2011年10月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





出してもいいよー、と告知OKが出ましたので告知します。
シゴタノ!」の赤い人ベックさんこと、「Hacks for Creative Life!」の北真也さんの二冊目となる著書、「新時代のワークスタイル クラウド「超」活用術」にてイラストカットを数点描かせて頂きました。
発売日は来月、11月16日です!

数は多くありませんが、本のエッセンスを凝縮したイラストを描きましたので
ぜひ本の内容と合わせてお楽しみ頂ければと思います♪
本の中身がとても面白い内容で、一読者として発売が待ち遠しいのです。
EvernoteにtoodledoにDropBoxに…と、まさに今、私が知りたい情報がてんこ盛り。
本の中身に興味がある方はもちろん、私のイラストを見てみたい、なんて方も是非手にとって頂ければ嬉しいです!

ご購入感謝企画にはボツイラストも


ベックさんのサイトで「ご購入感謝企画」も実施されてますので、こちらも合わせてどうぞ。
2冊目の著書『新時代のワークスタイル クラウド「超」活用術』 予約開始のお知らせ&今回もやりますAmazonキャンペーン! « Hacks for Creative Life!

この購入特典となるPDFファイルには、私の描いたイメージイラスト(まあ早い話がボツにしたもの)に、
特典用に手を入れたものを収録してもらっています。
こんなのとかを幾つか。


出版記念パーティも企画中です


ちなみに、来月11月には出版記念パーティの開催も予定しています。
もちろんその際は私も参加しますので、興味のある方は是非告知をチェックしてみてくださいね~。
あの人とかあの人とかも参加されるはず、多分、きっと。

編集メモ


書籍に挿絵を描かせていただいたのは、以前の「 IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」」に続いて2冊目になります。
1冊目の時とはまた全く違ったテイストで描かせて頂き、とても楽しみながら描くことが出来ました♪

今後もいろいろ考えていることがあるので、さらに活動を広げていきたいと思います。
今年も残す所あと2ヶ月、来年に繋げるためにも全力で駆け抜けます!
スポンサーサイト







みなさん、Evernote使ってますか?
私は未だに試行錯誤しつつ、あまりがっちりせずゆるい感じで使っています。

私は基本的に面倒くさがりなので、Evernoteでの情報集約も手を抜きたい。
それも出来るだけ楽に実現したい。面倒くさいから。

という私が使っているのが「blogtrottr」というサービス。
簡単に言うと、RSSで取得した情報を、指定のメールアドレスに飛ばすサービスです。
以前は結構投げやりな作りをしていたサービスなのですが、
ログインで自分の登録情報を一括管理できるようになって、劇的に使いやすくなりました。
詳しい使い方などは、他の方のエントリをご参考にしていただいてと。

Blogtrottrの仕様がちょっと変わってEvernoteへの保存が便利になった | goryugo

「Evernoteに集めたい情報を、RSSでEvernoteのメール先に送る」というのが、
基本的な使い方になりますが、
参考までに、私がどういった情報をblogtrottrでEvernoteに送っているかを列挙してみたいと思います。

【1】ブログのエントリ(記事)


私の場合、自分のこのブログと、日刊ブログ(日刊さをんの絵描き部屋 )の2つを、
更新されたら自動的にEvernoteに入るように登録しています。
大体どこのブログもRSS配信されているものなので、
「ここのブログのエントリは全部Evernoteに保存したい!」というブログがあれば
個別に登録しておいてもいいかもしれませんね。

なお、ブログによってはRSSで全文配信されていない場合があります。
そういった場合、「RSSフィードを全文配信で読む まるごとRSS」などのサービスでURLを変換してblogtrottrに登録するとよいです。
きちんと全文blogtrottr経由でEvernoteに入ってくれます。

【2】Googleリーダーでスター登録したエントリ


【1】では、指定ブログのすべてのエントリをEvernoteに入れていましたが、こちらはひとつひとつのエントリを個別に指定して送る方法です。
いわゆる「あとで読む」サービスを経由してEvernoteに集約する方法も色々あるようですが、
私はそういう「あとで読む」サービスを使わない人なので、Googleリーダーで全部終わらせてしまいます。

(1)Googleリーダーで記事を読む(PCでもiPhoneでも)
(2)Evernoteに送りたいな、という記事にスターをぽちっとつける
(3)blogtrottr経由でスターをつけた記事がEvernoteに送られる

というシンプルな構造です。
Googleリーダーは「共有公開の設定をしたアイテムは、RSSが取得できる」という機能がひっそり存在するので、
そのRSSのURLをblogtrottrに登録してあげると、上記が実現できます。

