に入り、
そのまま2個セットでぽちっと購入してしまいました。
ひとつは自分用、ひとつは母親用に。
レビューを書くと割引があったので、一着あたり3000円ってところですね。

動きやすく、暖かい。


今まで冬は、いわゆる「どてら」を着て過ごしていたのですが、
もこもこするので腕の動きの妨げになるわ、
意外と重さがあるのも地味に邪魔臭いわ、
その割言うほど暖かいわけでもないし、というシロモノでした。

しかしこの着る毛布は違う!

すごく軽くて、薄手なのにとても暖かい。
寝るときに掛け布団としても使え、これを一枚掛けるだけで暖かさが段違い。
こんなに違うものか…!とちょっとショックを受けました。
今までのどてらは一体…。

ひざ掛けの煩わしさから解放されます。


この着る毛布、名前通りすっぽりと「着る」形(バスローブっぽい)で、
床に引きずるほどの裾の長さがあります。
そのため、常に足元がくるまれている形になっているので、
今まで必須だったひざ掛けが不要になりました。

ひざ掛けって意外と邪魔なんですよね~。
立ち上がろうとしたら落とす、横の方はスースーする、ずるずるずれていく…。

しかしこの着る毛布だと、そのひざ掛けの煩わしさから解放されます。



自分で自分が椅子に座っている姿なんてどうやって撮ればいいのか…
頑張ってみたけどこれが限界。すがもんがいるあたりが膝です。

私の身長だと完全に床に裾を引きずってしまうのですが、
そういうときはベルトに裾をひっかけるか、裾を体の前でしばってしまえばOK。
きちんとベルト通しもあるので、ベルトだけ落ちてしまう心配もありません。

3000円で快適な冬生活を。


3000円でこれだけ快適さを得られるなら、とてもいい買い物だな~というのが感想です。
これを着て暖かい分、暖房の温度も抑えられて、節電にも繋がりそう。
これからの冬のおともに「着る毛布」、オススメです!

編集メモ


本当ならこの佐々木さんの本の書評を先に書くべきなのですが、
この本は「読んだあとに実践してから書評を書きたい!」と読んでいて強く感じたので
書評はもう少し先送り…。
しかしこの本、すごーくいいです。
Toodledoがメインになりますが、Toodledoユーザー以外にもオススメできます。
速く内容を実践したい!とうずうずしている私です。

スポンサーサイト







私もイラストでご協力させていただいた、北さんことベックさん(@beck1240)の
「クラウド「超」活用術」が先日発売になりました。
いちファンとして発売を楽しみにしていましたが、予想違わずとても面白く、わくわくしながら読める内容でした!
みっちり335ページ、私の表現でいうなら「厚揚げレベルの分厚さ」。
まさにこれぞ、「ベック節!」と言える一冊に仕上がっています。

「クラウド」を使いこなすことが目的ではなく…


タイトルに「クラウド」と冠しているこの本ですが、読んで思った印象は、
「ああ、この本は、クラウドを使うための本ではなく、
”作り上げた仕組みをクラウドを使って回す”ための本なのだ」

ということでした。

著者のベックさんは、今も会社員として企業に勤めています。
となると、当然出てくるクラウドサービスの活用における問題。
それは、「会社にいるときは、クラウドサービスが使えない」ということ。

しかしベックさんはこの問題を、
クラウドサービスが使える時はクラウドサービスを、使えないときはアナログを、と
双方を連携させることでクリアしています。

これができるのも、ベックさんがクラウドを
クラウドを使うための仕組みを作り上げているのではなく、
自分の作り上げた仕組みを回すためにクラウドを利用している
からこそです。

「メンタルモデル」でクラウドの力を引き出す


Webサービス(クラウドサービス)やiPhoneアプリが抱えている最大の問題、
それは
・仕様が変わるかもしれない
・サービスが終了するかもしれない
という、サービスの変更・終了と共に、今までやっていたことができなくなる可能性があるということ。

実際、このクラウド超活用術が発売されるのとほぼ同時期にGoogleリーダーの仕様が変わり(共有機能の消滅)、
本書内で紹介されている方法が使えなくなった部分があります。
(個人的にも結構ダメージの大きい仕様変更でした…)

ですが、この仕様変更に対し、ベックさんはそれに変わる対応策を考えだし
自ブログですぐにその情報を掲載しました。

GoogleReaderの共有機能が無くなったのでRSS Flash gが復権した件 ≪ Hacks for Creative Life!

これはひとえにベックさんが、
「仕組みを回すためにクラウドをはじめとした各種サービスを利用している」
からこそ出来たことなのではないかと思います。

さて、「メンタルモデル」という言葉があります。
書籍内では、「ライフハック心理学 ―心の力で快適に仕事を効率化する方法」から引用し、このように説明されています。
メンタルモデルとは、簡単にいうと、手順の図式の元になるものです。
いってみれば”原理原則”。
メンタルモデルについては、過去に私も本の感想としていろいろ書いていますので
こちらもどうぞご参考に。

メンタルモデルをインストールする!「仕事をためこまない人になる5つの習慣」

この「メンタルモデル」が出来上がっているからこそ、
ベックさんがこの本で書いている活用法は
ただの「クラウドサービスの活用法」にとどまらず、

・なぜこのサービスを使うのか
・なぜこのようなフローを用いているのか
・なぜこのようなことをする必要があるのか


という、
「そもそも何故クラウドサービスを使う必要があるのか?」
ということへの答えともなっているのではないかと感じました。

クラウドで”自分を「超」活用する術”を身につけよう!


本書にて説明されているクラウドサービスの使い方、
紹介されているiPhoneアプリ、そしてそれらをまとめたフローなど、
はっきり言ってとても多く、またマニアックとも思える部分もあり、
いきなりすべてを取り入れよう、とするのは無謀です。
また、先にも述べたように
業務の都合でそのまま取り入れるのは難しい部分もあるでしょう。

しかし、全てにおいて
「なぜこのサービスを使うのか」といったメンタルモデルを踏まえた説明になっているので
読んでいてもとてもわかりやすいです。

そしてツールの使い方以外の部分でも、「こういう考え方があるのか、なるほど取り入れてみよう」
参考になることが多く発見できると思います。

あくまでもクラウドサービスとは
「自分というツールをもっと活用させるためのお手伝いをするツール」
クラウドを活用することで、
自分の持つ力をさらに活用できるようになりたいものですね!

編集メモ


ちなみに、本書で使用するツール群としてまとめられたフロー図の
メインクラウドサービス部分にあるのが
「Evernote」「Googleカレンダー」そして「Toodledo」。
ここにToodledoが来るのはちょっとおかしい(褒め言葉)。

この本と、そして「ライフハック心理学」の佐々木さんの新刊との
合同出版記念パーティも開催予定ですので
こちらにもぜひ足をお運びくださいね!
私も一応、協力者として前の方でちょろちょろさせていただく予定です。

11月29日 クラウド時代のタスク管理の技術&クラウド「超」活用術出版記念








■セミナー・勉強会参加をしたことがないけど、行ってみる勇気が欲しい…
■参加したことはあるけど、まだまだ不慣れで参加するのに勇気がいる…


そんな人が気軽にセミナーに参加できるようになることを目的とした
【セミナーに行ってみよう講座】を開催します!

◆講座でこんなことが分かる!体感できる!



■セミナーに参加する前の準備から、参加した後にすることがわかる!
■「専用ツールキット」で、誰でもカンタンに理解し、行動することができる!


・セミナーってどんなものか?どう探せばいいのか?
・セミナーに参加する前に準備しておくことは?
・セミナー参加中はどうすればいいの?
・セミナー参加者の人と交流できるの?
・セミナー後の懇親会ってどんなもの?
・セミナー参加後にすべきことってなに?
などなど、「セミナーって何?」と気になる部分を
お話と、カンタンなワークを交えてお伝えします。

◆「専用ツールキット」で、誰にでも分かる!行動できる!


また、ただ話を聞くだけでなく、実際に行動に繋げてもらうために
「専用ツールキット」を用意し、
仕組みに従うだけでカンタンに誰でも行動できる仕掛けを作りました。


難しい話はしません。
難しいこともやりません。
誰にでも分かる、
誰にでも行動につなげられる、
そんな仕組みです。

ツールに従って、仕組みのままに、書いて、見て、行動するだけ!
講座を受けて、ハイ終わり、とならない仕掛けとなっています。

◆こんな人に参加してもらいたい!


突然ですが、あなたは今、楽しいと思えることをいくつ持っていますか?