(1)ここで設定を「公開」にして、「公開ページを見る」をクリック。


(2)「Atomフィード」という部分から、RSSを取得する。



【3】twitterを1ツイート1ノートにして送る


これ、単純にEvernoteに送るだけなら「twieve(ツイエバ)」使えばいい話で、
そして私もそれはそれで使っているのですが、blogtrottrを使ってtwitterを「1ツイート1ノート」にした形でも送っています。

理由としてはこれ。

1ツイート1ノートでEvernoteに入れて、タイトルにツイートが表示されているとどうなるかっていうと、検索対象が「1ツイート単位」でかつ「検索結果で内容がすべて把握できる」という状況を作れるので、ツイートを情報として扱うのにすごく利便性が上がるのです。欲しいよ~。Sat Sep 17 11:58:51 via Tween


で、これを実現できないものかとtwitterでぼやいていた所、
@atqさんが大変ご親切にも試してくれまして。
この方法を使って、「1ツイート1ノート」を1日まとめとは別に送っています。

twitterタイムラインを1ツイートずつEvernoteに入れる(試行中) - atq's posterous

しかし、twitterってRSS取得のリンクが以前はデフォルトであったのですが、いつのまにかなくなってますね…。
さらっと探した所、twitterのRSS取得に特化したサービスもあるようなので、
こういったものを使ってみるのもいいかもしれませんね。

TwitterのツイートをRSSに変換して購読できるサービス「Twitter to RSS」 : ライフハッカー[日本版]
Twitterの(公式よりまともな)RSSを生成するサービス TwitterGoodRSS をつくったよ! - yayuguのにっき

編集メモ


すごいなげやりな感じのまとめで何ですが…。Webサービス活用のまとめって苦手なんですよねえ。
しかしまあ、こういった他人の活用法を参考にしつつ
Evernoteを自分色に染めていくのもEvernoteの楽しみのひとつだと思いますので
ぜひblogtrottrも活用してみてはどうでしょうか。
私もまだまだEvernoteの活用法は試行錯誤中ですが
そういうあれこれ試行錯誤もまた楽し、なのかもしれませんね~。

こういった本も出版されますし、iCloudの出現などもありましたし、
Evernoteその他クラウドサービスの活用についてはまだまだ可能性が広がりそうですね!


ちなみに、Evernote社は早くゾウさんのぬいぐるみを出せばいいと思うんだよ!
という思いが冒頭のイラストに詰まっています(笑)





Python Developers Festa 2011.10にて、
「女性にモテるためのIT系男子的部屋の片付け術」という
全力で釣りなタイトルのプレゼンをしてきました。

まあ改めてここで特に言うこともなく…(笑)
資料を下の方で公開しておきますので、興味のある方はご覧ください~。

ちなみに、私がこのプレゼンをするきっかけになったのは、
下記の本を読んでぐわーっと部屋を片付けたことです。
そのあたりのことは、ちょろっと前にもブログで書きました。
「家計簿をつける習慣」を身につけるために実行したひとつのこと

スライドを見て片付け欲が高まった人は、こういった「お片づけ本」を読んでみるのもオススメです。
モチベーションを上げるには、こういう本がもってこい!



こっちはFlash使ってない版(内容は同じです)。







方法と言うか、普通に公式ホームページにも情報が記載されていることなのですが、
Twitterで発言したところ、意外と知らない人が多かったようなので
ブログに改めて書いてシェアしてみたいと思います。

ちなみにルノアールの話は、以前にも一度ブログに書いていますのでこちらも合わせてどうぞ。
喫茶店(ルノアール)でマインドマップを描く 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】

おっさんの喫茶店という印象の強いルノアール
東京近郊にしかないようなのですが、
・昭和っぽい
・値段が高そう
という理由で、敬遠している方も多いのではないでしょうか。

実はこのルノアール、最近はやりの(?)ノマドにとても適している喫茶店です。
詳しくは先にも挙げた■過去のエントリを見ていただければと思います。
今回はそれに加えて「実はルノアールは飲食料金を10%引きにする方法がある」という話。

ルノアールEdyカードで、飲食料が10%引きになる




これ、ホームページに記載がきちんとあるのですが、そもそもルノアールのホームページってやたらと簡素なので、これもひっそりと掲載されていて気が付きにくい…。
ルノアールEdyカードに関するご案内--銀座ルノアール
ルノアールの店舗で作れるEdyカードを使うと、
・喫茶室ルノアール、Cafeルノアールで飲食料10%引き(会議室や物販は対象外)
・カフェ・ミヤマで飲食料5%引き(会議室や物販は対象外)
・カラオケ ビッグエコー(BIG ECHO)で室料10%引き
になるようです。
ビッグエコーは上記ページには記載が無いですが、カードの裏に小さく書いています。