なんとなく、毎日に楽しいことが足りていない…。
家と会社の往復で、新しいことにチャレンジしていない…。
同じ人との付き合いばかりで、新しい人との出会いがない…。


「毎日が退屈だけど、かといって大してやりたいことがあるわけでもない」
「でも、今の生活に、もうちょっとだけ面白いことが増えるといいな」
「欲を言えば、ちょっとだけでも、今の自分より一歩進めたらいいな」


実はこれは、つい4年ほど前までの私そのものです。

セミナーや勉強会というものが存在することさえ知りませんでした。
自分を変えよう、だなんて大仰なことも思っていませんでした。
本当にちょっとの好奇心、
「へー、セミナーなんていうのがあるんだ。行ってみようかな…?」と、
ドキドキしながら会場に向かった日のことをよく覚えています。

この時、それまでの自分のように
「でもやっぱりなんとなく怖いから止めておこう…」と思って行動しなければ、
今でもまだ家と会社を毎日代わり映えなく往復しながら、
「なーんか面白いことないかなあ、暇だなあ」と思いながら
ネットをぼんやり眺めている。
そんな毎日を変わらず送っていたはずです。

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

「セミナーで人生を変えるぞ!幸せになるぞ!」だとか、
そんな大仰なことを思って参加する必要はありません。

セミナーに参加することで、転職したり、起業したり、友だちができたり…
そんな変化が起こることもあるけれど、
むしろ大事なのは、
「人生の中で楽しめる出来事」というものに
「セミナーや勉強会に参加してみる」ということが増えるということです。


そういう楽しみがひとつ自分に加わることで、
「今日学んだことをもっと知りたいな、なにか本を読んでみようかな」
「今度はこんなセミナーに行ってみようかな」
「この前のセミナーで知り合った○○さんを、飲みに誘ってみようかな」

なんて風に、
もっともっとたくさんの楽しいことが連想ゲームのように増えていきます。

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

私自身、気難しい肩書きがあるわけでもなく、
一目置かれるようなすごい人でもありません。
人見知りだし、出不精だし、面倒くさがり屋だし…。
けれども、セミナー・勉強会に参加するようになって
すごく楽しいことがたくさん増えたということは、実体験からお伝えできます。

とにかくこの講座は、全てにおいて、

「やさしく、誰にでも分かりやすく、怖くない」を目指しました。

緊張することもなく、構えずに参加してもらえれば…
そう思っています。

ぜひ、この講座をきっかけに
あなたの人生に楽しいことがひとつずつ増えていきますように!

詳細・お申し込み


【日時】 2012年02月05日(13:30~16:30 (3時間))
【開催場所】 あうるすぽっと(東京都豊島区東池袋4-5-2)
【参加費】 3,000円(税込)
【定員】 30人(先着順)

詳細・お申込みは、下記のバナーよりどうぞ!



編集メモ


前々から、
「セミナーとか参加してみたいけど、なんか怖いし…」という人の背中を
ぽすんと押すことをやりたいと思っていました。
押されたくない人の背中を押すことはしませんが、
押されることを待っている人の背中は押しに行きたい。

この講座が、その一歩目になればなあと思っています。
色々と仕掛けを考えているので、
ぜひ参加いただければ嬉しいです!





いつも仕事でお世話になっている欧文印刷株式会社様から、
「NUboard」というとても面白い商品が発売されました。


商品詳細を見た時から「これは絶対面白い!」という直感がありまして、
実際触ってみると、その直感通り、いや、以上に面白くそして可能性の広がる商品でした。
実際に使ってみた様子と、欧文印刷さんから伺った話も交えつつ
簡単にレビューをしてみたいと思います。

1.デザインがすごい!




見た目はこんな感じ。ツインリングのA4サイズノート形式になっています。
表紙はざらっとした紙製で、そこに専用マーカーが挟み込めるようになっています。
外で使うにも抵抗のない、シンプルなデザインが良い感じです。
こういう機能性の高いツールは、デザイン性が後回しになってしまうこともありますが
このNUboardはその点は問題ないですね。



(追記:※現在は別仕様のペンに変わっています。)

専用マーカーは黒と赤のニ色に、小さいイレーサー付き
サイズ比較に横にハイテックコレトを並べてみましたが、サイズは普通のペンと変わりません。
専用マーカーもホワイトボードマーカーにしてはかなり細手になっており、
A4という決して広くはないサイズに書き込むにも書き込みやすくなっています。

2.レイヤー機能がすごい!


で、ここからがこのNUboardの使い方。



まずは基本。ホワイトボードに描く!
まずこの、ホワイトボードをいつでもどこでも
ぱっとノートのように開いて使えるという商品コンセプトがいいですよね~。

で、ここからが本領発揮!
描いたホワイトボードの上に、半透明シートをかぶせて、そこにさらに文字を重ねて書く!



普通のホワイトボードであれば、このように二色のマーカーを重ねて描くと
色が入り交じって汚くなってしまいました。
しかし、NUboardはいわゆる「レイヤー機能(階層構造)」を持っているため、
上から気兼ねなく書けるようになっています。

レイヤー機能の理由はこれ。



中を開くと、表紙の次に黒の紙があり、次に半透明シート、続いてホワイトボードがあるという作り
この半透明シートが、レイヤー機能を果たしているのですね。
ぺろんとめくるとこんな感じ。



中身は、ホワイトボード一枚を両方からはさみ込むように半透明シートがある形で、
---半透明シート---
---ホワイトボード---
---半透明シート---

---半透明シート---
---ホワイトボード---
---半透明シート---
という並びで、ホワイトボードが計4枚8ページ分(半透明シートは8枚)綴じられています。

半透明シートは最大2枚重ねることができる構造になっているので(先の説明参照)、
最大レイヤーを2つ持たせることができますね。

3.ホワイトボードがすごい!


NUboardに採用されているホワイトボード、かなりがっちりした厚手の作りです。1ミリくらいあるのかな?
半透明シートは、普通のクリアフォルダと同じ程度の厚みです。

このホワイトボード部分には、「消せる紙」という
欧文印刷さんから別に出ている商品が採用されています。

この消せる紙、小さいサイズから大きいサイズ(A1)までサイズがあり、
色の種類も白だけでなく黒もあるというバリエーション豊かな商品で、
こちらも合わせておすすめです。
うちの会社では、ホワイトボードのない会議室にホワイトボードを展開したいときなどに使っています。



で、この消せる紙でできているホワイトボード。
描いたあと、イレーサーで軽くこすると綺麗に消えます。
ただし、ホワイトボードであることには変わりが無いので、どうしても粉が出てしまいます。
粉を撒き散らさないで消すコツは、「くるくる回すように消すこと」だそうです。

また、時間を置くとインクが乾燥してしまい、イレーサーで消すのが難しくなってしまいます。
しかしこの場合でも、ウェットティッシュなどで拭えば消えてくれます。

4.活用の幅がすごい!


ホワイトボードに直接書き込んで使用するだけではなく、
ホワイトボードの上に書類を置き、
そこに半透明シートを重ねてホワイトボードで記入することももちろんOK!
直接ペンを入れたくない書類にも、
このように文字を重ねることができます。



とうぜんシートを外せば書類は綺麗なまま~。



例えばこれにショットノートを挟んで書いて撮る、なんていうこともできそうですし、
飲み会に持って行って、お店のメニューを挟んで
半透明シートに各自注文をメモして回す、なんて使い方も面白そうですよね!
いろいろな活用を考えてみるのも楽しそうです。

5.書いたあとの保存がすごい!


NUboardは、その商品の構成上、
「書きっぱなしで保存する」のではなく、
「何度も書いては消し書いては消しと、使いまわす」ことがメインになってきます。

そうすると、書いた後の記録が必要になってくるわけですが、これは
・写真で取る
・スキャンする

のどちらかになってくると思います。

スキャンは、scansnapのような紙を読み込むタイプでは無理ですが、
ガラス面に置いて取るようなタイプなら大丈夫。
実際やってみましたが、こんな感じで特に問題もなくスキャンできています。
(ちなみにこれは、うちの社長が描いたマップの一部)



とはいえ手軽さを考えれば、iphoneなどでぱちりと撮るほうが多くなるでしょうね。
ちなみにこの半透明シート、実際に手にとって見ると分かるのですが
「記入面の方が、普通であれば裏になるざらりとした面になっている」のです。
ホワイトボードに面する方が、つるりとした面になっていて、
普通であれば「あれ、表裏逆じゃないの?」と思うかもしれません。

しかしこれ、
「写真で取ったときに光の映りこみを防止するため」に、わざとこのような表裏になっているそうです。
そのとおり、実際に上記の半透明シートを重ねて撮っている写真を見てもらうと分かるかと思うのですが、
蛍光灯などの光の写りが一切ありません。
この小さなアイデア、素晴らしいですね!

[追記]A3サイズ・新書サイズも発売されました!


2012年4月1日に、A3サイズのNuBoardも発売されました。
A3なので、広げればA2サイズととってもワイド。
A3サイズには滑り止めシートが付属するなど、A3ならではの工夫が凝らされています。
A4では物足りない!もっと大きなサイズを!という方には、A3をオススメ!

新書サイズのレビューはこちらから!

新書サイズのホワイトボード(Nuboard)を手に入れた! 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】
新書サイズ!小さい!可愛い! 女性の小さめバッグにも入る、ころんとしたサイズがたまらない♪


編集メモ


机の上で、外出先で、いつでもどこでも自由にホワイトボードが使える NUboard。
ぜひ一度手にとって、自分ならどう使うかをアイデアを巡らせながら
いろいろ書いてみてはどうでしょうか。
普通の紙に書くのとはまた違うアイデアの刺激になり、とってもおすすめです!