これがカードの実物裏。クリックすると拡大します。



実際にEdyカードで10%引きの料金で清算したレシートがこちら。
580円のミルクティが、10%引きで58円引きになり、522円での精算になっています。



ルノアールでお得にノマドをするために


ルノアールはとてもノマドに適していると冒頭で書きましたが、当然デメリットもあるわけです。
そこで、実際に自分がルノアールを使っていて感じたことをまとめてみました。
ただし店舗にもよる部分もありますので、自分の使いそうな店舗を一度確認してみることをおすすめします。

○長居しても追い出されることがない
ファミレスなどでは、混む時間や、店舗の意向によって、店からの退出を促されることもあります。
が、ルノアールはそういったことがありません。その「追い出されるかも」という心理的負担がないことは、意外と大きな違いです。
また、お水とお茶はサービスで何度でもおかわりを持ってきてくれます。これも嬉しいですね。

ルノアールの戦略については、この記事がとても面白くまとめてありますのでお勧めです。
Business Media 誠:喫茶室ルノアールにあって、スターバックスにないもの (1/3)
以下、上記記事より引用した一文です。ノマドをしやすい環境であるのがよく分かるかと思います。
ルノアールは喫茶店ではなくあくまで喫茶室ですので、コーヒーを飲みに行くのではなく、あくまで何かを行う、それが営業中のお昼寝であったとしても、場所・スペースを求めるあらゆるビジネスマンの味方です。

○混んでいて席が埋まっていることが(あまり)なく、落ち着いている
人気のカフェは、席が埋まっていて座る場所の確保がまず大変なこともしばしば…。
「スターバックスではなく座れんバックスだ」とは私の弁ですが、そう言いたくもなるほど休日のカフェは席がない!
しかしルノアールは、前述のとおり「昭和っぽい、おっさんの喫茶店」というイメージがあるせいか、混み入っていることが比較的少ないです。
加えて料金が高め設定のため、客の年齢層が高いので、落ち着いた雰囲気の中作業ができます。

○電源を取ることが出来る
これは、パソコンないし携帯持ちの人にはかなり重要なポイントかと思います。
コンセントが結構な数用意されていて自由に使えるので、十分電源を取ることができます。
ちなみにちょっと裏技。
席によってはコンセントが遠い場合もありますが、お願いすると延長コードを貸し出してくれる可能性があります。
またこれはかなり店舗が限られているかもしれませんが、携帯の充電器を貸し出してくれる店舗もあったりします。
明確に張り紙で提示してある店舗もありますが、そうでなくともダメ元で聞いてみるのもいいかもしれません。

○モーニングが安い


オープンから12時まで、飲み物と同時注文でモーニングセットを頼むことができます。当然このモーニングも10%引きの対象です。
上記の写真は、ルノアール巣鴨店のモーニングメニュー、60円から170円までで4種類。
そうそう、ルノアールって店舗によってメニューの差異に加え、「金額の差異」があるそうです。
一番高いのは銀座にある店舗だと聞いたことがあるような…。
12時までと結構遅い時間までOKなので、ランチにモーニングを食べて、そのまま昼にルノアールでノマド作業するのもいいですね。

×分煙が適当
これが結構大きなデメリットなのですが…。
私がよく使う店舗は、禁煙喫煙席は分かれているとはいえ、パーティションで境目を作っているだけ。空間的には同じ空間になるので、禁煙席でも普通にたばこ臭いです。
店舗によってはきちんとしてあるところもあるのかもしれませんが、今までその手の店舗は見たことがないかも…。
逆に言えば、喫煙する人には肩身が狭くないというメリットになるのかもしれませんね。

△価格設定が高め
まあ10%引きにしたところで、元が高いものは高いままだという…。
ですが、「場所代・電源代込み」だと思えばありな金額設定だと思いますね。コストパフォーマンスがいいというか。
ちなみに軽食は、サンドイッチやケーキが用意されています。お腹が空いたらそれを軽くつまむのもいいかも。



とまあ、せっかくなのでいろいろ書いてみました。
本当は家で作業が進むのが一番いいんですが、まあ外で作業したくなることもあるよね、という。
そういうときに、「自分の使いやすい場所」を把握しておくのは、場所に悩むことがなくて楽だと思います。
この記事を読んで、ルノアールがその選択肢のひとつにするのもいいんじゃないでしょうか。

編集メモ


昨日もルノアールに行っており、その時はこの本をちょこちょこと再読していました。
ライフログの話もブログに書きたいなーと思ってますが、この本は実用的で良かったです!
ああ、そういえばこの本を先に読んだのは、東京ドームのラクーアショップ内2階にあるスターバックスでした。
スターバックスのくせに、しかも休日の正午なのに、妙に空いているという穴場だったので、近郊の人はこれも覚えておくとお得情報かもしれません。






PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。