ちなみに私は欧文印刷さんからの回し者ではなく、
自主的に製品が気に入ったので書いているだけですのであしからず(笑)
製品が気に入ったら、ぜひTwitterで欧文印刷さんにフィードバックもどうぞ!
kumita-joj (kumitajoj) on Twitter





さる10月30日に、第7回となる東京ライフハック研究会に参加してきました!
テーマは「SelfManagement Hacks たった一度の人生をHACKせよ!」。
ちなみに前回、分科会に参加した時の記事はこちら。

目標を客観視するということ ~東京ライフハック研究会に参加して

講演~ワーク~ライトニングトーク話を聞きながら、この日一日のすべてを描いたのがこの1枚。例によってクリックで拡大します。


自分の振り返り用に、以下ざざっとメモ。

「ライフハック心理学」佐々木さんの講演から


  • とにかくログを取ることから始める。ログを取ることですべて解決する。

  • ログを取れば、将来の予測ができる。ログ・タスクの再現ができる。異なるタスク同士を状況に合わせて交換することも出来る。

  • ログを取って、それを数値化して分析し、比較・平均値を出す。

  • リソースを把握していれば、リソースを交換して辻褄を合わせることも出来るようになる。

  • タスクをシステム化することで、タスク実行に想像力や想起が不要になる。想起不要なタスクは、見てそのまま水が流れるように実行でき、意志力が必要ない。

  • 意志力が弱いからこそ、システマティックに、思い出さなくていいようにする。

  • ログからタスクの「満足度」を評価し、低評価なもの(やりたくなかったもの)は撲滅させる。

  • 作業モード(アナログ・PC・iphoneなど)が似たタスク同士はやるタイミングをまとめると楽。

  • 自分の未来の日記を書いてみる。「○日後に△になっている」。成功パターンを未来に転送し、再現できるように。

  • 「いつかやりたい」ものは、カタログ(Evernote)にストックしておき、やるべきときにピックアップして取り出す。

  • 「やりたい」と思ったことは、定期的に見返して思い出せるように。やりたいと思ってから何日経ったから、そろそろやろう、という見返しの仕組みを作る(iphoneアプリなどを使うといい)。

  • 何かを習慣化する際、「同じこと」を「同じ時間帯に」する必要はない。曜日によって状況が違うことも当然あり得るのだから。


  • 各人のライトニングトークから


  • 習慣を追加し、行動の再構築を行う。これを繰り返す。

  • 「やりたい」には二種類ある。「基本タスク(例:夏休みの宿題」と、「夢への行動(例:独立したい」。それぞれ「やりたい」へのアプローチが異なる。

  • 「基本タスク」は、面倒くさいからやらなくなる。アメとムチを使い、矢を多く打つことが大事。

  • 「夢への行動」は、先が長い。「近くの面倒>遠くの幸せ」なのでやる気が無くなる。これを「遠くの幸せ+近くの幸せ>近くの面倒」として、逆
  • 転させることが大事。

  • 自分のミッションを持つ。「Do(行動)よりBe(在り方)」。

  • 瞑想することで、妄想を切り意識を現実に取り戻し、タスクに集中する。

  • 呼吸が行われる様子を「あるがまま」を観察して瞑想する。お湯が湧くのを待つときなど、スキマ時間に行う。


  • まとめ


    まとめとしては、
    「1にログ取り2にログ取り、3、4がシステム、5にログ取り!」みたいな…(笑)
    今までイマイチ漠然としていた「なぜ行動ログを取るべきなのか」についての理由が具体的に分かったことで、ログをまじめに取ろう!と思いました。

    ログ取りに「Toggl」を使いたいのですが、これ、新規アカウント登録ができない・Googleとのヒモ付ではiphoneからログイン出来ない、と現状問題を抱えているので未だ使えず。うーん…。
    しばらく他のもので代用するしかないですね~。

    ログ取りにも関連あるものとして、今度こういう本も出るそうなので、これは買わねば!とウキウキしています。
    ただ、iphoneを3GSから4Sにするか悩んでいるのですよね。Thinkpadを新調してしまったので、ガジェットへの出費がちょっと続くのはちょっと…という感じで。
    しかしこんな本を読んでしまっては、多分買い換えるのだろうな~。



    編集メモ




    先日、【東海支部】マインドマップ教育普及会さまに、いつものマインドマップ普及会のイラストをご提供させて頂きました♪
    マインドマップ普及会も、青森に始まって各所に増えてきました。それぞれ活発に活動されているようで、今後が楽しみなものです!





    PAGETOP

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。